「笛を吹く男」のあらすじ

かつて大手企業で対外交渉担当として成果をあげたチュ・ソンチャン(シン・ハギュン)は、その手腕を生かしてテロや犯罪現場での「交渉役」として警察からも頼りにされる存在に転身。ある日フィリピンに拉致された人質を救いに行ったソンチャンは5人のうち4人の解放を成し遂げて帰国する。しかし、事件の記者会見では有名キャスターのユン・ヒソン(ユ・ジュンサン)に救えなかった1名の死の原因について執拗に問い詰められてしまう。そんな中、ソウル市内で人質事件が発生。犯人はソンチャンがフィリピンで救った4人のうちの1人だと判明し・・・。正体不明の黒幕と度重なる事件、交渉の天才ソンチャンの運命は?!

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話Kグループの社員5名が、フィリピンでテロ組織に拉致された。買収交渉の経験もある敏腕交渉人のソンチャンは、会長に頼まれて現地へ旅立つ。しかし身代金は要求額の1人分だけであり、そこで彼が練った策は“人質を1人、犯人に殺させること”だった。おかげで4人は無事に救出できたものの、殺された人質の弟ヒョヌは、ソンチャンに復しゅうするために人質を取ってレストランに立てこもる。人質は当時と同じく5人であり、その中にはソンチャンの恋人ジュウンもいた。協商チームに派遣されたミョンハは、養父でありチーム長のジョンハクと共に現場へ駆けつける。そしてジョンハクがソンチャンに変わり交渉役を務めるが…
第2話忌まわしい爆発事件から1年。忽然と姿を消したソンチャンは、危機協商チームの人間に成り済まし、様々な事件を追っていた。そんなソンチャンに気付いた協商チームは尻尾をつかみ、なぜこんなまねをしているのかと問いただす。“オチーム長の交渉は失敗ではなかった”と言うソンチャンを、ミョンハは放っておけなかった。そんなある日、セギ銀行の強盗事件が発生。偶然居合わせたTNNの記者により、犯行現場の状況がリアルタイムでニュースに流れた。交渉を試みるミョンハに犯人は銀行を襲った理由を述べようとするが、特攻隊に遮られる。“笛を吹く男”とぽつりとつぶやく犯人。黒幕はまたしてもこの男なのか…
第3話ソ会長が所有するゴールデンヒルホテルのロビーに、1台の車が突っ込んだ。事故を起こした男はホテルを爆破すると脅迫するが、それは社員だった母親を連れ去られたことが原因だった。危機協商チームと共に、ソンチャンも現場へ動員される。必死に交渉するミョンハをサポートするソンチャン。そこへヒソンも取材に加わり真相を暴いていく。一方、ソ会長は今回の事件をカジノ反対派のデモ隊のせいにするようソンチャンに指示するのだが…
第4話危機協商チームのコンチーム長の息子ジョンインが拉致される。コンチーム長らは掲示板‘アンダーグラウンド’で‘笛を吹く男’と接触してジョンインを救いに行くが、実は父親を困らせるための自作自演だったことが判明する。ジョンインの友人チャンギュは金持ちの家の息子から暴行を受けて入院しており、その現場に居合わせながら何もできなかったジョンインは、復しゅうを試みていたのだった。一方、銀行強盗犯が盗んだ物はオチーム長レコーダーであることが分かり、皆は懲戒委員会で真相を明らかにしようとするが…
第5話オチーム長が残したレコーダーの内容は削除されていた。警察内部の犯行だと確信するソンチャンの前に、テロを予告する映像が流れる。火炎瓶を持った元記者ノは、会社に復讐するために局長を人質に取って立てこもる。彼の要求は闇に葬った記事を世に出すことであり、その機密資料を探していた。事件に関連のあるソ会長、庁長、イ局長、カン専務は、何としてでもその資料を始末しようと画策し、結局資料は燃えてしまう。しかしヒソンはそのコピーを持っているとソンチャンに告げるのだが…
第6話デートDVの被害者ジュニは、加害者の男に再び暴行されていた。耐えかねた彼女は、飲み物に薬物を混ぜて男の殺害を試みる。ちょうどその時協商チームのミョンハが到着し、説得の末に2人を救い出すことに成功する。しかし今度は加害者となってしまったジュニ。証人として出廷したミョンハはうまく反論できず、見かねたソンチャンの助けによりチュニは実刑を免れる。一方、ソ・ジュンは“笛を吹く男”に会おうとするが、その前に現れたのは…
第7話13年前の事件の犠牲者を追うソンチャンとミョンハ。そこでシンの名が浮上する。彼の入院費を払っているのは、なんとTNNのヒソンだった。2人はヒソンが“笛を吹く男”であると確信するが、そんな時にチョン議員の出版記念会で事件が発生する。ユン記者が銃で狙われる最中、例の男が現れてヒソンに様々な指示を与える。そしてヒソンはこれまで闇に葬られてきた情報を、全国民の前で暴露するのだが…
第8話TNN局内で狙撃事件が発生する。しかしそれはカモフラージュであり、犯人の本当の狙いはテレビ局を爆破することだった。犯人を追い詰めるソンチャンだが、殴られて倒れ込んでしまう。特攻隊長が爆発物を処理したおかげで爆破の危機は免れるものの、機密資料である録音物はバラまかれてしまう。そこにはオチーム長と庁長の肉声が収められていた。話の内容にショックを受けたミョンハを慰めるソンチャン。そして後日、ミョンハの部屋に隠れていた犯人が彼女を襲うのだが…
第9話犯人は自宅に上がり込んでミョンハを襲うと、気を失ったミョンハを残してガソリンをまき、火を付ける。ソンチャンはミョンハと別れたあとで嫌な予感に駆られて引き返すが、彼女の家は既に炎に包まれていた。ソンチャンはヒソンの力を借り、やっとの思いでミョンハを救出する。一方、賃金未払いに不満を持った外国人労働者たちが、人質を取って立て籠もる。チャ刑事の知人シャンシャンの協力を得て、ソンチャンは犯人たちと交渉することになる。しかし取材に現れたヒソンを人質に取られてしまい…
第10話鉄工所事件で人質になってしまったヒソン。何も切り札がないままソンチャンは現場に飛び込むが、そこへシャンシャンが無事出産したとのうれしい知らせが舞い込む。それを聞いたチョンジは自首することにした。一件落着と思いきや、“笛を吹く男”は鉄工所の社長を自殺に見せかけて殺害する。彼とチョン・スギョンとの過去が明らかになり、“笛を吹く男”の正体も明らかになっていくのだが…

1 2 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

DATVカスタマー 03-6809-6282

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ