「じれったいロマンス」のあらすじ

大企業の跡継ぎで遊び人のチャ・ジヌク(ソンフン)は、ある日女優とのスキャンダルをすっぱ抜かれ、父親でもあるグループの会長に地方のリゾートでベルボーイをするように命令される。一方、彼氏もいなく、いい加減な性格のイ・ユミ(ジウン/Secret)は、母親の2回目の結婚式のためにリゾートに行くことに。リゾート内で、偶然に偶然が重なり、昼から一緒にお酒を飲むことになる2人。夜まで浜辺で飲み続け、ジヌクの車で一夜限りの関係に。翌朝、先に起きたユミは一枚のブラパッドを残して逃げてしまうのだった…。それから、3年後。 栄養士として、ある会社の社内食堂に入社したユミ。働きすぎで体調を崩してしまった本部長の3食の弁当作りを命じられることに。仕事に厳しい本部長のため、一生懸命お弁当を作るユミだったが、ある日、友人に送るメールを間違って上司に送るというミスをしてしまう。ミスのせいで、本部長室に呼ばれると、なんと、そこにいたのはあの3年前の男、ジヌクだった! しかし、知らないフリをするユミに、あの日のことを根に持っていたジヌクは、あの手この手を使いユミにカマを掛けて、認めさせようといじめるのだが…。

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話 ロマンスの幕開けテボクグループの後継者であるチャ・ジヌクは、恵まれた容姿を武器にまともに仕事もせず遊び歩いていた。そんな息子を見かねた父親のチャ・テボク会長は、ジヌクを地方リゾートのベルボーイとして修行に行かせてしまう。一方、栄養士を夢見るイ・ユミもまた、母親ミヒの二度目の結婚式に参加するためテボクリゾートを訪れていた。ひょんなことから出会う2人だったが、お互いの印象は最悪で…。
第2話 気づけば すぐ近くに一夜を共にしたジヌクとユミ。目が覚めたユミは、隣で寝ているジヌクを置き去りにしてその場から逃げ出してしまう。それから3年の月日が流れ…栄養士の夢をかなえたユミは、いよいよ初出勤の日を迎える。しかし、通常業務とは別に、本部長の3食の面倒を見るという特別任務を任されることになってしまう。食にうるさい本部長のために苦労をするユミだったが、その相手が3年前の“あの男”だとはまだ知る由もなかった。
第3話 お前は俺に恥をかかせた本部長の3食を作ることになったユミ。懸命に対応しようとするが、食事内容に納得しない本部長に振り回される日々が続いていた。ある日、ユミは本部長への悪口を間違って本人に送ってしまう。謝りに行くユミだったが、そこにいたのはなんと3年前のワンナイトの相手だった。覚えていないフリをするユミの態度が気に入らないジヌクは、あの手この手でちょっかいを出して思い出させようとするが…。
第4話 一晩限りだからある日、いつものようにジヌクの執務室へ昼食を届けたユミは、ジヌクと親しげに接するアナウンサーのヘリと出くわす。ユミがジヌクの食事を作っていることが気に入らないヘリは、自分に食事内容を毎回チェックさせるようユミに申し出るのだった。しかし、その場を目撃したジヌクは「彼女に指図するな」とユミを連れて出て行ってしまう。嫉妬に震えるヘリだったが・・・。
第5話 宝石箱の秘密休日にジヌクから連絡を受け、食事を作りに行くユミ。義弟のドングを連れてジヌクの家に向かうが、まだジヌクは帰宅していなかった。ユミが食事を準備していると、ドングがジヌクの書斎に入り、高価そうな宝石箱を落としてしまう。おそらく恋人へのプレゼントだろうと勘違いしたユミは、そのまま黙って帰ってしまう。しかしジヌクは、壊れた宝石箱を見て中身を見られたと思い・・・。
第6話 その気にさせないでユミとヒョンテの仲に嫉妬したジヌクは、テレビの撮影スタッフ10人分の食事を準備するようユミに命じる。しかし、その事をよく思わないヘリが高級弁当を用意したため、ユミは大勢の前で恥をかいてしまう。ヘリの存在感の大きさに落ち込むユミだったが、そこへジヌクが再び入院したという知らせが入る。病院へ駆けつけると、ユミの作った弁当を食べ過ぎたため入院したのだと聞かされ・・・。
第7話 仕事の一環?宝石箱を壊したこと、ジヌクを入院させたことの償いとして、一緒に10回だけ食事をしようとユミに提案するジヌク。2人は退勤後や休日に食事デートを重ねるようになる。楽しそうに出かけていくユミを、ヒョンテは複雑な思いで見つめることしかできなかった。そんな中、ヒョンテはヘリに自分の番組に出てほしいと頼まれるが、興味がないとそっけなく断ってしまう。
第8話 ビジネスの方法ジヌクの家で食事をすることになったユミ。しかし食事を始めようとしたところへ、ジヌクの父であるテボク会長が訪ねてくる。ユミは慌ててジヌクの部屋に隠れるが、そこであの宝石箱を見つけ、ついにその中身を見てしまうのだった。そんな中、ジヌクは海外進出のための重要な契約の場にユミを栄養士として連れて行く。その場所は、なんと初めて2人が出会ったテボクグループのリゾートホテルだった。
第9話 愛しの胸パット姫宝石箱の中身をすでに知られていたと知ったジヌクは、ユミに胸パットを返す。無事に出張を終えソウルに帰った2人だったが、ジヌクは犬の誕生日という理由でユミがデートを断ったのが気に入らない。プレゼントを持ってユミの家に向かうと、そこでは犬ではなくドングの誕生日会をしていた。ユミはドングが自分の弟であることを必死に隠そうとする。一方、ジヌクの父であるテボク会長は2人の仲を知って激怒するが・・・。
第10話 正直な気持ちテボク会長は、ドングがユミとジヌクの間にできた子だと勘違いをしてジヌクを責める。そして同じく勘違いをしたジヌクは、ユミに3年間の自分の思いを正直に打ち明けるのだった。その様子を偶然見てしまい、2人の間に乗り込もうとするヘリをヒョンテが止める。お互いの気持ちを確かめ合ったユミとジヌクはこれまでの時間を埋めるように幸せな時間を過ごすが・・・。

1 2 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

DATVカスタマー 03-6809-6282

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ