「赤い月青い太陽(原題)」のあらすじ

児童カウンセラーとして働くチャ・ウギョン(キム・ソナ)は、夫と娘と生まれてくるお腹の子の誕生を心待ちにしていた。いつものように児童相談センターでカウンセリングを終えて、帰路に着こうと車を運転していると、1人の女の子が突然、車の前に現れた。突然のことでブレーキが間に合わなかったウギョンはその子を轢いてしまう。警察で事情聴取を受け詳細を話していると、病院に運ばれたその“男の子”は亡くなったという一報が入る。自分が轢いたのは確かに緑の服を着た“女の子”だったと主張するウギョンだったが、警察に見せられた実際の映像は、男の子だったのだ…。自分が見たのは絶対に女の子だったのに…。では一体あの女の子は誰なのか?そして亡くなった男の子の遺留品にあった謎の詩の意味とは何なのか?運命に導かれるように、次々と事件に巻き込まれるウギョンは、現場に残された詩を手掛かりに全ての真実を暴こうと動き出す。

番組紹介へ

各話あらすじ

第11話 父親への恐れハナの父親の家を捜査するジホンとスヨン。ウギョンとハナの姿が見当たらず、ジホンはウギョンに電話をするが、目の前でウギョンの携帯電話が鳴っていることに気づく。そして、ジホンたちは家の庭先で、父親がなぜハナを引き取ろうとしたのか、その理由となる重大な秘密を発見する。一方、ハヌルセンターでは、先代である大先生が訪れ、息子である現センター長は恐縮した態度を見せる。そんな様子を横目に、ウンホは、大先生と親しげに接する。
第12話 連鎖 容疑者ともみ合ってケガをしたジホンは、病院のベッドで目を覚まし、スヨンにハナが言った”いい人のお顔”が何だったのかを話す。そしてジホンたちが解明しようとしていたサイトは消え、捜査は行き詰まってしまう。一方、ウンホの部屋を訪ねたセンター長は、ユンという人物の話を出して怒り出し、暴行する。そんな中、ジホンはある強盗殺人の現場に呼び出される。そして、その事件の被害者がハヌルセンターの元職員であるユンだと聞かされ…。
第13話 容疑者の矛盾センター長が作った多額の借金により、ハヌルセンターは差し押さえられる。その頃、ジホンは”赤い涙”の容疑者となったセンター長の捜査を進めていた。しかし、調べるほど、センター長が”赤い涙”であることに違和感を覚えていた。一方、ウギョンは妹セギョンのカバンから、ウギョンと実母、そして”緑の服の女の子”が一緒に写っている写真を見つける。そんな中、ウンホは思いを遂げるために、幼い頃から親代わりだった大先生を訪ねる。
第14話 閉ざされた記憶の扉ウギョンは精神科の医師ユン・テジュを訪ね、ウンホから「記憶を思い出せば地獄が始まる」と言われたことを話す。そして、7歳より前の記憶がないことに気づいたウギョンは、テジュの勧める催眠療法を始める。一方、ジホンはウンホが親しかったカン・ミンギとの遭遇をきっかけに、以前のひき逃げ事故が”赤い涙”と何らかの関係があると考え出す。再捜査する中、加害者となった留学生のために、多額の示談金を肩代わりした人物が浮上する。

« 1 2

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

DATVカスタマー 03-6809-6282

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ