「泡沫(うたかた)の夏2018」のあらすじ

弟と一緒に優しい養父母と暮らす大学生のシャーモー(チャン・シュエイン)は、女子学生たちの憧れの的である大企業の御曹司オウ・チェン(チン・ジュンジエ)と交際中。そんなある日、シャーモーの家に父の友人の息子だというルオ・シー(ホァン・シェンチー)が居候して同じ大学に通うことに。シャーモーとルオ・シーは次第に心を通わせるようになるが、そんな二人を見て嫉妬に駆られたオウ・チェンは、会社の力を使ってルオ・シーをシャーモーの家から追い出すことにする。その結果、ルオ・シーはイギリスへと旅立ち、弟以外の家族を失うことになったシャーモーはオウ・チェンを恨み、彼に別れを告げたのだった。それから数年後。歌手を目指して芸能事務所の練習生となったシャーモーの前に、人気俳優として帰国したルオ・シーと、記憶を失ったオウ・チェンが現れる。こうして、愛憎うずまく3人のラブストーリーは再び動き出すが……。

番組紹介へ

各話あらすじ

第11話歐辰が記憶喪失であることを知った尹夏沫は過去を封印する決意を固めるが、歐辰は夏沫への思いを募らせていた。歐辰の名で夏沫に贈り物が届いていることを知り、歐辰への嫉妬を燃やす洛熙。だが、夏沫の義両親が事故死したことを知り、過去へのわだかまりは解けていく。チーム内対抗戦を控え、夏沫は洛熙の指導のもとで歌のレッスンに励んでいた。しかしステージでの緊張を克服するすべは見つからないままだった。そこで洛熙はある方法を思いつく。
第12話尹夏沫が歌えない理由は、悲しい母の死にあった。自らを責め続ける夏沫を、洛熙は優しく抱きしめる。課題を克服した夏沫は、洛熙の指導でますます歌唱力を磨いてゆき、2人はお互いの思いを確かめ合う。そしてチーム内対抗戦の当日。夏沫の対戦相手となったのは、先輩であり指導者でもある姚淑兒だった。お互いに実力を出し切って歌うことを誓う2人だったが、ステージに立つ淑兒の口から出たのは驚くべき言葉だった。
第13話オーディション番組の決戦に臨む尹夏沫は、母から教わった歌を勝負曲に選んだ。そして、ついに優勝者が決定する。長い戦いを終えて、洛熙からデートに誘われると、2人で街へ繰り出すのだった。一方、歐辰の創業したモダンハイト社は、ゲームのイメージキャラクターをネット投票で決めることになり、夏沫を含む10人が候補者に選ばれた。新たな戦いの火ぶたが切られ、人気に陰りが見え始めた姚淑兒は焦りを隠せず、笑顔の仮面が剥がれていく。
第14話ゲームのイメージキャラクターを決めるネット投票が世間で話題となっていた。不動の人気を誇る沈薔が辞退すると、ますます白熱の様相を呈するように。じっと反撃の機会をうかがっていた姚淑兒は、スキャンダルを暴露して薇安を1位の座から引きずり下ろす。しかし、尹夏沫が洛熙とデュエットしている動画が出回ると、あっさりと夏沫に抜かれてしまう。オーディション当日、夏沫は迎えの車に乗り込むが、そのまま連れ去られてしまい…。

« 1 2

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

DATVカスタマー 03-6809-6282

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ