ジェシカ、脱退後はじめて少女時代に言及 「大切な存在」

2017/08/09



ジェシカが、グループ脱退後はじめて少女時代について言及した。
9日、韓国芸能専門メディアが、3rdミニアルバムをリリースするジェシカに対しておこなったインタビューを公開。
ジェシカはインタビューの終盤まで少女時代に関してずっと触れなかったものの、インタビューの最後に、「少女時代は、自身にとってどのような意味を持っているか」との問いに対し、「幼い頃から一緒に活動してきた大切な絆。大切な存在だと思う。私にとって、消えることのない素敵な時間だったと思う」と述べ、その胸中を告白した。
また、「すべてのことを共に経験した。辛いことも楽しいことも」と当時を振り返った。さらに少女時代として活動していた時期について、「もちろん忘れられるはずがない」と答えた。
そしてメンバーへのコメントを求められると「ずっと一緒にいてくれてありがとう。多くは話せないが、今回の(アルバムの)曲の歌詞に込めた。これを私の本当の気持ちだと思ってくれたら嬉しい」と述べ、メンバーへの想いを曲に込めたことを明かしている。

写真:THE FACT DB
THE FACT | ペク・ユンホ

 

提供:THE FACT JAPAN 無断転載, 再配布禁

<前の記事へ

次の記事へ>

<芸能ニュース一覧へ

ページの先頭へ