D-DAY日本初

キム・ヨングァン主演!韓国初となる災害メディカルドラマ日本初放送

キム・ヨングァン主演!韓国初となる災害メディカルドラマ日本初放送

放送日
放送は終了しました

各話あらすじ

視聴方法

韓国初となる災害メディカルドラマ
映画を沸騰させる圧倒的な災害シーンが話題に!

MBC 「ニューハート」でメディカルドラマブームを巻き起こした
作家ファン・ウンギョンによる災害メディカルドラマ

首都ソウルに直撃した史上初の大地震。
絶望的な状況の中で信念と命のために奮闘するDMATと救助隊。
そして、その中で育まれていく人々の愛と命の尊さを描く。

主演は「僕らのイケメン青果店」、「グッド・ドクター」、
「ピノキオ」などに出演する大人気俳優キム・ヨングァン。

INFINITEのイ・ソンヨルも出演!!
--------------------------------------------------------------------------
このドラマは事故や災害の救急救命を描いたフィクションの医療ドラマです。
作品の都合上 地震の描写が含まれています。
予めご了承のうえ ご視聴くださいますようお願い申しあげます。
--------------------------------------------------------------------------

出演 : キム・ヨングァン、チョン・ソミン、ハ・ソクジン、イ・ギョンヨンほか
提供元 : ©JTBC, JTBC Content Hub. All Rights Reserved.
話数 : 全20話
DATV初放送 : 2016年10月25日

あらすじ

癌の専門病院である未来病院の厄介者で、一般外科専門医のイ・ヘソン(キム・ヨングァン)。

ある日、彼の前??に運ばれてきた交通事故患者。しかし、生存確率が低いとし病院側から患者の受け入れを反対される。ヘソンは病院長であるパク・ゴン(イ・ギョンヨン)の反対を押し切って患者を生かすことになるが、へソンを目の敵のように思っていたパク・ゴンは、その事件を口実にへソンに漢江未来病院への転勤命令を下す。

7年間を植物人間として過ごす彼の母親と共に。



その日の夜、同僚で看護師のパク・ジナ(ユン・ジュヒ)と酒を交わすヘソン。

その時、轟音と共に向かいの工事現場のタワークレーンが二人のいる商店街を襲う。一瞬にして修羅場と化した現場で、ヘソンは釜山に帰る途中のトルミ(チョン・ソミン)と出会う。事故現場で救出した患者を連れて二人は未来病院に向かうのだが、またしても生存確率が低いことを理由にハン・ウジン(ハ・ソクジン)に受け入れを拒否される。結局、漢江未来病院に運び込み患者の命を救ったへソンはニュースに出ることになり、患者を拒否した事実が知られた未来病院のホームページには、抗議文が殺到する。



そんな中、ソウルではシンクホールが相次いで発見され、先のクレーン事故もこのシンクホールの発生によるものであると知らされる。しかし、これが後にマグニチュード6.5、未曾有の大地震を生むことになろうとは知る由もなかった。

詳細を見る

キャスト

キム・ヨングァン(イ・ヘソン役)
一般外科医
“どうする事もできない?それでも医者か!何としてでもやり遂げようとするのが医者だ。例え可能性が1%だったとしても。”



韓国で今最も注目を浴びる癌専門病院である未来病院の救急処置室・夜間当直。

常に予定された癌手術だけ行う未来病院では“救急処置室”とは名ばかりで、癌患者の入院待機室と化している。待機人数が多すぎるが故に、病棟の廊下にまでベッドが並べられている有様だ。

そんな飽和状態の救急処置室で何としてでも救急患者を受け入れようと奮闘するも、手術費用や億単位の訴訟費によって、未来病院の厄介者と呼ばれている。

チョン・ソミン(チョン・トルミ役)
整形外科レジデント3年目

“釜山は、私がいなくてもしっかりやっていけますから、ばあちゃんや、転んで怪我したおじさん達を診てくれる人は、沢山いますって。

だけど、ここは、違いますもんね。私が一番必要とされている場所は、ここですから”


釜山のパク病院・整形外科レジデントになって3年目…だったが、今は未来病院の居候である。釜山からソウルの未来病院に患者を移送しようとしていたところ、ソウルの大地震に遭う。崩壊した建物や道路に閉じ込められ、身動きがとれない状況の中でヘソンと出会い、未来病院との対立に巻き込まれていく。お金も、名誉も、安定感もある医師を夢見てきたが、ある時からヘソンのような真っ直ぐで、信念を持った医者になりたいと思うようになる。

ハ・ソクジン(ハン・ウジン役)
一般外科副教授

“検査もしないで、勘だけを頼りに手術をするなんてあり得ない。
患者が死ねば不運だったと言い、生かせばヒーロー気取りか?
患者で賭博でもしようっていうのか。”



未来病院・一般外科病棟の副教授であり、ヘソンの先輩。

最先端のロボット手術の名医として院長パク・ゴンからの全面的なサポートを受けており、未来病院の次期院長候補として評価を得ているが、

検査数値が絶対と考えており、手術の成功が確実でなければ手術もしない冷徹な人間。しかし、災害を目の前に自分の無力さを知り、ようやく患者と向き合うようになる。

イ・ギョンヨン(パク・ゴン役)
未来病院院長

"ハン・ウジン先生、あなたを見ていると、若い頃の私を思い出すんだ。危機をチャンスに変える事もできて、野望もある。

私達が乗っている船は、巡航するに違いない、そうだろう”



未来病院グループ・未来病院の院長であり、未来病院グループのパク・ユンスク会長の弟。神経外科医。

名医として知られ、メディア出演を通し知名度も高い。国民からの人気も高いが、血縁で院長という座に継いだが故に彼の野望は留まることを知らない。

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

DATVカスタマー 03-6809-6282

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ