「匂いを見る少女」のあらすじ

高校生のウンソル(シン・セギョン)は、自宅で両親が襲われている現場を目撃。追いかけてきた犯人から逃げる際、事故に遭い意識不明になってしまう。病院では、ウンソルと同姓同名の女の子が何者かに殺害される・・・。目を覚ましたウンソルは、過去の記憶をすべて失い、匂いが粒子のように見える特殊な能力が備わっていた。 3年後、養父を実の父親と思い、オ・チョリムという名で元気いっぱいに生きる彼女の夢は、お笑い芸人になること。
ある日、チョリムの車に強盗犯を追跡中の警察官ムガク(パク・ユチョン)がぶつかってくる。ケガをしたまま車に乗り込んできたムガクにチョリムはびっくり。ムガクは無感覚症で痛みを感じないのだ。一方、チョリムの手助けによって犯人を逮捕できたムガクは、チョリムの能力を不思議がる。そんな時、芸人劇団をクビになりかけたチョリムは、ムガクの事件捜査に協力する代わりに、漫才の相方になってほしいと頼み込むのだが・・・。

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話 超感覚と無感覚高校生のチェ・ウンソルは、謎の男に両親を殺され、逃げる途中で交通事故に遭う。昏睡状態から目覚めたウンソルの左目は青色に変わり、匂いが見えるという不思議な能力が備わっていた。3年後、記憶を失った彼女はオ・チョリムという名で元刑事のジェピョに育てられ、芸人を志す明るい女性に成長していた。一方、妹を殺した犯人を追うため警察官になったムガクは、捜査中にチョリムが運転する車とぶつかり…。
第2話 お笑いコンビ結成!強盗犯を逮捕したムガクはカン係長の元を訪ね、強力係の刑事になりたいと頼み込む。あきれたカン係長は、ある条件を言い渡す。一方、団長の前で漫才を披露するチャンスを得たチョリムは、パートナーとしてムガクをスカウト。まるで取り合おうとしないムガクに自分の特殊能力を明かし、捜査に協力すると交換条件を提示する。そんな中、ヨム・ミ警部補がバーコード連続殺人事件の公開捜査に踏み切り…。
第3話 怪物と宇宙人失踪したマリの行方を捜していたムガクは、チョリムの協力で、川の中からマリの車と遺体を見つける。マリがバーコード連続殺人事件の新たな被害者だと確信したヨム・ミは、ムガクに特別捜査班に加わるよう命じる。さらにジェピョの職場を訪ね、3年前に殺された海女夫婦の娘の居場所を聞き出そうとするが…。一方、ムガクはマリの恋人だったクォン・ジェヒのレストランで、容疑者のベッキョンと出くわす。
第4話 大切なパートナームガクは自分のせいでチョリムが劇団から追い出されたことを知り、団長に会いに行き、もう一度チャンスがほしいと訴える。そんな中、公園で腕にバーコード状の傷が刻まれた変死体が発見される。12カ月に一度というバーコード連続殺人事件の犯行パターンが崩れ、捜査は混乱状態に陥る。一方、チョリムは愛犬を追いかけていたジェヒと出会い頭にぶつかり、ベッキョンの病院で治療を受けるが…。
第5話 思い出の済州島ジェヒのレストランに到着したムガクたちの目の前で、ビルの屋上からシェフが転落。一人で屋上にいたジェヒは、弁解する間もなく現行犯逮捕される。自宅で家宅捜索が行われることを知ったジェヒは、ベッキョンにあるものを持ち出してほしいと頼む。チョリムはジェヒの潔白を証明するため、真犯人を見つけようと奔走するが…。一方、ムガクはベッキョンの足取りを追って済州島に向かい、意外な事実に驚く。
第6話 出せない手紙海女夫婦の娘ウンソルがチョリムとして生きていることに気づいたベッキョン。彼はチョリム宛てに渡すつもりのない手紙を書き、ボランティア医師としてセネガルへ発つ準備を進める。ところが、ジェヒから預かったワインボックスが引越センターに誤送され…。一方、ムガクはジェヒのレストランを訪れ、誤って逮捕したことを謝罪する。そこへ、ムガクの携帯電話にベッキョンから連絡が入り…。
第7話 バーコードが示すものバーコード連続殺人事件の“バーコード”が出版物に使われるISBNコードだと気付いたムガクは、コードを分析し、まだ発見されていない被害者がいる可能性を指摘する。そんな中、ムガクは劇団で裏方の仕事ばかりしているチョリムを食事に誘い、漫才も捜査も一緒にやっていこうと話す。一方、ジェヒは人の顔を認識できない失顔症であることをチョリムに明かし、自分をサポートしてほしいと頼む。
第8話 突然のキスムガクはベッキョンの倉庫で黒づくめの男に刺され入院する。一方、倉庫から2冊の本を回収したジェヒは、ベッキョンが残した言葉の意味を探ろうとしていた。翌日、ジェヒはムガクが犯人の顔を見たことを知り、差し入れを持って病院を訪れるが…。その後、無事退院したムガクのために、チョリムはトッポッキ作りに挑戦。交通事故で記憶を失ったことを話していた最中、ムガクに突然キスをされ…。
第9話 彼女の呼び方ジェヒが作ったスープを食べたチョリムは、ムガクの前で突然涙を流す。40代女性の顔が思い浮かんだという話を聞き、ムガクはモンタージュ写真を作ってチョリムの記憶を取り戻そうとするが…。一方、特別捜査班の刑事たちは殺人犯の手がかりをつかめず、焦りを募らせていた。ムガクは、犯人の行動を予想し、ある罠を仕掛ける。そんな中、チョリムはジェヒの料理番組のカメラテストに合格し…。
第10話 記憶の中の笑顔チョリムが思い出した女性の顔は、海女夫婦殺人事件の被害者と瓜二つだった。密かにチョリムの身元を調査したヨム・ミは、ジェピョが隠していた目撃者がチョリムだったと知る。一方、チョリムはひょんなことから交通事故の瞬間を思い出し…。そんな中、ムガクはジェピョが警察署長と会う姿を目撃。ジェピョの住所を入手してヨム・ミに電話で知らせるが、通話を盗聴していたジェヒにも知られてしまう。

1 2 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

DATVカスタマー 03-6809-6282

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ