「神龍<シェンロン>-Martial Universe-」のあらすじ

太古の昔、侵入した魔物によって人間界は恐怖に脅かされるが、符祖という名の英雄が天地の力を込めた護符で魔物を封印して人々は救われた。それから時は流れ、魔物は再び人間界へ侵略を開始し、封印を解くため世に散らばった護符を探し始める。一方、無鉄砲でお調子者な青年・林動(ヤン・ヤン)は、問題ばかりを起こして一族からも蔑まれていた。そんな中、不思議な巡り合わせによって偶然護符を手にした林動。それは符祖の後継者として人間界を魔界から救うための宿命だった。数奇な運命に導かれた林動は、世界の平和を守るため護符を狙う邪悪な勢力へと立ち向かっていく。

番組紹介へ

各話あらすじ

第41話 三宗の腕試し三王を倒し、つかの間の平穏を取り戻した人間界。だが視力を失った林動は、昇殿への意欲を失っていた。三宗合同で年に1度開かれる腕試しが間近に迫り、今年は焚天古蔵での開催が決定される。当初は宗主や兄弟子たちの参加の勧めを渋っていた林動だったが、焚天古蔵の地図が護符の在りかを示す精神地図であることを知り、腕試しに参加することを決意する。道宗、元門、太清宮、三宗それぞれの思惑を秘め、腕試しが始まるが…。
第42話 魔道に落ちて焚天古蔵に妖潮が襲来、元門のみが逃走するが、道宗や太清宮の弟子は妖潮に襲われ、林動は目の前で莫凌と蒋浩を失ってしまう。林動は林琅天に妖潮のことを問い詰めるが、林琅天の体から魔物の隕霊を感じ取る。林琅天に問い詰められた穆仟仟は、林琅天が七王と一体化したことを伝え、魔皇に会わせることに。一方、林動の身を案じた応歓歓は悟道に扮して林動に寄り添う。そんな彼女も氷主になる最終段階を迎えようとしていた。

« 1 2 3 4 5

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

DATVカスタマー 03-6809-6282

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ