「王は愛する」のあらすじ

第25代高麗王の息子ウォン(イム・シワン)は、美しい容姿と知性にあふれ、大胆な行動力で人々を引き付ける卓越した能力の持ち主だが、母親が元(げん)のフビライ王の娘であったため、父親から忌み嫌われ警戒されていた。政治に興味を持たず、権力争いも嫌い、いつも親友リン(ホン・ジョンヒョン)と過ごしていた。ウォンにとってリンは、家族よりも心を許せる存在であり、一生を共にすると誓った特別な存在であった。リンは、友でありながらも護衛としてウォンを誰よりも近くで支えていた。
ある日、二人は身分を隠し王宮の外に出かけ、高麗一の大商人ウン・ヨンベクの妻が何者かに殺されるところを目撃する。殺された女性の娘であるサン(ユナ)は幸い難を逃れるが、狙われていたのが娘だと気付いたヨンベクは、身分を偽り侍女として生きるようサンに告げる。一方、ウォンとリンは、サンの母親が亡くなる直前に残した娘への遺言を伝えようとヨンベクの屋敷へ忍び込み、サンとは知らずに母親の最期の言葉を伝える。これが三人の出会いだった。7年後、三人は再会するが・・・。

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話 唯一無二の親友高麗の第25代王・忠烈王と元の元成公主の間に生まれた世子ワン・ウォンは、母方の蒙古の血を引くという理由で、周囲はおろか父親からも蔑まれていた。孤独な幼少期を過ごしたウォンが12歳になった時、ワン・リンという唯一の親友ができた。リンと共に王宮の外の世界へ飛び出したウォンは、ある日、ウン・ヨンベク商団が賊に襲われるところに出くわす。そこにはウンの財力を利用して大成しようとする者たちの陰謀が渦巻いていた。
第2話 再会イ・スンヒュのもとで、ウォンとリンは、スンヒュの弟子であるウン・サンと7年ぶりに再会をする。3人はスンヒュが翌朝に飲む酒を山へ探しに出かけ、山中で一晩を過ごすことに。焼酎をひと甕飲んで酔いつぶれたサンを見ながら、ウォンとリンはそれぞれ思いをはせる。そんな中、王宮では元の皇帝の孫であるウォンは高麗の存続を脅かす者だとされ、廃位を求める声が上がる。それを耳にした元成公主は…。
第3話    探り合いウン家の娘という身分を隠すため、サンはウン家の侍女・ソファと名乗り暮らしていた。しかし侍女が高名な学者の弟子となっていることを訝しむリンは、サンの素性を調べると言う。一方、王宮では忠烈(チュンニョル)王が狩りの準備を進めていたが、それはウォンを世子(セジャ)の座から引きずり下ろそうとするソン・インの策略だった。さらにインは、リンの兄ジョンを連れ、サンの父親ウン・ヨンベクに対し、娘のサンを娶りたいと詰め寄るのだった。
第4話 罪悪感ウン家の荘園で行われた狩りで、忠烈(チュンニョル)王が何者かに矢を射られ負傷する。放たれた矢に刻まれた文様(もんよう)から、それが世子の矢であることが判明する。これは世子の座を狙うリンの兄・ジョンとソン・インが、ウォンを失脚させるために仕組んだ罠だったが、それを阻止しようとしたリンが巻き込まれてしまう。同じく狩り場にいたサンは、7年前の襲撃で亡くなった母の敵(かたき)である入れ墨の男を追っていた。
第5話 私の女人です狩り場で忠烈(チュンニョル)王が矢で狙われた一件で、その証人が世子の配下に次々と殺されているという噂が広まっていた。一方、ついに母の敵(かたき)を見つけ出したサンは、その後を追って屋敷に忍び込むが、そこでは世子に矢を運んだ職人たちが死んでいた。職人たちを殺したとして捕らえられたサンは、尋問にかけられることに。話を聞いたウォン、そしてリンはそれぞれ尋問場に駆けつけるのだが…。
第6話 逆謀ウォンは投獄されているリンを助けるため、リンの父親ワン・ヨンを訪ね、その手立てを伝える。サンもまた、自分のせいでリンが牢に入ったと思い悩み、父ウン・ヨンベクに助けを求める。そして、王宮で投獄されたリンの放免を嘆願する最高会議が開かれることとなった。その頃、牢にいるリンはひとり静かにサンに思いを馳せていた。それぞれの思いが交錯する評議の末、忠烈(チュンニョル)王が下した決断は…。
第7話 採蓮(チェリョン)会元成(ウォンソン)公主が主催する採蓮(チェリョン)会が近づいていた。ジョンに嫁ぐことを決めていたサンは、最後の思い出として採蓮会に参加しようとする。そんなサンに対してリンは、7年前の事件のこと、サンがソファとして暮らしていることなど、すべて知っていると伝え、なんとか婚姻をやめるよう説得を試みる。一方、王宮では元成公主が、息子ウォンのために世子妃選びをしようと動き始めていた。
第8話 一番はお前だサンとジョンの婚礼は、ジョンの欲望による政略結婚というだけではなく、貢女(こんにょ)にされそうな妹のダンを守る術でもあった。そうとは知らず、リンは兄であるジョンの婚礼を止めてほしいとウォンに依頼する。一方、ウォンもまたダンを守るための決断をしていた。ウォンが世子であることを知り戸惑うサンに対し、ウォンは何があっても“一番はお前だ”と伝えるのだった…。
第9話  茶会世子妃選びのため、王妃の御所で茶会が催された。そこにはウォンが出席させたダン、そして元成(ウォンソン)公主が急遽招いたサンの姿もあった。ついにソファの正体を知ったウォンは驚き戸惑う。茶会が開かれる前、リンが妹の身代わりとなって元へ行くと知ったウォンは、リンを殴る。ウォンはサンの前で、リンを元へは行かせないと誓うが、サンとリンが互いに目を合わせないように努めていることに気づく。
第10話  一番大切な人の為に世子妃選びの茶会でウォンが出した答えを聞き、リンは怒ってウォンに詰め寄る。このままではサンが貢女(こんにょ)にされてしまうと聞いたウォンは、自分だけが何も知らずにいたことがわかり、自分の無力さを痛感する。これまで権力を忌み嫌ってきたウォンだったが、大切な人を守るためには力が必要だと考え、元成(ウォンソン)公主のもとへ助けを求めに行く。一方、父親を案ずるサンは、ソン・インに取引を持ち掛ける。

1

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

DATVカスタマー 03-6809-6282

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ