「花郎(ファラン)」のあらすじ

舞台は新羅時代。貧しい村で孤児として育てられたムミョン(パク・ソジュン)はある日トラブルに巻き込まれ親友マクムンを失ってしまう。マクムンの父に「息子を殺した者の正体を突き止めて欲しい」と懇願され、マクムンの本名「ソヌ」として生きることを決意。新羅の王権を握っているチソは権力をさらに握るため「花郎」という青年組織を作り、ソヌをその一員として入れるのだった。ソヌは親友を殺した正体を探りながら、花郎として成長していくが・・・。

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話 王都での出会い新羅第24代王の真興王 彡麦宗は、摂政の母・只召太后の命令で幼い頃に王宮を離れ、世間に顔を明かすことなく生きてきた。不眠に苦しむ彡麦宗は、街頭で聴衆を集めていたアロの話を聞いているうちに眠りに誘われ、彼女に興味を抱く。そんな中、只召太后は新羅の未来のために王の親衛隊を作ろうと考え、獄中のウィファに取引を持ちかける。一方、賎民のムミョンは、家族を捜したいという親友のマンムンと共に城壁を超えて都に潜入するが…。
第2話 親友の死玉打閣に現れたムミョンは貴族を叩きのめし、マンムンを救い出す。だが、彡麦宗の顔を見た者を殺せという只召太后の命令によって2人は禁軍に追われ、深手を負う。アロの父・アンジは山中で2人を発見。マンムンの首飾りを見て生き別れた息子のソヌだと気づくが、マンムンはまもなく息絶える。アンジの介抱で一命をとりとめたムミョンは、親友を殺した者への復讐を誓うのだった。一方、只召太后はウィファと手を組み、花郎の志願者を募るが…。
第3話 帰ってきた兄アロは美形の貴族子弟に関する情報を集め、ウィファに報告する。貴族たちは和白会議で「息子は渡せない」と花郎の創成に猛反対するが、ウィファは解決の手立てがあると只召太后に告げて…。一方、アンジはムミョンを追っ手から守るべく、死んだソヌの名を名乗ってアロの兄として生きるように告げる。妹思いだった親友のため、アロの前でソヌになりすましたムミョン。アロは街でムミョンに一目惚れしたことを思い出して大混乱に陥るが…!?
第4話 蹴鞠大会ウィファの罠に嵌ったスホとパンリュの一派は、花郎になるという誓約書に署名をする。ムミョンことソヌも只召太后の命令書を受け取り、アンジの反対を押し切って花郎になることを決意。アロから文字の読み書きや乗馬を教わりながら、ソヌは奇妙なときめきを覚える。一方、彡麦宗(真興王)は身分を隠してウィファに会い、新羅を変えるために花郎になりたいと名乗りを上げる。そんな中、ソヌと彡麦宗(真興王)はスホに誘われ、花郎たちの蹴鞠大会に参加するが…。
第5話 花郎の任命式花郎の任命式当日。只召太后は花郎たちを誇らしげに眺めるが、アンジの息子ソヌがいないことに気づき、やきもきしながら彼を待ち続ける。その頃、ドゴの一味に監禁されたソヌと彡麦宗(真興王)は、アロを救い出そうと奮闘していた。やがて彡麦宗はジディという名でソヌと共に任命式の場に現れ、只召太后を驚愕させる。その後、花郎たちは居住空間である仙門に入所。風月主となったウィファは花郎たちに酒を飲ませ、部屋割りを決めるくじを引かせるが…。
第6話 深まる想い同室で生活することになったソヌ、ジディ、スホとパンリュ、そしてヨウル。別室の花郎たちは、初日の朝からケンカを始めた5人を覗き見しながら、地獄の門が開いたと噂する。ウィファは「三度“不可”を言い渡された者は追放」という規則を掲げ、花郎の訓練を開始。パンリュはソヌを追放するために挑発を繰り返し、これが原因で他の花郎を巻き込む大乱闘が起こってしまう。アロは花郎のケガの治療を依頼され、医者として仙門に向かうが…。
第7話 妹への接し方ジディに口づけをされたアロはソヌがやってきたことに気づき、あわてて医員室に戻る。ソヌは2人の間に流れる妙な雰囲気を感じ取り、ジディを殴って妹に近づくなと警告。だが、ジディは少しもひるまず、アロを好きになったとソヌに宣言する。ソヌはアロの前で兄らしく振る舞うべく、妹への接し方をスホに尋ねて…。そんな中、花郎たちは「道徳経」を課題とした初の筆記試験に臨む。仙門に残るため、ソヌは最善を尽くして合格を目指すが…。
第8話 群舞と楽アロから今日が母の命日だと聞いたソヌは、仙門を抜け出して家に戻る。アロは母について覚えていないソヌを訝しく思いつつも、彼が本当の兄でなければいいと密かに期待するのだった。そんな中、ソヌはヨンシルからマンムンが殺された理由を聞かされ、王に借りを返すと心に誓う。一方、ウィファは只召太后と族長たちに中秋の祝宴で花郎の公演を見せると宣言。群舞と楽の師匠として、ソヌとマンムンの養父ウルクが仙門にやってくる。
第9話 あなたは誰?自分が本当の兄ではないことをアロに告白したソヌ。マンムンの死を知ったアロはソヌを恨むが、一方でほっとしている自分に気づいて自己嫌悪に陥る。涙を流すアロを見かけたジディは彼女を励まし、積極的に好意を伝える。そんな中、只召太后は療養中だった叔明公主を王都に呼び戻し、花郎の指導に当たらせる。花郎たちは群舞と楽の稽古に励むが、パンリュは養父ヨンシルと実父のホから祝宴を成功させてはならないと命じられて葛藤していた。
第10話 中秋の祝宴ヨンシルの計略によって花郎の公演は危機を迎える。花郎たちはパンリュが祝宴を台無しにしようとしていると疑うが…。ジディが真興王であることを偶然耳にしたアロは、禁衛将に捕らえられる。只召太后はアロを殺そうとするが、ジディは堂々と母に立ち向かい、アロを救い出す。一方、ソヌは自分を避けるアロをマンムンの墓に連れて行き、今後も兄として生きると宣言する。そんな中、花郎たちはそれぞれ直属の部下となる郎徒を迎えるが…。

 

1 2 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

DATVカスタマー 03-6809-6282

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ