「ドクター探偵(原題)」のあらすじ

ジュンウン(パク・ジニ)は医者として救急センターでアルバイトをし食いつないでいたがUDC(未確認疾患センター)の所長に抜擢されUDCのスタッフとなり様々な医療事故や労働災害を追跡するドクター探偵となった。ここで子供のように自由にふるまうホ・ミンギ(ポン・テギュ)と出会い彼の片腕となって働くようになる。産業界の激しい競争の中で、次々に起こる労働者たちを脅かす不条理を目の当たりにし事件を捜査していくのだが、そこには大企業の思惑と陰謀が隠されていた。

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話医療事故の件で医師免許を停止され、労災問題を解決するドクター探偵の仕事をしているジュンウン。UDCのコン所長からスカウトを受けるが働く意欲を失ったジュンウンは誘いを断る。そんな中、近所に住む青年のハランは過酷な状況下で地下鉄のホームドアの補修の仕事を強いられていた。ハランを心配するジュンウンだが、親孝行したい一心のハランは助言を聞き入らない。ある日、筋力が低下したハランは線路に落ちてしまうのだが…
第2話懸命の祈りも届かず逝ってしまったハラン。彼の死をTLグループは飲酒による自己過失だとねつ造し、隠ぺいしようとしていた。それを見たジュンウンはTLに立ち向かうことを覚悟しハランの事故を調査していたUDCに合流する。仲間とともに事件の調査を進めるうち、ジュンウンは薬物中毒の疾患を疑うが、警察から証拠を隠滅されたせいでなかなか確証をつかめない。そんな中、ミンギは警察署を張り込み証拠を手にする作戦を考える。
第3話ジュンウンがUDCに合流し、ミンギは自分のチーム員になると勝手に誤解するが、ジュンウンの肩書はチーム長。事実を知ったミンギはUDCを去ると言うが、相手にしない所員たち。実はミンギの父も仕事中に無念の死を遂げていた。そんな中、職業性喘息を疑われる事件が舞い込んでくる。待遇の悪いパン屋で起きた喘息発作による死亡事件、そして新たに発生した喘息患者。UDCは喘息の原因を突き止めることができるのか。
第4話ジュンウンが車にひかれかけた。疑わしいのはTLの社長で元夫のテヨンだと主張するジュンウン。しかしテヨンの妹であるミンは“兄は今でもお義姉さんを忘れられずにいる”とジュンウンに告げる。一方、職業性喘息の原因を突き止めたいUDCだが原因となる物質を探し当てられずにいた。そんな時、UDCの敷地内で1本のメモリーカードが発見された。中の映像を見たイルスンとジュンウンは、ハランの死因がノルマルヘキサン中毒ではなかったことを悟り…

1

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

DATVカスタマー 03-6809-6282

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ