「三国志 ~趙雲伝~」のあらすじ

時は後漢(ごかん)末期、専横を極める董(とう)卓(たく)は、皇帝が密かに趙安(ちょうあん)と李(り)全(ぜん)に託した2本の宝剣、倚天(いてん)剣と青釭(せいこう)剣を手に入れんと常山(じょうざん)郡に兵を送り込み、青釭剣を守ろうとした趙安は命を落とす。趙安の息子、趙子(ちょうし)龍(りゅう)(趙(ちょう)雲(うん))は青釭剣を持ち、真(しん)定(てい)県にいる父の弟弟子、李全を頼ることに。そこで、趙子龍は運命の女、夏侯軽衣(かこうけいい)と恋に落ち、軽衣の許婚であり、宿命のライバルとなる高則(こうそく)と出会う。李全のもとで武芸の腕を磨き、山賊の手から真定県を守り抜いて英雄と称えられた趙雲は、国を立て直すために仕えるべき明君を求めて世に旅立つ。そして、後に蜀(しょく)の初代皇帝となる劉(りゅう)備(び)と出会い…。

番組紹介へ

各話あらすじ

第41話諸葛亮(しょかつりょう)の策により少数で曹操(そうそう)の大軍を破った劉備(りゅうび)軍。関羽(かんう)と張飛(ちょうひ)は諸葛亮の実力を認め、頭を下げる。高則(こうそく)は、夜陰に紛れて忍び込み劉備の首を取ろうとするが、柳慎(りゅうしん)に見つかり乱戦となる。その戦いで趙拾妹(ちょうしゅうまい)が重傷を負う。戦場の高則を訪ねてきた夏侯軽衣(かこうけいい)は、父の死について高則を問い詰める。答えに詰まった高則に軽衣は…。
第42話民を連れて移動中に曹操(そうそう)の軍勢からの追撃を受けた劉備(りゅうび)は、2人の夫人とまだ赤ん坊の嫡子、阿斗(あと)とはぐれてしまう。それを知り、3人を捜しに敵軍の方へと引き返した趙子(ちょうし)龍(りゅう)。傷を負って動けない糜(び)夫人は子龍に阿斗を託し、自らの命を絶った。阿斗を胸に抱き、劉備のもとへと急ぐ子龍。しかし、その前には曹操率いる大軍が待ち構えていた。
第43話諸葛亮(しょかつりょう)の手引きで長江(ちょうこう)を渡ろうとしていた劉備(りゅうび)たち。そこに霜児(そうじ)が現れ、夏侯軽衣(かこうけいい)が公孫宝月(こうそんほうげつ)を人質に取り、趙子龍(ちょうしりゅう)が来なければ殺すと言っていると伝える。一行と別れ、1人軽衣のもとへ向かう子龍。自分の問いに対する子龍の答から真相を知った軽衣。そこに高則(こうそく)が現れ子龍に剣を向ける。しかし、その剣先は子龍を庇った軽衣に…。
第44話呉(ご)の孫権(そんけん)のもとに向かった諸葛亮(しょかつりょう)。呉では曹操(そうそう)に帰順するか戦うかで大騒ぎになっていたが、孫権は腹を決めかねていた。趙子龍(ちょうしりゅう)と柳慎(りゅうしん)は、諸葛亮の命を受け桂陽(けいよう)に潜入していた。2人がある店で食事をしていると、男たちに追われた娘が逃げ込んできた。足を滑らせ子龍の胸に倒れ込んだ娘の顔は、死んだはずの夏侯軽衣(かこうけいい)とそっくりで…。
第45話曹操(そうそう)と戦うことを決意した孫権(そんけん)は、周瑜(しゅうゆ)を大都督(だいととく)に任じる。曹操は、周瑜と昔なじみの蔣幹(しょうかん)を使い、周瑜を寝返らせようと計画するが…。桂陽では、馬玉柔(ばぎょくじゅう)に大酒を飲まされた柳慎(りゅうしん)が、自分たちの正体と役目を話してしまう。太守の趙範(ちょうはん)が貯め込んだ財宝を奪うため趙子龍(ちょうしりゅう)は屋敷に忍び込むが、子龍たちの目的を知った玉柔が後をついてきて…。
第46話10万本の矢を用意するという約束の日を迎えた早朝、諸葛亮(しょかつりょう)は、魯粛(ろしゅく)に藁束で覆われた船を20艘用意させ、濃霧が立ち込める中、曹操(そうそう)の寨へ向かう。それに激しく矢を射かける曹軍。針ねずみになった20艘の船には10万本以上の矢が刺さっていた。馬玉柔(ばぎょくじゅう)に冷たいと趙子龍(ちょうしりゅう)を諌める柳慎(りゅうしん)。趙範(ちょうはん)が不老不死の薬を作らせていると知った玉柔は…。
第47話東南の風を得られぬことに悩む周瑜(しゅうゆ)に、諸葛亮(しょかつりょう)は風を吹かせると約束し、祭壇に祈りを捧げた。すると本当に東南の風が吹きはじめる。いよいよ決戦の時。周瑜たちが打った様々な策がはまり、曹操(そうそう)の大軍は孫権(そんけん)と劉備(りゅうび)の連合軍に敗れる。劉備は、曹操が勢いを失っている間に、荊(けい)州を手に入れようと考え、まず南(なん)郡を諸葛亮の立てた策を用い手に入れる。
第48話耿純(こうじゅん)と趙範(ちょうはん)の策を見破り、桂陽(けいよう)を手に入れた趙子龍(ちょうしりゅう)。劉備(りゅうび)の元に、孫権(そんけん)から孫権の妹、孫尚香(そんしょうこう)との縁談が持ち込まれ、劉備は婚儀のために護衛の子龍を連れて呉(ご)に向かう。荊(けい)州に来た馬玉柔(ばぎょくじゅう)は、諸葛亮(しょかつりょう)から子龍は呉に行ったと知らされる。自分も呉に行くと言う玉柔に、諸葛亮は自分が書いた策が入った3つの袋を子龍に渡すようにと託す。
第49話劉備(りゅうび)との縁談のことを聞いて呉国太(ごこくたい)と孫(そん)尚(しょう)香(こう)は孫権(そんけん)を問い詰める。尚香は婚姻を嫌がるが、呉国太は一度、劉備と会ってみることにし、甘露寺に宴席を設ける。実際に劉備に会った呉国太はその人物にほれ込むが、突如、1本の矢が劉備に向けて飛んでくる。趙子龍(ちょうしりゅう)の後を追って来た公孫宝月(こうそんほうげつ)は、ある店で老女が高値をふっかけられているのを見て…。
第50話劉備(りゅうび)のことを知りたい孫尚香(そんしょうこう)のために、呉国太(ごこくたい)は劉備を屋敷に呼び出し、その様子を密かに尚香に覗かせる。その後、呉国太は趙子龍(ちょうしりゅう)に自分の養女を嫁がせたいと劉備に打診するが…。劉備の元に、荊(けい)州に子龍を戻してほしいという諸葛亮(しょかつりょう)の文(ふみ)が届く。荊州に戻る子龍に待ち伏せしていた呉(ご)の兵が襲いかかる。同じ頃、宿の劉備のもとに…。

« 2 3 4 5 6 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

DATVカスタマー 03-6809-6282

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ