「ラジオロマンス」のあらすじ

文章を書くこと以外はなんでも上手にこなすラジオ局入社4年目のグリム(キム・ソヒョン)は、生放送をドタキャンしたアイドルDJを探しに訪れたパーティー会場でトップスター俳優スホ(ユン・ドゥジュン〈Highlight〉)と最悪の出会いを果たす。一方、ラジオ局の破天荒なラジオPDガン(ユン・バク)は新番組のメイン作家にグリムを、DJにスホをキャスティングすると言い始め…。

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話ラジオのサブ放送作家4年目のソン・グリム。上司にいびられ原稿を書かせてもらえない散々な日々。そんなある日、伝説のプロデューサー イ・ガンに“ヤツ”を番組のDJにできたらメインの放送作家にすると言われたグリム。 その“ヤツ”とは芸能界でも気難しくて有名な俳優 チ・スホだった。
第2話“ラジオなど興味ない”とグリムのオファーを一蹴するスホ。メイン作家になるために何としてもスホを起用したいグリムは“戦略”ではなく“真心”でスホの説得に挑む。ところが局長はグリムがメイン作家になるなどあり得ないと言い、ラヒもグリムを叱責するのだが、そこへ突然スホが現れ…
第3話グリムの情熱に押されたのかスホがDJを承諾。約束どおりグリムは念願のメイン放送作家となれたのだが、スホ側が突き付けた文書に書かれていたのは、とんでもない契約内容だった。強引な上司イPDと頑固なスホに振り回されるグリム。果たして番組は無事、放送されるのだろうか…
第4話1泊2日で企画会議の旅に出た一同。グリムは忘れ物を取りに船着き場へ戻るのだが、ひょんなことからスホと共に年配の見知らぬ男の家に泊まることに。翌朝、グリムが目を覚ますとスホの姿は見えず、結局スホとはろくに連絡も取れないまま番組の初回放送を迎える。
第5話“生放送はしない”と契約を交わしたはずなのに、イ・ガンPDの策略にまんまとハマり、スホは自身の番組の初回放送でいきなり放送事故を起こしてしまう。現場は混乱しメイン作家であるグリムも日々のアクシデントに落ち込む。番組は果たして無事、放送できるのだろうか…
第6話地方での撮影を終えたスホを乗せ放送局に向かうグリム。ところが雪と事故の影響で渋滞にハマり、時間内に放送局へ戻れそうにない。イ・ガンは“何としても放送する”と言い、中継車を送る。生放送の開始時間が刻一刻と迫る中、グリムの頭にあるアイデアが浮かぶ。
第7話グリムに特別な感情を抱き始めているスホ。だが長年スターの仮面をかぶり生きてきたため、自分の思いをうまく表現できず人との接し方に悩む。そんな中、テリのパーティーに呼ばれたグリムはそこでテリとスホが付き合っているという事実を知るが、それはナム代表が裏で仕掛けた“契約交際”だった。
第8話過労で入院することになったエランの看病で忙しいグリム。スホはそんなグリムのために病院からの中継放送を提案しイ・ガンは承諾する。グリムは自分たちが旧知の仲であると言うスホの言葉が気になるのだが、ふと、ウ・ジウと言う名の顔も知らない初恋相手のことを思い出す。
第9話グリムが好きだという気持ちをはっきりとイ・ガンに打ち明けたスホ。トップスターとして守り抜いていた“鉄の壁”を壊さなければグリムに振り向いてもらえないと悟り、少しずつ心を開き始める。果たして台本にはない本音でグリムの心をつかむことはできるのだろうか…
第10話自分の心の痛みを理解し、優しく抱き締めてくれるグリムに対し、ストレートに気持ちをぶつけるスホ。グリムはスホの態度の変化に戸惑いながらも気持ちを受け入れようとする。ところがある日、スホ主演の新ドラマ制作発表会が開かれ、グリムはショックを受ける。

1 2 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

DATVカスタマー 03-6809-6282

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ