ナム・ジュヒョク「『力道妖精キム・ボクチュ』最後の撮影…最後までおもしろかった」ファンと疎通(Vアプリ)

2017/01/11

%e3%83%8a%e3%83%a0%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%83%92%e3%83%a7%e3%82%af
俳優ナム・ジュヒョクが、MBCドラマ『力道妖精キム・ボクチュ(原題)』放映終了を控えてファンと疎通した。

ナム・ジュヒョクは10日午後、NAVER V LIVEを通じて「願いを叶えるナム・ジュヒョク」の生放送を進行、「『力道妖精キム・ボクチュ』の最後の撮影が昨日(9日)終わった」と話した。

引き続き彼は「最後の16話もおもしろい予定なので期待してほしい」と付け加えて期待感を高めた。
この日ナム・ジュヒョクはまた「『力道妖精キム・ボクチュ』を撮影してずいぶん痩せてしまった」とし、「始める時は体重が76kgだったのに、回を繰り返すほどますます減って今は71kgだ」と、話して目を引いた。

ナム・ジュヒョクは劇中、水泳選手チョン・ジュンヒョン役を熱演、水泳の練習や競技シーンで見せたマッチョなボディーで話題を集めた。
引き続き彼は「運動をするドラマなので、体重が落ちるのは仕方なかった」と説明した。

ナム・ジュヒョクが活躍した『力道妖精キム・ボクチュ』は11日午後10時に最終回が放送される。

[写真:Vアプリ LIVE]

提供:©innolife and kntv  無断転載, 再配布禁

<前の記事へ

次の記事へ>

<芸能ニュース一覧へ

ページの先頭へ