「夜警日誌」のあらすじ

時は朝鮮時代。人間界の支配を目論む龍神族のサダム(キム・ソンオ)が、野望実現のために動き出す。平和だった漢陽は突如闇に包まれ、宮殿に隕石が落下。宮殿の結界が破れるやいなや、悪霊たちは恵宗王(チェ・ウォニョン)の息子イ・リン王子(チョン・イル/子役:キム・フィス)に襲いかかる。リンの命を救うため、薬草を求めて白頭山に向かった恵宗王は、サダムの邪術によって暴君に変貌。宮中では思わぬ悲劇が巻き起こる…。それから12 年後。宮殿の外で気ままな遊び人に成長したリンは、幽霊が見えるという能力に悩まされていた。リンに代わって王位に就いた異母兄キサン君(キム・フンス)はサダムに操られ、道教の儀式を司る<昭格署>を再建。リンは昭格署の責任者・提調に抜擢され、しぶしぶ宮殿に戻る。キサン君に仕えていた武官のムソク(ユンホ)は、王命により、リンの護衛と監視を担うことに。
一方、12 年前に消えた姉を探して漢陽にやってきたマゴ族のドハ(コ・ソンヒ)は、昭格署で巫女として働き始める。出会いは最悪だったリンとドハだが、数々の危機をともに乗り越えるうちに惹かれ合っていく。そんな2人を見守るムソクもまた、天真爛漫なドハに恋心を抱いていた。やがて3人は悪霊と戦う“夜警団”となり、朝鮮に平和を取り戻すため、力を合わせて悪に立ち向かっていく…。

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話時は朝鮮時代。人間界の支配を目論む龍神族のサダムが野望実現のために動き出した。平和な朝鮮の首都・漢陽は突然、闇に包まれ、おびただしい数の隕石が宮殿に落下。結界の破れた宮殿に悪霊たちが侵入し、恵宗王の息子イ・リン王子に襲いかかる。リンは夜警団のサンホンによって救出されるも、謎の病でみるみる衰弱していく。リンの命を救うため、恵宗王は、マゴ族だけが咲かせることができるという千年花を求めて白頭山に向かうが…。
第2話龍神族の生け贄となったマゴ族のヨナは、恵宗王に助け出された後、千年花を咲かせることに成功。だが、恵宗王はヨナから千年花を受け取った瞬間、サダムの邪術によって別人のような暴君へと変わっていく。一方、無事に病から回復したリンは、人間ではないものの気配を感じるようになっていた。鬼針盤を使ったサンホンは、恵宗王が悪霊に取り憑かれていることを確信し、夜警長に報告する。そんな中、リンの世子冊封式が行われるが…。
第3話狂気に囚われた恵宗王は宮中で刀を振り回し、リンと中殿の命までも狙おうとする。サンホンは恵宗王に憑いた悪霊を退治しようとするが…。12年後。宮殿の外で気ままな遊び人に成長したリンは、幽霊の姿が見えることに悩んでいた。一方、リンに代わって王位に就いた異母兄キサン君は、サダムの邪術で眠りを妨げられ、異様な行動を取るようになる。マゴ族のドハは12年前に消えた姉ヨナを探すため漢陽に向かい、山中でサンホンと出会う。
第4話幽霊3人衆は、自分たちの姿がリンに見えているのかどうかを確かめるため、あるイタズラを実行する。驚いてその場から逃げ出したリンは、街中でドハと正面衝突! ドハが落とした鈴の腕輪を持ったまま、走り去ってしまう。一方、サダムを自分のそばに置きたいキサン君は、臣下の反対にも耳を貸さず、道教の儀式を司る昭格署を再建しようとする。領議政のパク・スジョンは、リンを宮中に呼び戻すべきだとチョンス大妃に進言するが…。
第5話キサン君から昭格署の提調に任命され、思い悩むリン。キサン君は寵愛する武官ムソクに、リンの護衛と監視を命じる。その頃、パク・スジョンの娘スリョンは、片想い中のリンに会うため家を抜け出すが、父に見つかりたしなめられる。一方、昭格署の登用試験を受けに行ったドハは、リンが提調だと知って唖然とする。サダムは共に試験を受けたドハが龍神を蘇らせるために必要な“亥の月、亥の日、亥の時生まれ”のマゴ族の巫女だと気づき…。
第6話キサン君の逆鱗に触れ別宮に幽閉されたリンは、サダンのさらなる策略に陥り、キサン君を呪詛した疑いをかけられる。別宮の前でリンの身を案じていた幽霊3人衆は、自分たちと会話のできるドハに驚く。そんな中、呪詛の証拠が新たに発見され、リンの立場はますます危うくなっていく。すべては陰謀だと訴えるリンだが、ムソクは耳を貸そうとしない。ある夜、刺客に襲われたリンは別宮を抜け出し、傷ついた体で森の中をさまようが…。
第7話刺客に襲われたリンを助け出し、旅館にかくまったドハ。一方、キサン君は領議政のパク・スジョンが兵を動かしたことに憤り、必ずリンを捕らえて呪いの真相を明らかにすると言い放つ。その頃、市中でリンを探すための人相書を目にしたサンホンは昔の出来事を思い出していた。リンはスリョンのいる恵民署を訪れ、パク・スジョンに助けを求めようとするが…。そんな中、サダムはドハを魔術で操り、龍神のいる秘蔵庫の場所を突き止める。
第8話腕に傷を負ったムソクはドハに薬を塗ってもらい、どぎまぎする。そんな2人を見ながら嫉妬を感じるリン。女官を切りつけたキサン君は、チョンス大妃の部屋を訪れて失態を詫びる。あまりにも落ち着きのないキサン君の様子に、チョンス大妃は不安を抱くが…。キサン君に平手打ちされて憤慨したサダムは梅蘭房のヨンウォルに会いに行き、ある取り引きをする。一方、ドハは旅館を出ることを決め、サンホンに夜警屋について訊ねるが…。
第9話サンホンはリンの肩を思わずつかんで振り向かせ、その顔を見て驚きに目を丸くする。一方、リンは恵宗王が自分に刀を振り下ろそうとする悪夢で目を覚まし、机に伏せて眠るドハを発見。愛おしそうにドハを眺めるが、その様子をムソクに見られて慌てふためく。サンホンが鍛治屋だと知ったリンは、『夜警軍日誌』に記されていた四寅斬邪剣について訊ねるが…。そんな中、パク・スジョンはキサン君が大妃殿で女官を殺したことを知り…。
第10話12年前、幼い自分を父の恵宗王の刀から守ってくれたのは、サンホンだったことを思い出したリン。事件の日に何があったのかを訊ねるが、サンホンは自分には関係ないことだと冷たく背を向ける。一方、サダムはキサン君の命令で宮殿から追い出される。ホジョは龍神を復活させるために怨霊を集めたひょうたんを持ち出そうとするが…。生薬鋪の調査を命じられたリンは、スリョンの指示で恵民署が梅蘭房から薬を購入していることを知り…。

1 2 3 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

DATVカスタマー 03-6809-6282

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ