「スケッチ(原題)」のあらすじ

愛する恋人との幸せな未来を夢見ているエース刑事カン・ドンス(RAIN(ピ))。しかし72時間以内の未来を描く刑事ユ・シヒョン(イ・ソンビン)のスケッチが彼女の死を予見する。妻を一生守ると約束していた特殊戦司令部の中士(二等軍曹)キム・ドジン(イ・ドンゴン)の妻も、シヒョンのスケッチの事件に巻き込まれることになり、未来を変えるためにできること全てをやるドンスは果たしてどんな選択をするのか…!

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話不思議な能力を持つシヒョンは、ペンをグルグル回し独特な絵を描きながら、今夜誰かが死ぬと予言する。一方、 カン・ドンスが所属する捜査第一課は、指名手配中のチョ・ヒチョルが第4埠頭に現れるという情報を受け一斉に埠頭に向かう。ところがそこにエースのドンスがいないことに気づいたギョンスはドンスに電話をかける。「チニャン号」という大型船舶が見える船着き場のコンテナの上でギョンスの電話を受けたドンスは、集合場所を間違えたふりをして待ち伏せを続ける。ガセネタを流し警察の目をくらませ、ドンスのいる第3埠頭に現れたチョ・ヒチョル。そしてその様子を写真に撮りほくそ笑むドンス。ドンスがすぐに写真を送ると、ミン・ジス検事は決して1人で動くなと指令を出すのだが……。
第2話軍の隠蔽を密告したドジンに接触するジス。ドジンは足が付いたことを知り、ジスに協力するかどうか迷う。軍から戻ったドジンから連絡を受けたジスは、ドンスとの約束を破りドジンに会いに行く。シヒョンの絵に描かれたジスの死を回避するために、必死に糸口の探そうとするドンスとシヒョン。徐々にその範囲は狭められ、ついにドンスとシヒョンはその糸口となる場所にたどり着くが、そこでジスの車を発見する。ドンスの妻殺しの共犯者に捕らわれたジス。気絶したまま水槽に放り込まれたジスを助けるために、ドンスは犯人を逃してしまう。妻とお腹の子の死で失望するドジンの前に現れた謎の男テジュン。未来が見えるというテジュンは生きる理由を知るためにドジンに人を殺せと指示する。
第3話ジスの死を目の当たりにし、泣き叫ぶドンス。その光景を見て愕然とするシヒョン。ドンスの叫び声を聞きながらその場を立ち去るドジン。警察は拉致した男が被害者を殺害して自殺したと断定する。一方、妻の葬儀を終えたドジンの前に現れたテジュン。妻を殺した犯人を殺すのが先だと話すドジンに、テジュンは近々そうさせてやると言いながら次のターゲットの写真を渡す。ドンスはジスを死に至らしめた犯人を捕まえると固く決意し刑事を辞める。現場の写真を見て不審点を見つけたシヒョンは第3の人物がいることを突き止める。そして再びスケッチを描き始めるシヒョン。そのスケッチにドンスが描かれたのを見て危険を感知したチームはドンスを必死に守ろうとする。果たして彼に何が起きるのか。
第4話製薬会社の社長ナム・ソヌを殺害するために向かったドジンは、そこに現れたドンスを始末するよう命じられる。しかしジスを思い出したドンスは、とどめを刺さずにその場を立ち去る。ジスを殺した犯人がドンスだと知りショックを受け混乱するドンス。後から追ってきたシヒョンは、スケッチの中の状況が少し違っていたもののドンスが犯人を知ったことを心配する。心の揺らぎでドンスを殺せなかったドジンは、妻の死にドンスが関わっていたことをテジュンから告げられ、再び殺害する決意を固める。危機を逃れたナム・ソヌはドジンとドンスを引き合わせようとする。そして再び描かれるシヒョンのスケッチ。しかしそこに描かれたのは他でもなく自分の姿だった。
第5話シヒョンが拉致されたと聞いて駆けつけた兄のシジュン。ショックを受けているシジュンにムン課長はシヒョンのスケッチを見せる。血を流して死んでいるシヒョンの絵を見たシジュンは、スケッチの内容を知りながらシヒョンを現場に出したムン課長を責める。刻々とその時間が迫る中、ムン課長はドンスに協力を求めに行く。シヒョンを助ける時までという条件で、手錠をはずされたドンス。消えたシヒョンの居場所を把握するために、ドンスをはじめ特殊捜査チームのメンバーは捜査に集中するが、手がかりがゼロの中で時間だけが無情に流れていく。一方、手足を縛られたままのシヒョンは何とか逃げだそうと、チョン・イルの一味に必死に抵抗するがまったく歯が立たない。身の危険を察したイルは、シヒョンを殺せと命じる。生死をさまよう絶体絶命の危機の瞬間。果たしてシヒョンの運命は……。
第6話暴力団に捕らわれていたシヒョンを見つけたドンスは、間一髪の状況からシヒョンを救い出す。そして一瞬の隙を見て逃げ出したチョン・イルスを追うドンス。だがそこには待ちに待ったドジンが待ち受けていた。けてくれと哀願するイルスを無残に銃で撃ち殺してしまうドジン。自分の気持ちが分かるだろうと話すドジンに、ドンスはジスを殺した理由は何かと問いかける。殺す必要がなかったはずだと叫ぶドンスに、ドジンは話しても理解してもらえない、因果律のせいだと謎めいた言葉を残す。納得がいかず興奮するドンスとドジンが向かい合った時、突如現れた謎の車。そしてドジンを乗せて猛スピードで立ち去った男たち。誰にも予測できない新たな局面を迎えるのだが……。
第7話ナム・ソヌの罠にかかったドンスとドジン。ナム・ソヌはドンスとドジンをおびき寄せ、そこで奇数な運命の2人をはやし立てる。最愛の人をなくした2人を戦わせ殺そうとするナム。絶体絶命の瞬間、ドジンはナム・ソヌにプレゼントを持ってきたと言い、倉庫の中にある冷蔵庫を開けさせる。そこにあったのは、テジュンに手渡された黒いバッグだった。そしてその中には爆発寸前の爆弾が入っていた。ナムの部下が開けるなりいきなり爆発したバッグ。一瞬にして現場は修羅場と化す。ドジンがナムにとどめを刺そうとした時、それを阻むドンス。ナムの操作で逆方向に向かっていたシジュンとムン課長に代わり、シヒョンが現場に向かうが、そこはまさにシヒョンの死が予告されていたスケッチの場所だった。果たしてシヒョンの運命は?
第8話スケッチの予言がハズれたことで混乱する仲間たち。テジュンは、ウジンがドジンの前任者で、自分を裏切った男だと告げる。ドジンはペク・ウジンという刑事を探し出そうとするが、彼を探れば探るほど真実が明らかになっていく。一方、ドンスとシヒョンをはじめとするナビチームも、ペク・ウジンについて調べていく。彼が姿を消すまで彼の周りで起きていた奇怪な事件の数々。それを突き止めていくと彼の正体が徐々に浮かび上がっていく。ペク・ウジンは整形手術まで受け、なぜ自分を死んだように見せかけていたのか。さまざまな謎を解き明かす過程で、ドジンはドンスの背後がチャン・テジュンであると確信する。ドジンがジスを殺した理由を突き止めたいドンスは、ひたすらドジンを追う。

1

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

DATVカスタマー 03-6809-6282

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ