「キム課長(原題)」のあらすじ

ナイトクラブを経営するドクポ興業の経理を担当しているソンニョン(ナムグン・ミン)。お金に対しては超人的な嗅覚を持つソンニョンは、デンマークへ移住するため、会社の金をちょろまかしていた。一方、流通業界の大手、TQグループでは、自殺未遂で意識不明になった経理部の課長が、会社の金を横領していたという事件で大騒ぎに。しかし、同僚のハギョン(ナム・サン)は、普段の彼からは想像できないといぶかしむ。そんな中、TQグループの会長は、検事のユル(ジュノ)に、経理課長の後釜をどうするべきか相談する。すると、正義よりも勝ちにこだわるユルは、とにかく使い捨てできる人物を採用するべきだと進言する。ある日、ピンハネのことを社長に気づかれクビ寸前に陥ったソンニョンは、TQグループが経理の中途社員を募集しているのを見つける。大手企業ならもっと大きな金をかすめ取れるとふんだソンニョンは、見事合格を勝ち取る。ソンニョンが意気揚々と出社するとヘッドハンティングでTQグループの理事になったユルが、極秘の任務を任せようとソンニョンを呼び出す。

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話 経理の天才群山でヤクザの経理を任されているキム・ソンニョン。脱税の腕前は超一流で検察や国税庁にも見抜けない。それをいいことにヤクザのカネに手を出して追われる羽目に。一方、ソウルの一流企業TQグループでは経理課長が首つり自殺を図って大騒ぎに。横領、賭博の報道が信じられない同僚のユン・ハギョン。そんな中、次期課長は一般公募することに。学歴・資格不問という募集に、待ってましたとばかりに応募しするソンニョンだが…。
第2話 秘密の任務見事、TQグループ経理課長に採用されたソンニョン。意気揚々と出勤するソンニョンだが、同僚の反応は冷たい。それもそのはず、自殺未遂したイ課長が自殺を強要されたとの噂が広がり、同僚たちは疑心暗鬼になっていた。特に、イ課長の妻と親しいハギョンはソンニョンへの敵意をむき出しにしていた。一方、同じ日に入社した元検事ソ・ユル理事は早速ソンニョンを呼びつける。ソンニョンの過去を知るソ理事はソンニョンにある任務を命じる。
第3話 深まる疑惑突っ込んできた飲酒運転の車から偶然イ課長の妻を助け、怪我をするソンニョン。示談に応じないという運転手にソンニョンはTQから金をもらって妻を狙ったことを白状させる。だがソ・ユル理事は勝手な行動をするソンニョンが気に障る。一方、そんな事情を知らないハギョンは事故に不審を抱いて独自に調査を開始する。その頃、インターンとして検察の潜入捜査をしているガウンはソンニョンに近づけというミッションを与えられていた。
第4話 不正の事実ドクポ興行の二重帳簿のことで逮捕されたソンニョン。ところがソンニョンを待っていたのはソ・ユル理事。命令通りに動くと約束させられるソンニョン。だが莫大な額の伝票操作を命じられて恐れをなしたソンニョンは会社を辞める方法を探す。そんな時、会長の息子ミョンソクが経理部に怒鳴り込んでくる。ソンニョンはチャンスとばかりにミョンソクを叩き出して待機処分に。一方、ハギョンはチュ部長から会社の不正の事実を聞き出していた。
第5話 交渉の条件中国との取引交渉が暗礁に乗り上げピンチのTQ。中国側は条件としてTQ宅配の調査とそのメンバーにソンニョンを指名する。ソンニョンはチームに入る条件として、イ課長の妻への訴訟取り下げとドクポの二重帳簿の処分を要求する。会長の妻ユソンに協力中のハギョンも内偵のためにチームに加わる。調査当日、ミスを犯してチームから追い出されたソンニョンは労組のデモ隊に昔馴染みを見つけて話し込むが、そこに怪しい連中がやってくる。
第6話 本物の聖人労組委員長に間違われて拉致されたソンニョン。3億ウォンでデモを解散させるという合意書に拇印を強要される。だが翌日もデモは続いていた。合意書の名前を見て驚いたソ理事は慌ててソンニョンを呼びつけるが、ソンニョンは未使用経費は全額会社の口座に返したと答える。実はチュ部長のアイデアだったが、この一件でさらに名声が高まるソンニョン。一方、やられっぱなしのパク会長はソ理事にソンニョンの処理を命じる。
第7話 聖人の転落ソ理事の差し金で逮捕されたソンニョンだが、韓国一の弁護団によって不起訴に。悔しがるソ理事。ソンニョンは弁護を頼んだのがハギョンと聞いてびっくりする。だが会社側は釈放されたばかりのソンニョンを退職に追い込もうと泣く子も黙る待機室送りに。一方、ソ理事はハギョンを通してユソンがソンニョンに協力したと知る。その頃、同じ待機室送りとなったオ部長は絶望して屋上から飛び降りようとしたところをソンニョンに見つかってしまう。
第8話 汚名返上会社と全面対決する姿勢を見せるソンニョン。その頃、TQ宅配ではリストラが進行し、経理部のギオクの父もその対象になっていた。ソ理事は騒ぎが起こらないよう裏で手を回し、ギオクの父はそのために大けがをしてしまう。ハギョンはユソンを通してこの一件にソ理事が関わっていることを知る。一方、ソンニョンに手を焼く会社側はついに復帰辞令を発令し、待機室を廃止すると約束する。だがソンニョンは会社を辞めると言い出す。
第9話 再建宣言理事会でTQ宅配を再建すると宣言したソンニョン。社長のユソンから1億ウォンで依頼されては断れない。だが引き受けたものの、アイデアのないソンニョン。しかもソ理事からは2週間以内に再建案を出せと釘を刺されてしまう。ソンニョンは社員に話を聞くことから始める。すると経費の取引先におかしな共通点が。一方、ソ理事は資金の流れに怪しい点を見つけ、会計部長を問い詰める。ガウンもまた部長の行動を怪しんでいた。
第10話 勝利の行方失敗したら経理部が解体されると知り、動揺する部員たち。イ主任はこの仕事を断るようにチュ部長に掛け合う。だがむしろ部長に説得され、経理部のプライドをかけて一致団結することに。部員たちはリベート推定額の算出、ソンニョンは証人の説得に回る。その頃、ガウンは会計部長がシュレッダーにかけた書類の復元に成功していた。こうして中間報告会の日を迎える。自信満々で登壇したソンニョンだったが、報告会は思いがけない方向へ…。

1

「キム課長(原題)」がお好きな方にオススメの番組

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

DATVカスタマー 03-6809-6282

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ