miss A ミン、JYPとの専属契約が終了

2017/11/09



ガールズグループmiss Aのメンバー・ミンが、所属事務所のJYPエンターテインメントと専属契約が終了した。
JYPは9日、「ミンとの再契約について議論中でしたが、最終的に再契約はしないことと決定し、契約は終了になりました」とし、「miss Aの今後の活動については、まだ決定した内容はありません」と公式にコメントした。
2010年にデビューしたmiss Aは、韓国人メンバーのスジとミン、中国人メンバーのフェイとジアで構成された4人組ガールズグループ。デビュー曲「Bad Girl Good Girl」が大ブレイクとなり、JYP出身アーティストの中ではもっとも高い成績を収めた。デビュー21日で音楽番組1位、その後、地上波「ミュージックバンク」でも1位を記録し、当時、韓国の女性アーティストの中では最短期間で地上波1位を獲得した。韓国最大の音源サイトであるMelOnでも1位をマーク。4週連続首位を記録し、SBSの「人気歌謡」でも1位となり、韓国の音楽ランキング番組すべてを席捲しながら、センセーションを巻き起こした。
しかし、2016年にメンバーのジアが契約終了とともに脱退を決心。フェイは更新をしていたが、今回ミンもJYPを離れることになり、メンバーはスジとフェイだけが残ることに。これにより、一部ではグループ解散説まで提起しているが、JYP側は「解散ではない」と立場を明かした。

写真:THE FACT DB
THE FACT JAPAN

提供:THE FACT JAPAN 無断転載, 再配布禁

<前の記事へ

次の記事へ>

<芸能ニュース一覧へ

ページの先頭へ