「恋する泥棒~あなたのハート、盗みます~」のあらすじ

幼い頃、ホン会長の悪巧みで両親を失ったドルモク(チ・ヒョヌ)は父親の友人パンスに育てられる。養父パンスを喜ばせようと勉強し、会計士と弁護士の資格まで取得。しかし法の上に君臨する特権階級の悪事を目の当たりにし、法の網をくぐりぬけあらゆる問題を解決してくれる何でも屋「Justist」を設立。その傍ら義賊“J”として泥棒としても活動するように。全ては離れ離れになった兄に再び会うため、そして自分をどん底へ追いやった特権階級をこらしめるため。そんな彼の住処に幼馴染のソジュ(ソヒョン/少女時代)がやってくる。熱血警察官になった彼女もまた、ホン会長によって父を失い、事件の手がかりを探していた・・・。

番組紹介へ

各話あらすじ

第31話ドルモクと交際を開始したソジュ。しかし、どうしてもドルモクがJかもしれないという考えを拭いきれずに苦しむ。そんな中、実の兄弟ではないという事実について腹を割って話し合ったドルモクとジュニ。2人は協力してジュンテの弱点を探り出そうと決意する。
第32話ジュニはジュンテの信頼を得るため、シネがチョンムン・グループの新会長になれるよう役員たちを不正の証拠で脅す。一方、ドルモクはホン会長の病室を訪れ、ある取引を持ちかける。その結果、ホン会長一族を騒然とさせる新たな遺言書が誕生することとなるが…。
第33話ドルモクがホン会長の遺言執行者になったと知ったソジュは大きなショックを受け、ドルモクを激しく責め立てる。そんな中、ファヨンから贈られた腕時計に盗聴器が仕掛けてあることに気付いたドルモクとジュニは、それを逆手に取ってジュンテをだますため一芝居を打つ。
第34話ソジュとドルモクが交際していると知ったファヨンは、怒りから2人への復しゅうを誓う。一方、ドルモクとソジュはデートで2人だけの甘い時間を過ごし、ドルモクはソジュにプロポーズする。そんな中、2つの地図が隠された場所をついに突き止めたジュニは…。
第35話屋上に追い詰められたドルモクは追ってきたガンギュに銃で撃たれてしまうが、辛うじてその場を切り抜けることに成功する。ドルモクのあとを追ったソジュは、ドルモクがJだという事実に混乱しつつも、必死でドルモクを介抱する。一方、ジュンテはジュニに疑いを持ち始め…。
第36話ドルモクは自分の実の父を売った人間がパンスだと知り、ショックを受ける。一方、ジュニへの疑いを拭いきれないジュンテはジュニを試すため、ホン会長の隠し事務所のことを教え捜索に向かわせる。そんな中、ソンジンからホン会長の隠し事務所の話を聞いたドルモクは…。
第37話山で行方不明になったドルモク。必死の捜索にも関わらず一向に発見されず、一同は不安を募らせる。数日後、ドルモクと思われる遺体が発見され、ソジュやジュニ、サヌニュルの面々は悲しみに暮れる。そんな中、ソジュは最後の別れをするためにドルモクの元を訪れる。
第38話見覚えのない別荘で目を覚ましたドルモクは、ジュンテを捕まえるため自分を助けてくれた人物と取引をする。そんな中、指輪のサイズが一致しなかったことで、遺体はドルモクではないのではと疑い始めるソジュ。一方、ジュニもドルモクの遺品に不審な点を発見し…。
第39話悲しみの中、葬式を終えたサヌニュルの家族たち。しかし、ソジュとジュニは数々の状況からドルモクが生きていると確信し、密かにドルモクの計画を手助けすることにする。一方、ジュニがパンスの息子のミンジェではと疑うジュンテ。ファヨンはジュンテの信頼を得ようと…。
第40話ドルモクを死んだことにしたいチャンヨン。その一方で、ジュンテはドルモクが死んでいないことを証明しようとする。その結果、ドルモクはチャンヨンによって別荘の地下室に監禁されてしまう。ジュンテは別荘の家宅捜索を指示するが、別荘にはすでにドルモクの姿はなく…。

« 1 2 3 4 5 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

DATVカスタマー 03-6809-6282

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ