「とにかくアツく掃除しろ!」のあらすじ

高校のときに母を亡くしたキル・オソル(キム・ユジョン)。好きだった陸上競技もやめ、他の同級生が就職準備に勤しむ中、なんでも屋やアルバイトを掛け持ちし、学費と生活費を稼いできた。そのためか自らの身なりには無頓着だ。唯一の癒しは3年間片想い中のドジン先輩を眺めることだったが、先輩が自分の気持ちをもてあそんでいたことを知り、ショックを受ける。そんな中、やっと就職先が決まり喜ぶオソルだったが、そこで出会った男ソンギョル(ユン・ギュンサン)は重度の潔癖症で、当然2人は馬が合わない。しかしオソルの正直さや明るさに触れ、人間嫌いのソンギョルも次第に心を開くようになり…。

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話幼いころから続けてきた大好きな陸上競技をやめ、アルバイトを掛け持ちしながら就職活動に励むキル・オソル。オソルはある日、父親の代わりにごみ収集の仕事に向かうことに。その途中、憧れの先輩ドジンと偶然出会ってしまい自身の姿を隠そうとするが、清掃会社のCEOチャン・ソンギョルと事故を起こしてしまう。そのせいで350万ウォンという多額の賠償金を請求され、あげくにドジンにも正体がばれてしまう。しかしドジンはそれでもオソルに優しく接し、オソルを自分の就職先の会社に招待するがそれはオソルを利用するために過ぎなかった。オソルは深く傷つき、先輩に用意したプレゼントとソンギョルに返すロボット掃除機の袋を間違えて渡してしまい…。
第2話失恋したオソルはソンギョルにドジンへのプレゼントと手紙を誤って渡してしまったことに気づく。しかし、そのプレゼントの中身が弟のオドルに入れ替えられており…。また、オドルは部活の先輩のヨンシクと彼の恋敵に決闘を挑むが警察沙汰になってしまう。そんな中、就職活動を続けるオソルは書類審査に合格しソンギョルに350万を返済すると宣言してしまう。しかし、予想外の連続で面接はうまくいかず、結局とある清掃会社の体力テストを受けることになるオソル。そこには恋敵と決着をつけるために試験を受けに来たヨンシクがいて、2人とも合格するが、その清掃会社はなんとソンギョルの会社であった…。
第3話ソンギョルの会社に就職し社員研修を終えて仕事を本格的に始めるオソル。初日にはもめ事を起こしてしまうがソンギョルに助けられ、同僚たちと日々楽しみながら仕事をしている。そんな中、新入社員の歓迎会が行われオソルはひどく酔ってしまう。そんなオソルをソンギョルが家まで送ることになる。他人を車に乗せることに抵抗があるソンギョルであったがなんとか家の前まで送ると、そこにはドジンの姿があった…。その後もドジンから連絡がありオソルはもう会うことはないと伝えるが、清掃の仕事中に偶然ドジンに出くわしてしまう…。
第4話ドジンのせいでソンギョルの唇を借りてしまったオソル。ソンギョルは気絶してしまい、潔癖症の病状が悪化してしまう。それを心配したクォン秘書の勧めでソンギョルはアメリカ時代の主治医の弟子と連絡を取るようになる。一方、オソルの家に住み着いているチェ君に神経精神科医と名乗る男性が訪ねて来て、オソルの彼に対する謎は深まっていく。そんな中、年に一度オソルがおしゃれをする母親の命日が訪れる。オソルは今年も変わらずおしゃれをして出勤するが依頼先で依頼主の大切なフィギュアを壊してしまう。また、依頼主をなんとかなだめたソンギョルは母親の命日とは知らず、勘違いをしてひどい言葉でオソルを叱ってしまう。
第5話依頼先でのミスでソンギョルにひどく怒られて会社から出ていけと言われてしまったオソルは落ち込んだまま母のお墓に向かう。そこには何者かがお供えしたオソルが大好きな乳酸菌飲料があり、その人物を探しに行くが一足間に合わなかった。一方、オソルにひどい言葉を浴びせてしまったソンギョルは謝ろうとオソルの家まで向かいまた出勤しろと告げる。再び会社に出勤したオソルであったが、作業中に足を滑らせてはしごから落ちてしまう。それを助けたソンギョルであったが腕もけがをした上に再び失神してしまう。失神した原因を知ったソンギョルの母はオソルのことが気になり会いに行くが…。
第6話ドキュメンタリー番組や主治医の言葉でオソルと気まずくなってしまったソンギョルは朝からオソルにひどい仕打ちをしてしまう。また、そんなオソルは自分のせいで怪我をしてしまったソンギョルに牛骨スープを作って渡そうと家まで向かう。しかし家には、主治医の教えで休憩室から持ってきたオソルのマグカップがあり、ソンギョルはオソルを無理やり追い出してしまう。一方、作業中であったジェミンとヨンシクであったが2人は偶然ドンヒョンとヨンシクの片思い相手ウンヒが一緒にいるところを目撃してしまう。また、その日はドンヒョンが休みだったためオソルはひとりで作業をしていたが、その依頼主はブラックリストに登録されていて以前から悪い噂のある顧客で…。
第7話母親と言い争いその勢いでオソルにひどい言葉を浴びせてしまったソンギョルは再びオソルを傷つけてしまう。一方、オドルがテコンドーで大学に合格したお祝いに一緒に食事をしていたヨンシクはうっかりオソルが清掃会社で働いていることを話してしまう。オソルが清掃会社で働いていることを知ったオドルはオソルの職場まで連れ戻しにやってきてしまう。また、オソルの友人であるジュヨンが大学の特別講義に出席するが、そこにはオソルの家の屋上に住むチェ君の姿がありオソルを呼び出すジュヨン。また、時を同じくしてオソルに謝ろうと社内を探すソンギョルであったがオソルが大学に行ったと聞いて大学に向かうが…。
第8話ついにオソルに思いを伝えた屋上の男チェ君。告白されたオソルは状況が掴めず動揺し、気まずくなってしまう。一方、大学で自分の主治医がオソルに告白をしているところを目撃してしまったソンギョルは彼の正体を疑い、直接チェ君に会いに行く。オソルについて質問されたソンギョルはオソルのことがさらに気になるようになってしまう。そんな中、クォン秘書からのお願いで、オソルが彼女の代わりに1日ソンギョルの秘書をすることになる。クォン秘書の代わりをなんとか務めたオソルであったが父親にも清掃会社で働いていることがバレてしまい、会社を今すぐ辞めろと言われてしまうが…。
第9話ソンギョルの説得も力になり父親に仕事に対する思いを認められて、復職することになったオソル。会社では同僚たちにも歓迎され、復帰のお祝いに焼き肉を食べに行く。一方、それを知ったソンギョルはオソルのことがどうしても気になってしまい、おしかけてしまう。その後、一緒に帰ることになったオソルとソンギョルであったがその道中でオソルはソンギョルにチョコレートをプレゼントする。無事復職したオソルであったが、依頼先で書類を無くしたという疑いをかけられてしまう。実際にはオソルのミスではなかったのだが、ソンギョルがオソルをかばったことにより訴訟問題にまでなってしまい…。
第10話法律事務所の一件で会社を辞めたオソルはクォン秘書に頼まれソンギョルの家で住み込みの家政婦として働くことになる。他人と住むことに抵抗があったソンギョルとそれに驚いたソンギョルの母親に反対されるがなんとか2人を説得しソンギョルの家に住むことになったオソル。しかし家事の仕事どころかむしろ家を汚してしまう。それに耐えられないソンギョルであったが、以前から好意を持っていたオソルと暮らすことを楽しんでいた。そんな中、ソンギョルの祖父に呼び出されたオソル。彼はオソルにソンギョルの潔癖症を治してくれれば弟の問題を解決してくれるという。しかしそれにはソンギョルを好きになるなという条件があり…。

1 2 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

DATVカスタマー 03-6809-6282

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ