純愛中毒

イ・ビョンホン主演、韓国で100万人の観客の涙を誘った激情純愛ドラマの傑作!

イ・ビョンホン主演、韓国で100万人の観客の涙を誘った激情純愛ドラマの傑作!

放送日
放送は終了しました

視聴方法

イ・ビョンホン主演、韓国で100万人の観客の涙を誘った激情純愛ドラマの傑作! 
2002年製作
 監督:パク・ヨンフン
脚本:ピョン・ウォンミ/ソン・ミノ

出演 : イ・ビョンホン、イ・ミヨン、イ・オルほか
提供元 : ©KMカルチャー
DATV初放送 : 2009年10月19日

あらすじ

"ホジン(イ・オル)と弟テジン(イ・ビョンホン)は、仲の良い兄弟で、家具アーティストである兄ホジンがコンサート・プランナーとして活躍するハン・ウンス(イ・ミヨン)と結婚して以来、3人は、庭の一角にホジンのアトリエもある田園地帯の一軒家で平穏な日々を送っていた。
ある日カーレーサーのテジンが他のレースカーに激突した同時刻、ホジンを乗せてレース会場に急ぐタクシーがトラックと衝突。ホジンとテジンは、共に昏睡状態に陥ってしまう。
 一年後、奇跡的に眠りから目覚めた弟テジンを、ウンスは家に連れて帰るが、テジンは「自分はホジンだ」と主張し始める。義弟に意識不明の夫の魂が宿っているなど、とても信じられないウンスだったが、ホジンしか知らない夫婦の秘密を話始めるかれにウンスの心も揺れ動いていく・・・。

キャスト

イ・ビョンホン(テジン役)
大韓民国、最高の男優。映画『JSA』『バンジージャンプをする(原題)』で爆発的な人気と観客動員力を同時に示した。男優としては珍しく、愛の痛みに涙する繊細な男性のイメージをもつイ・ビョンホン。この魅力は皮肉にも危うい状況において最も力を発揮する。映画『JSA』では地雷を踏んだまま北朝鮮の兵士に切ない叫びをあげる韓国軍の兵士イ・スヒョク、『バンジージャンプをする』では中学教師インウ役で、初恋の女性が年月を経て教え子の男子学生に生まれ変わり、再会するという難役に挑戦し、観客に深い感動を残した。そんな彼が06年間の演技人生のなかでもっとも激しい愛、兄の妻(義姉)に熱い愛を伝える「魂」を演じる。100日間の撮影期間中に6キロ体重を増加させ、徹底的にテジン役に没頭した。彼の憂いを含んだ眼差しが観客をディープな恋愛の熱病に中毒させるであろう。

イ・ミヨン(ウンス役)
1988年TVドラマ「花が恋咲く木」で女優としてデビューし、映画デビューは「幸せは成績順じゃないでしょう」(1989)。最近では映画『黒水仙』「インディアン・サマー」、TVドラマでは「明成皇后」(KBS)などスクリーンとブラウンを股にかけ、国民的女優としての地位をつかむ。ファンに対して、デビューから15年間作品ごとに成長した姿をみせると約束し、韓国映画界において最高の女優らしく責任感の強い仕事をすると評判。彼女がデビュー以来変わることのない美しさを保ち続けているのは、観客と共に呼吸し、成長し続けているからであろう。本作では、義弟の姿になって戻ってきた夫を宿命的な愛で受け入れるウンス。この役は彼女に、美しさととともに最高の演技を与え、韓国で最も権威ある映画賞、第40回大鐘賞女優主演賞受賞した。

イ・オル(ホジン役)
大学路(ソウルの小劇場街)の舞台において長い間、演技者としてのキャリアを重ねる。
映画『祝祭』「ワイキキ・ブラザース」でみせた自然ながらも繊細な感情の演技を通して注目される。温かく穏やかなルックスからかもしだす柔らかな雰囲気が映画『中毒』に輝きを与えている。

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

DATVカスタマー 03-6809-6282

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ