「ヒーラー~最高の恋人~」のあらすじ

闇の便利屋「ヒーラー」ことソ・ジョンフ(チ・チャンウク)は、誰にもその顔を見られることなく、殺人以外ならどんな依頼も完璧にこなす業界屈指のレジェンドだ。そんな彼のもとに、1人の女性を捜してほしいという依頼が入る。ターゲットは、三流インターネット新聞「サムデーニュース」の熱血記者チェ・ヨンシン(パク・ミニョン)。依頼主は、ABS放送局のスター記者、キム・ムンホ(ユ・ジテ)だった。難なく彼女を見つけ出し、仕事をこなしたジョンフだったが、さらにムンホから新たな依頼が届く。それは、ヨンシンの夢を調べること。奇妙な依頼を不審に思いつつも、彼女の身辺を調べるうち、その過去を知り、気になり出したジョンフは、新人記者パク・ボンスとして彼女の職場に潜入する。そんな中、ある事件によりジョンフ、さらにヨンシンが狙われるように。ヨンシンは後輩ボンスに心を許しつつ、自分の危機に現れる正体不明の男、ヒーラーに惹かれていくが……。一方で、ムンホはある過去の出来事に苦悩し、ヨンシンを一流記者に育てようとしていた。その裏には、ヨンシンやジョンフ、彼らの親たちの因縁が隠されていて……。その過去の真実とは? ジョンフとヨンシンの愛の行方は?

番組紹介へ

各話あらすじ

第11話父とムンホの接点を知ったジョンフは正体を明かす覚悟で、“ヒーラー”としてムンホを訪ねていく。ヒーラーの正体を知り、彼の父を巡る過去の事件について話すムンホ。それを聞いたジョンフは、ヨンシンに正体を明かすためにも父が着せられたぬれぎぬを晴らすことを心に誓う。そんな中、ヨンシンはヒーラーにある依頼のメールを送るが…。
第12話ジョンフは父のぬれぎぬを晴らすべく、当時の事件記録を閲覧しようと試みる。それを知ったムンシクに自宅に招かれたジョンフは、そこでヨンシンがミョンヒの娘ジアンだと気づいてしまう。ヨンシンとの因縁に苦しむジョンフは、自分の正体は告げず彼女を見守ることを心に誓う。一方、ムンホはソウル市長選出馬を狙うムンシクと対立する。
第13話ムンシクの罠にはまり、怪我を負うジョンフ。血だらけで倒れている彼を見つけたヨンシンは、ボンスがヒーラーであることに気づき、ショックを受ける。だが、彼が去ってしまうことが怖くて、正体を知ったことを話せないヨンシン。ジョンフはムンシクがヨンシンの命を狙う理由を知るためムンホを訪ねるが、そこにヨンシンが現れ…。
第14話師匠であるヨンジェの死に衝撃を受けたジョンフは、策略にはめたムンシクを殺しに向かうが、そんなジョンフをムンホは必死に引き留める。ミンジャはハッキングによりヨンジェの陳述内容を入手するが、その内容はジョンフへの遺言だった。それを見たジョンフは失意に暮れ、皆との連絡を絶つ。連絡の取れないボンスを案じるヨンシンだが…。
第15話ヨンシンの愛にジョンフは心を開き、思いを通わせた2人は一夜をともにする。ヨンシンの前で本当の自分として生きたくなったジョンフは、ムンホと手を組んで父のぬれぎぬを晴らすことに。ヨンシンの協力を得て、ジョンフはヨンジェを殺害した刑事を捕獲。その情報を受けて、ムンホは殺人犯とムンシクの秘書の繋がりを報道する。
第16話ミョンヒとの取材に向かおうとするヨンシンの前にムンシクが現れる。ムンシクやムンホが自分に近づいた理由を怪しみ始めたヨンシンに、ムンホはついに彼女の実母が生きていることを明かす。ヨンシンの様子がおかしいことに気づいたジョンフは急いで彼女のもとに。その頃、ヨンシンは実父がジョンフの父に殺されたことを知り…。
第17話殺害現場にいたところをヨンシンに見られたジョンフは、彼女が自分を犯人と誤解しているのではと気になって仕方ない。連絡のないジョンフを案じつつ、ヨンシンは取材のためミョンヒの家に。ミョンヒは92年の事件について報道してほしいとヨンシンに真実を語り出す。一方、ジョンフは父ジュンソクの陳述を録音したテープを探していた。
第18話22年前のジュンソクの陳述を録音したテープが見つかり、その内容からジュンソクは無実で、殺人犯に仕立てられていたことが判明。ジョンフは事件を背後で操る“御大”に会いに行き、その映像と共にムンホは事件の真相をネットニュースで報道する。父のぬれぎぬを晴らしたジョンフは、ヨンシンと一緒に普通に暮らしたいと望むが…。

« 1 2

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

DATVカスタマー 03-6809-6282

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ