「魔女の愛(原題)」のあらすじ

3人の魔女、チョホン(ユン・ソヒ)、イェスン(キム・ヨンオク)、エンドゥ(コ・スヒ)は、古くてみすぼらしいがたくさんの人々が訪れるクッパ店を密かに運営し、平和な日々を過ごしていた。しかし、その平和な日常は建物のオーナー、ソンテ(ヒョヌ)の登場により壊されてしまう。「家賃を安くするから俺を2階に住まわせろ」と、巨額な家賃を支払う代わりの条件をソンテが提案したからだった。巨額な家賃は到底支払えない魔女たちは、ソンテの条件を飲まざるを得なくなり、魔女たちとソンテはハラハラな生活を始めることに…。
ソンテがここまでしてクッパ店に住みたかった理由は、未だに夢に出てくる幼い頃に遭った誘拐事件のお店に、魔女たちのクッパ店が似ていたからだった。ソンテは魔女たちを監視しながら、事件の真相を探ろうとするが…。

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話おいしいと評判のクッパ店。正式な商号もないこの店は常に客でにぎわっている。そこで配達担当として働くカン・チョホンは、メン・イェスン、チョ・エンドゥと3人で店を切り盛りしているが、実は3人とも魔女である。一方、S&Pフードビル常務のマ・ソンテは、幼いころの記憶をたどってある建物を探していた。やっと似ている建物を見つけ現地に訪ねていくが、そこは最悪の出会いをしたチョホンがいるクッパ店だった
第2話クッパ店を買い上げたソンテは自分たちの店だと主張する魔女3人に、ここで商売を続けたければ保証金1億ウォンに月2千万ウォンを払うように通告する。到底払えない金額のため融資を受けようとする魔女たち。チョホンは恋人であり銀行で働くミンスに融資の相談をする。しかし、実は家を持っている自営業の娘だからという理由でチョホンに近づいたミンスは、チョホンの店が人手に渡ったと聞いて急に距離を置き始め、銀行によく来ていた豚足店の女主人と浮気をしてしまう
第3話ミンスの浮気現場を目撃したショックで酔ったチョホン。翌朝目を覚ましたらチョホンはソンテのホテルにいた。自分が酔ってソンテにしたことを聞かされたチョホンは何とかごまかしてその場を後にするが、それと同時に自分が魔力を失ってしまったことを知る。ソンテは文句を言いながらも、チョホンのことが気になって仕方がない。一方、イェスンたちに隠したまま何とかしようと考えたチョホンは、何でも解決してくれるという黒魔女を訪ねていく。
第4話黒魔女ファジャを訪ねていったチョホン。最初は持っていった銀の皿に価値がないと断られるが、チョホンの母親の形見の指輪を見つけると、それと交換にチョホンの運命の人を見つけるアイテムを渡してくれる。顔を合わせる度に衝突するチョホンとソンテ。しかし一方で、ミンスのことといい、ジェウクのことといい、何かにつけチョホンが気になるソンテ。チョホンに自分が好きなのかと聞かれ、ありえないと否定しながらもかなり動揺する。
第5話チョホンが魔力を失ったことを知ったイェスンとエンドゥは、黒魔女ファジャの言うことに疑問を持ちつつもチョホンに運命の人を捜してくるようにと家から送り出す。そして、想像以上にあっさりと見つかってしまった、魔力を取り戻すために必要な“運命の人”。よりによってなぜこの人なのかと思いながらも、キスをするためにあの手この手を考えるクッパ店の魔女たち。ついにはゲームを装ってキスをさせようと、クッパ店でパーティーを開くのだが…
第6話運命の人であるソンテとキスをしようと策を巡らせる魔女たちだが、なかなか思い通りにはいかず、チョホンも諦めかけている。一方、自分の誘拐事件につながる物を捜していたソンテは階段から落ちてけがをしてしまう。そしてチョホンはソンテの部屋でクッパ店に関する調査資料を見つけ、ソンテが引っ越してきたのには何か別の意図があることに気付く。そんな中、ついにソンテはある物を見つけるが、それをチョホンに見つかってしまう。
第7話ソンテとキスをしたチョホン。魔力が戻るのも時間の問題だと浮かれていたが、一向に戻る気配がない。不安になったチョホンはイェスンに尋ねると、キスをしたらすぐに魔力も戻るはずだと言われてしまう。それでもソンテとの仲は少しずつ進展していくが、初デートの誘いを受けた日、チョホンはクッパを配達に行ったジェウクの家で倒れて病院に運ばれる。そして目覚めた時には魔力が戻っていた。
第8話運命の人はソンテではなく、ジェウクだったと気づいたチョホン。黒魔女ファジャに相談に行くが、魔女だと知っても愛してくれると思うのかという言葉に少なからずショックを受ける。一方、チョホンとソンテの関係に気付いたエンドゥはイェスンには黙っているから、今のうちに楽しむよう告げる。そんな中、ソンテの部屋で再び調査資料を見つけたチョホン。怒るチョホンにソンテは自分がクッパ店の建物を買った本当の理由を告げる。
第9話チョホンたちが仕込みをしていたところに帰宅したソンテ。チョホンは何とかごまかそうとするが、イェスンとエンドゥは見られたのではないかと疑う。ある日、店にクッパを買いに来た男性に動揺するエンドゥを見て、不思議に思うチョホン。イェスンに話を聞くと、その男性はエンドゥを裏切り危うく廃人にさせるところだった伝説の詐欺師、黄金骨盤だった。落ち込んだエンドゥは、きれいさっぱり黄金骨盤を忘れてくると手紙を残して家を出て行ってしまう。
第10話ソンテとの仲が深まっていくにつれて、自分が魔女であることをソンテに話すべきかどうかを迷い始めるチョホン。ある日、デートで行った映画館で故障したエレベーターに乗ってしまい、エレベーターが落下する危機に思わず魔力を使ってしまう。一方、黒魔女ファジャはチョホンが質店に来てから奇妙なことが起こったのを不思議に思い、クッパ店にチョホンを訪ねてくる。そこでエンドゥに出くわしたファジャは、ソンテとクッパ店の魔女たちの関係に気付くが…

1 2 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

DATVカスタマー 03-6809-6282

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ