「メモリーズ・オブ・ラブ~花束をあなたに~」のあらすじ

アメリカで映画監督をして成功していた路非(ウォレス・チョン)は、中国での映画撮影のオファーを受け、10年ぶりに帰国する。帰国の理由は10年前大学時代に付き合っていた辛辰(ジャン・シューイン)との約束を果たすためでもあった。急にアメリカへ路非が去った後、辛辰に寄り添い、友達として支え続けていたのは林樂清(アーロン)。でも、実は樂清はずっと辛辰を思い続けていて…。10年ぶりに突然姿を現した路非を前に、冷たい態度をとる辛辰。路非はひたむきに辛辰に思いを伝えようとするが…。

番組紹介へ

各話あらすじ

第11話 秘められた過去シン・ディーは何度も言い寄ってくるウェイファンとの交際を了承。だが、10日間の契約恋愛という条件を突きつける。一方、カイユーがアルツハイマー病だと知ったシン・チェンは、自分が養子だと悟って苦しんだ過去と家族への感謝の思いを彼に語る。そんな彼女の秘密を知るルー・フェイもカイユーにあることを打ち明けて…。
第12話 かけがえのない瞬間記憶が混濁し愛する恋人と出会った若き日の自分に戻ってしまったカイユー。彼は音楽イベントに出ると言って救急車に飛び乗ると、助手席にルー・フェイを乗せたままパトカーを振り切って走り続ける。その頃、ルー・フェイの映画の製作発表会が行われる会場では、監督の到着を投資家や記者たちが今か今かと待ち受けていたが…。
第13話 心の扉を開けてシン・チェンはルー・フェイの新作映画がクランクインできないと知って自分のせいだと謝る。だが、彼は全て自分の選択だと答え、その言葉を聞くうち彼女は彼に心を開き始める。一方、アメリカから飛んできたルオリーはさっそくルー・フェイの尻拭いに追われるはめに。そして、シン・ディーを彼の元恋人だと勘違いして…。
第14話 裏切り行為ハオランが口を滑らせ、ラーチンがルー・フェイの映画にこっそり投資していると知ったシン・チェン。彼女は以前の出来事についてもラーチンが裏で手を回していたのではないかと疑い始める。それは10年前、ルー・フェイがシン・チェンの踊る姿を収めた短編フィルムが妊娠中絶の広告に使われ、大学で大問題となった事件で…。
第15話 進むべき道自分の映画の版権を売ることで新作映画を守ったルー・フェイ。彼はそのお金でラーチンにも借りを返す。しかし、これを知ったルオリーはシン・チェンのせいでルー・フェイの未来が潰されたと立腹し、もう彼とは会わないようにと彼女に迫る。それにシン・チェンは反発するが、いつも彼の成功を阻んでいるのは自分だと感じて…。
第16話 10年前の真実ルー・フェイに「アメリカに帰って」と告げたシン・チェンは、微雨島を訪れ彼にもらった想い出のバレエシューズを海に捨てる。すると、ルー・フェイが現れて10年前に黙ってアメリカへ行かざるを得なかった理由を告白する。一方、ルオリーはルー・フェイが中国に留まると言い張るため国内の大手企業に彼を売りこみ始めて…。
第17話 恋する時間ルオリーが有名プロデューサーのワン社長と交渉した結果、ルー・フェイはCM制作のコンペに参加できることになる。そして、彼は誤解が解けてよりを戻したシン・チェンと一緒にCM企画を練り上げる。一方、シン・ディーはウェイファンとの契約恋愛の期間を110日延長する。だが、彼に強引にベッドに押し倒されると…。
第18話 信じているからコンペのライバルに騙されたシン・チェンはルー・フェイの企画を横取りされた上、ワン社長の怒りを買う。それでも諦めずにワン社長の元に日参しコンペ復帰を許されるが、残された時間は3日。そこですぐにルー・フェイの撮影隊は微雨島でロケを始める。その頃、ウェイファンはシン・ディーの気を引こうと骨折したと嘘をつき…。
第19話 プライドと嫉妬ルー・フェイはワン社長と長期契約を結ぶことに成功。新作映画の制作もワン社長の取り持ちで再開できることになるが、ラーチンが反対したため頓挫する。その頃、ルー・フェイのためを思って人脈作りに奔走していたルオリーは過労とストレスで体調を崩して入院。そんな彼女を心配したシン・チェンが付き添って世話をするが…。
第20話 クランクインルー・フェイはルオリーが紹介してくれた有名女優のディン・シャオチンと会い、新作映画で彼女とタッグを組むことに。そして、ラーチンが急に態度を変えゴーサインを出したことで、映画はシャオチンを主演女優に迎えてようやくクランクインする。ところが、ルー・フェイは彼女が踊るダンスのシーンにどうしても満足できず…。

« 1 2 3 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

DATVカスタマー 03-6809-6282

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ