「12夜(原題)」のあらすじ

ユギョンはニューヨーク出身で写真を専攻する大学生。彼氏のキテと学校の卒業ワークショップへ参加するためネパールへと向かうはずだったが、空港で彼とケンカをしてしまい、ネパール行きの飛行機に乗らずにソウルへと向かう。
一方、日本に住むヒョノは日本の企業で勤めるサラリーマン。厳しい家庭に育ち、これまで不自由なく暮らしていたがダンスに対する夢を捨てられずにいた。そんなヒョノは、ある日会社に行く途中ふと空港へ向かい、ソウル行きの飛行機に飛び乗ってしまう。
ソウルに到着した二人はソウルの北村(プッチョン)にて運命的な出会いを果たし・・・

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話ニューヨークでカメラマンを目指し就職活動をしている大学生 ハン・ユギョン。卒業ワークショップでネパールに行く途中、写真スタジオの面接に落ちたショックから、経由地のソウルでワークショップをボイコットする。入国審査時に財布を落とした彼女は、ヒッチハイクでソウル市内へ向かうことに。一方 出勤途中に羽田からソウル行きの飛行機に飛び乗ったチャ・ヒョノ。入国審査を通過した彼はタクシーで仁川の海へ向かうのだった。
第2話ヒョノは写真館に行きユギョンと再会。帰り道、ヒョノはユギョンに交際を申し込むが、ユギョンは断る。友人チェギョンの家を出たユギョンはゲストハウス「邂逅」にやってくる。だがそこには思いがけずヒョノがいる。ユギョンのもとに恋人エリックから写真家募集の知らせが来る。応募をためらうユギョンを見て、ヒョノは代わりに写真を送ってしまう。2人は険悪になるが、W杯の勝利を喜び合ううちに互いの気持ちに素直になる。
第3話一時はヒョノと気持ちが通じ合ったと思ったユギョンだったが、元恋人のギテに“気の迷い”と言われ正気に返る。ユギョンとギテが付き合うことになったのも、ユギョンの一時的な感情がきっかけだった。数日後には兵役に就くカン・ウンピョを捕まえるためソウルへやってきたチュ・アルムは、酒に酔った状態でゲストハウス“邂逅”にたどり着く。アルムの気まぐれな行動に戸惑うウンピョだったが、彼はどうしても彼女を拒めないのだ。
第4話ユギョンはヒョノから突然別れを告げられ動揺する。翌日、出発までの時間をチェウォンと楽しむが、旅立ったはずのヒョノもその頃、同じ場所を歩いていた。ベンマンはチャンの父親と会い、チャンを返すことを約束するが気が晴れない。アルムは入隊するウンピョを見送り、除隊するまで待つと伝える。チェウォンと別れ、ゲストハウスに戻ったユギョンはヒョノがいることに驚く。2人は1年後に再会することを約束。時は5年後となり…
第5話2015年6月。舞踊団の同僚と一緒にソウルへ降り立ったヒョノは、例年どおりゲストハウス邂逅へ。一方 出張のため久しぶりにソウルへやってきたユギョンは、5年前と同じようにチェウォンの家に世話になることに。写真を撮ることをやめた彼女はスタジオのスタッフとして働いており、キャリアウーマンという風情だ。ユギョンの出張の目的はソフィアというカメラマンとの再契約交渉だったが、彼女に会うこともままならない状況で…
第6話ユギョンとヒョノはイリの写真館で再会を果たすが、ユギョンは「今後はただの知り合いとして過ごそう」と提案。ソフィアとの契約交渉に奮闘中のユギョンの元に恋人のエリック(ギテ)からサポートの申し出があり、ユギョンをいらだたせる。ある朝ユギョンはソフィアの滞在先を訪ねる。ソフィアがヒョノら舞踊団のメンバーとキャンプに行くと知りユギョンも同行。その夜ユギョンはヒョノが5年前に「邂逅」に来なかった理由を知る。
第7話4年前の出来事について誤解を解いたヒョノは、当時の約束を果たすためユギョンを海に誘う。しかし道中で車がエンジントラブルを起こし、2人は何もない道路で修理を待つことに。恋人はいるかというヒョノの質問に対して、ユギョンはつい口ごもってしまうのだった。ソフィアとの交渉のため急きょソウルへやってきたギテは、ユギョンへ連絡をするが電話がつながらない。仕方なくチェウォンの家へ向かう彼だったが…
第8話「邂逅」の社長ベンマンはかつての恋人ホンジュの登場に動揺する。ただでさえ荒れている高校生の息子チャンを思うと心穏やかではいられない。写真館で会う約束をしていたユギョンとヒョノ。ヒョノは写真館に行くが、苦しむイリを発見し病院へ。ユギョンは恋人ギテに別れを告げるが、ギテはユギョンを手放そうとしない。ユギョンに別れを切りだされた腹いせに暴行事件を起こすギテ。ユギョンはギテに「一緒にニューヨークに帰ってくれればそれ以上は望まない」と言われるが…
第9話3年ぶりにソウル行きの飛行機へ乗り込んだユギョン。今回は手のかかる母親 ミソンが同行しているために、出発前からトラブルの収拾に追われてしまう。職業作家となったチェウォンの家に滞在できないとわかったユギョンは母を連れて安国(アングク)洞へ。宿へ向かう道すがら、イリが写真館を手放したことを知るのだった。ゲストハウス 邂逅の社長 ベンマンも、チャンの留学費用を工面するためゲストハウスを賃貸に出そうとしていて…
第11話ベンマンが“邂逅”を手放そうとしていることを知ったチャンは、自分のために無理をしないようベンマンを説得しようと試みる。その頃 ホンジュはチャンの部屋で、プレゼントした手編みのセーターがひどく汚れているのを目にしてしまうのだった。一方 朝早く目覚めたユギョンは、母をゲストハウスに残してイリの写真館だった建物へ向かう。そこへホンジュと顔見知りになっていたイリが姿を見せ、2人は偶然の再会を喜ぶのだった。

1 2 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

DATVカスタマー 03-6809-6282

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ