「ピョン・ヒョクの恋」のあらすじ

ガンス財閥の末息子ピョン・ヒョク(シウォン(SUPER JUNIOR))は事あるごとに問題を起こす、世間でも有名なドラ息子。今回は客室乗務員へのセクハラ騒動で、父親から勘当されてしまう。一方、尽くしても結局は社員を切り捨てる会社には頼らない!と、正社員にはならずに自力で生計を立てるペク・ジュン(カン・ソラ)。ある日、ホテルでの接客態度を上司に咎められるが、納得がいかないジュンは猛反発。それを見かけたヒョクは、ジュンを気に入り助け船を出す。ところが、ヒョクがたまたま従業員の制服を着ていたことで、2人はまとめてホテルから追い出されてしまう。行く当ても金もないヒョクを哀れに思ったジュンは、ヒョクが御曹司だとはつゆ知らず、あれこれと世話を焼き、ついには家に連れてきてしまう。ジュンの家の大家でヒョクのお目付役でもあるクォン・ジェフン(コンミョン(5urprise))は、行方不明だったヒョクが突然目の前に現れ驚愕。ヒョクに頼まれ彼の身分を隠し通すジェフンだが、件の客室乗務員でジュンの友人でもあるヨニに、ヒョクが問題の御曹司であることをバラされてしまう。

番組紹介へ

各話あらすじ

第11話 期待と現実自分のアイデアで仕事仲間のキム・ギソプがガンスフードの契約社員として採用されたことを自画自賛するヒョク。しかしジェフンは、ばくちのような危ない橋だと指摘する。一方で採用されなかった仲間の2人は、ヒョクの心配をよそにギソプの再就職を心から喜んでいた。そんなある日、ヒョクの母がジュンの部屋を突然訪ねる。ヒョクとジュンが恋人関係であることを期待してのことだったが、ジュンの口から出たのは意外な言葉で…。
第12話 兄弟の乱弟に敵対意識を持つウソンは、ヒョクが接待を受けているかのように見える写真を使い、ピョン会長に“ヒョクが業者から賄賂を受け取った”と嘘の報告をする。潔白だと主張するヒョクに、ピョン会長は3日以内にその証拠を持ってこいと言い放つ。ヒョクから相談を受けたジュンは、接待の行われた店が、自分が以前運転代行をしていた店だと気づき自ら出向く。写真に写る女性から、接待の様子を聞き出そうとするジュンだが、簡単にはいかず…。
第13話 それぞれの葛藤ソル専務に“長く働きたければ黙って指示に従え”と言われたジェフンと、父親に“何かを得たければ闘え”と言われたヒョク。2人は自分が何をすべきかについて考え、現実とのはざまで葛藤する。一方でジュンは、ヒョクの母親の言葉を機に清掃の仕事を辞める決意をする。ある晩、ジュンがいつもよりオシャレをして出かける所を見たヒョクとジェフンは、タクシーで後を追う。ジュンが向かった先はホテルで、そこには男の姿があった。
第14話 一大決心経済捜査チームの警官とともにガンス財閥の告発を企てるジェフンは、ついに計画を実行しようとする。しかし、その動きを敏感に嗅ぎ付けた検事が“内部告発者がいる”とウソンに報告する。そんな中、計画を決行すればジュンにしばらく会えないと考えたジェフンは、ヒョクたちを誘って遊びに出かける。同じマンションに住むヨニや警官も含め、楽しい時間を過ごす5人だったが、彼らにはウソンの差し金で見張りの男がつけられていた。
第15話 変革(ピョンヒョク)横領罪で捕まったジェフンを心配して会社に駆けつけたジュン。ヒョクは信じて待っていてほしいと言い残し、ソル専務から渡された不正の証拠となる書類を盾に、ジェフンを助けるよう父親を説得する。忠実だと信じていたソル専務の裏切り行為を攻めるピョン会長に、専務はそれが自分の会社への忠誠心の示し方だと答える。ソル専務は、「ピョンヒョク(変革)」という名をもつ、ヒョクの持つ変革力に全てを賭けてみようと考えていた。
第16話 新しい時代へ(最終話)ヒョク、ジュン、ジェフンの3人が必死で手に入れた裏の契約書が、ついに検察の手に渡った。それが決定的証拠となり、ガンス財閥には裏金作りと資金洗浄の疑いで強制捜査のメスが入る。ヒョクは自分のした事の重大さを改めて痛感し、ジュンとジェフンに涙を見せる。翌日、検察に出頭したピョン会長は、見送りに来たヒョクに自分の正当性を主張するものの、すでにヒョクの時代が始まっていたことを認め、“好きにやれ”と言い残す。

« 1 2

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

DATVカスタマー 03-6809-6282

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ