結婚したい女

三十路女の本音が大爆発

三十路女の本音が大爆発

放送日
放送は終了しました

視聴方法

■いきなり視聴率 30%を超えた期待のドラマ

“結婚はしても後悔、しなくても後悔”というが、いつの世にも後悔することをしたくて仕方がない女たちがいる。このドラマには、そんな女たちの等身大の姿が生き生きと描かれている。現実的なエピソードと、痛いところを突くセリフが視聴者の心に自然に響いてくるのかもしれない。特にミョン・セビンが肛門科で治療を受けたり、結婚紹介所の広告に掲載されたりするエピソードは実話に基づいてるせいか、かなりリアル。今を一生懸命に生きる彼女たちの切羽詰った姿に、自分を重ねる人も多いはず。 一年ぶりのドラマ出演となるミョン・セビンは、清楚で可憐なイメージを徹底的に崩し、イ・テランは、ユ・ジュンサンをモノにしようとあがく演技で注目を集める。そしてバツイチ役のピョン・ジョンスは、持ち前のカリスマ性で現実とドラマのギャップを見事に埋め、小気味いい演技を披露する。個性豊かな女たちが立ち向かう人生最大の難関、結婚。自分の力で人生を生きぬくために果たしてどんな方法でくぐり抜けるのか、見逃せない。

出演 : ミョン・セビン、イ・テランほか
提供元 : MBC
話数 : 全18話
韓国放送日 : 2004年04月21日
KNTV初放送 : 2004年12月04日

あらすじ

世の中に 30代の独身キャリア・ウーマンがあふれかえっている理由…。 恋愛や結婚よりも、自分の夢に向かってひたむきに生きてきた女たち。30才を過ぎる頃にはある程度仕事も認められ、欲しいものが手に入り、心にもゆとりができる。そんなとき、ふと心の奥に寂しさがよぎる。その隙間を埋めるかのように頭をかすめてしまうのが「結婚」の2文字だ。しかし、時すでに遅し。同じ年頃のイケてる男たちは、悲しくも結婚だけを目標に生きてきた若い女に根こそぎ取られ、残っているのはロクでもない男か、人生に失敗したバツイチだけ。それぞれが何らかの理由で、独身のままに生きてきたはずなのに…。    このドラマは、そんな彼女たちの生き様から、人生に対する悩み、誰もが感じている孤独感、そして結婚によって孤独から抜け出せると信じてしまう最悪の幻想を見つめ直す。決して思い通りにならない人生、恋、孤独に対する不安を、パワーみなぎる30過ぎの独身キャリア・ウーマンを通して抱腹絶倒のコメディータッチで描く。

登場人物

ミョン・セビン(イ・シニョン役)
テレビ局の報道局社会部特別企画チームの記者。 大学院を卒業後、放送局の記者テストに合格。明るくポジティブな性格で、情が深く熱血漢でいながら愛らしい。 持ち前の積極性を生かした取材で特ダネ賞を受賞した後、アンカーのオーディションを受けることになり、万事、順風満帆に進むかと思いきや、長年つき合ってきた彼氏に突然フラれてしまう。

イ・テラン(チン・スネ役)
元スチュワーデス。幼い頃母親を亡くし、病気の父親とその妹である叔母、叔母の娘を養っているタフ・ウーマン。くそ真面目で、よく笑い、よく泣く。友だちのためにひと肌もふた肌も脱いでしまうほど義理堅い。出会いはあるものの、結婚後も実家の家族を養わなければならないと打ち明けるたびに、男に逃げられてしまう。

ビョン・ジョンス(チャン・スンリ役)
恋愛のエキスパート。裕福な家庭で何不自由なく育ったせいか、他人が傷つくことなどおかまいなしで言いたいことをズバズバ言うタイプ。

ユ・ジュンサン(シン・ジュノ役)
大腸肛門科の専門医。小学生の頃、シニョンにプロポーズしたが、 5年生で地方に転校して20年の月日が流れる。両親は田舎で書店を経営し、弟は農協に勤務。実家はそれほど裕福ではないが、勉強もそこそこできて、ルックスもいい自分に少しずつ 自信が出てきて出世欲が芽生えはじめる。

イ・ヒョンウ(キム・ジフン役)
総合病院の肛門外科病院長の末息子。バツイチで、一家の問題児。 さっぱりした性格のモテモテ男で女には不自由しないが、誰にも本音を語ろうとしない。 医師になることを望んでいた父親に反発して、美大の西洋画学科に進学する。在学中、親の反対を押し切ってつき合っていた女と結婚し、アメリカへ逃亡する。しかし、苦労し続けた留学中、彼女に裏切られて、心を閉ざしてしまう。

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ