日本と韓国のドラマ話数表記の違いについて

2017/08/21

韓国の地上波では番組途中のCM放送が法的に禁止されています。
そこで、最近のドラマでは1話を半分にし、その間にプレミアムCMを挟むケースが増えています。
この場合、1話あたり約30分、全話数が2倍にカウントされることになりますが、
DATVではこれまでどおり約1時間の放送時間枠で1話とするため、韓国での話数表記と異なる場合がございます。

<お知らせ一覧へ

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

DATVカスタマー 03-6809-6282

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ