「レベルアップ(原題)」のあらすじ

企業の構造改革と再構築を専門とする流星CRCの本部長アン・ダンテ(ソンフン)は、不渡りを出した会社を100%の確率で再生するエースとして名を馳せている。だがその名声が高いだけに、冷たい口調と冷血漢のような毒舌で悪名も高い。不渡りを出した会社のストライキを止め、短い休暇を計画している間に、流星CRCのパク会長は、ダンテに次の作業として<ジョイバスター>というゲーム会社を推薦した。かつては人気ゲームを発表し、順風満帆かに思えたが、相次ぐゲームの失敗により結局は不渡りを出した会社だった。しかし、ダンテはゲームに対する子供の頃の嫌な思い出のせいで、ゲーム会社を担当することを拒否したまま、休暇に入ってしまった。一方、ジョイバスターの企画チームに勤務するヨナ(ハン・ボルム)は、会社の経営権の引継ぎをしているプロジェクトが中断したとの連絡を受け、ゲームフェスティバルブースの撤去のために釜山に向かう。しかし、その道も苦難の連続だった。ジョイバスターの株主たちが、かつては会社の顔だったヨナを攻撃しているためだ。ヨナは、ひとしきりストーカー株主にやられたせいで、ダンテまでそれだと誤解してしまう。この流れでゲームフェスティバルのアルバイトをしていたハンチョル(チャ・ソヌ(B1A4 バロ))が、ヨナを助けるためにダンテに頭突きをし、ダンテは病院に運ばれ・・・。

番組紹介へ

各話あらすじ

各話あらすじはありません。

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

DATVカスタマー 03-6809-6282

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ