「青い海の伝説」のあらすじ

1598年、激しい嵐で海岸に打ち上げられてしまった美しい人魚セファ(チョン・ジヒョン)は、権力者で商人のヤンに捕まってしまう。ヤンは新しく赴任してきた県令のキム・タムリョン(イ・ミンホ)に取り入るため捕らえた人魚を見せるが、人魚を哀れに思ったタムリョンは、人魚を自由にするよう命じる。時は流れ、現代のソウル。タムリョンはホ・ジュンジェ(イ・ミンホ)という稀代の詐欺師に生まれ変わり、世界をまたにかけて詐欺を働いていた。そんなある日、スペインに滞在していたジュンジェは、ホテルの部屋で見知らぬ女性を発見。それは、初めて陸に上がってきた人魚(チョン・ジヒョン)だった。ジュンジェは言葉も話せず、すぐ他人を信じてしまう純粋で無防備な彼女を放っておくことができず…。

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話1598年8月、江原道の歙谷。新任県令のタムリョンはヤン氏の旅館を訪れた際、生け捕りにされた美しい人魚と出会う。人魚を哀れんだタムリョンは、ヤン氏の罪を口実に人魚を海に逃がす。それから時は流れて現代のソウル。そこには詐欺師として生きるジュンジェの姿があった。
第2話スペインを訪れたジュンジェは1人の美しい女性と出会う。その女が人魚だとは夢にも思わないジュンジェは、自分を待ち続ける女を見捨てることができずホテルに連れて帰る。一方、ジュンジェにだまされ憤慨したジンオクは追っ手を放ち、ジュンジェと人魚は追われる身となる。
第3話海に飛び込み、気がつけば砂浜にヒスイの腕輪と1粒の真珠とともに1人残されたジュンジェ。そして、ソウルに戻ったジュンジェはナムドゥから腕輪について聞かれるも、その記憶がなく困惑する。一方、人魚はジュンジェとの約束を守るため、海を渡ってソウルを目指す。
第4話ジュンジェは警備員に追われる女に妙な既視感を抱き、その女を助け出し家へ連れていく。そして、名前がないという女に“シムチョン”という名前を付ける。一方、殺人容疑で収監中に脱走したデヨンが行方不明になって3か月。ジュンジェの隣家で殺人事件が発生する。
第5話ジュンジェは、シムチョンに妙な感情を抱きつつも、スペインでのことを話そうとしないシムチョンを家から追い出してしまう。しかし、ジュンジェは初雪の日に南山で会いたいというシムチョンの願いを叶えるために南山へと向かう。一方、シムチョンも南山へ向かうが…。
第6話シムチョンが事故に遭ったと知ったジュンジェは、駆けつけた病院で真っ青になって横たわるシムチョンを発見する。車を運転していたのはジュンジェの兄チヒョンで、ジュンジェに運が悪かっただけだと弁解する。一方、ナム部長はイルジュンの車の中にあった盗聴器を発見し…。
第7話シムチョンはソウルで暮らす男の人魚ジョンフンに出会い、男を落とすためには“嫉妬”が必要だと教わる。ジョンフンに協力してもらいジュンジェとの距離を縮めていく。一方、高利貸しの男が殺害された事件の手がかりを探していたホン刑事は、デヨンに出くわすが…。
第8話愛する女性と結ばれなかったジョンフンは、心臓が固まり命が果てるのも時間の問題だと言う。シムチョンは自分も同じ道をたどるのではないかと悲しむ。一方、ナム部長と連絡が取れないことを不審に思ったジュンジェは再び連絡を試みるが、ナム部長の携帯はデヨンの手にあり…。
第9話ナム部長が入院する病院でイルジュンに再会したジュンジェはつらい過去を思い出し、父親を冷たく突き放す。シムチョンは、必死に心の痛みを隠すジュンジェを抱きしめる。そんなある日、ジュンジェは自分を襲った男が脱走犯のデヨンで、シムチョンにまで接近していたと知り…。
第10話ジュンジェは夢の中で何度もメッセージを送ってくるタムリョンの正体が分からず悩み苦しむ。一方、計画どおりジンジュの家に招待されたジュンジェとナムドゥは、シムチョンとともにジンジュの家へ向かう。シムチョンは、あとになって詐欺に加担したことを知り…。

1 2 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

DATVカスタマー 03-6809-6282

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ