亀巖(クアム)ホ・ジュン

日本の韓国ドラマブームの火付け役の一つとなった名作、『ホジュン~宮廷医官への道』の2013年リメイク版!

日本の韓国ドラマブームの火付け役の一つとなった名作、『ホジュン~宮廷医官への道』の2013年リメイク版!

放送日
放送は終了しました

各話あらすじ

視聴方法

日本の韓国ドラマブームの火付け役の一つとなった名作、『ホジュン~宮廷医官への道』の2013年リメイク版
崇高な人間愛と不滅の業績で敬われている「東医宝鑑」の著者、ホ・ジュンのドラマチックな人生を描いた感動の韓国時代劇

<日本初>※日本語字幕


■ 出演
キム・ジュヒョク(『武神』)、パク・ジニ(『ジャイアント』)、ナムグン・ミン(『私の心が聞こえる?』)、パク・ウンビン(『階伯』)、ペク・ユンシク(『根の深い木』) ほか

■ 企画
シン・ヒョンチャン
『私の美しい郵便配達夫』『ある素敵な日』『どなたですか~天国からのメッセージ~』

■ プロデューサー
ユ・ヒョンジョン
『大長今』『善徳女王』『最高の愛~恋はドゥグンドゥグン~』『神々の晩餐』

■ 脚本
チェ・ワンギュ
『光と影』『マイダス』『アイリス』『太陽を飲み込め』
『総合病院2』『風の国』『食客』など多数

■ 演出
キム・グンホン
『階伯(ケベク)』『チャクペ~相棒~』『善徳女王』『イ・サン』『朱蒙』など多数

■ 演出
クォン・ソンチャン
『深夜病院~傷だらけの復讐~』『嵐の恋人』

■ 報道資料
1.三つの観賞ポイント

#.当代最高の名優たちにより再誕生する登場人物
去る13日に開催された『亀厳ホ・ジュン』制作発表会で、ユ・ウィテ役で出演するペク・ユンシクは、今まで「ホ・ジュン」を演じた俳優との違いについて、「同じ役割でも演じる俳優によって、違う味が出るものだ」といい、これまでのキャラクターが新しく演じる俳優たちによって、生まれ変わると語った。

#.亡き父に続き、ホ・ジュンを演じるキム・ジュヒョク、
「人間的なホ・ジュンの面貌をお見せする」

『亀巖ホ・ジュン』の主役「ホ・ジュン」役は、1975年の故キム・ムセンに続き、キム・ジュヒョクが抜擢された。父子が「ホ・ジュン」という同じ役割を、約40年という時間を経て演じることになる。キム・ジュヒョクは、「運命だと思う。ホ・ジュンの名声を引き継ぐからには、今回の作品で医聖ホ・ジュンの姿とは違う、人間ホ・ジュンの多様な面貌をお見せしたい」と語り、今までとの差異を強調した。

#.ダイナミックで早い展開、時代精神を加えて、ホ・ジュンをワンランクアップ
1999年放送当時、平均視聴率53%(ニールセン首都圏基準)、最高視聴率64.2%を記録した『許浚』を執筆したチェ・ワンギュ作家が、『亀巖ホ・ジュン』も直接執筆した。今までの重々しいテーマに時代を反映させた斬新な展開を加え、アップグレードを画した。

2.ホ・ジュンのキャラクターの進化はどこまで
キム・ジュヒョクのホ・ジュンに期待が増幅。21日の放送分から、成人俳優たちが大挙して登場した。10年後の主人公たちの姿を描き、速度感のある展開を繰り広げた。
成人したホ・ジュンは密貿易商として金を稼ぎ、賭博に酒にけんかに明け暮れ、「龍川の暴れ犬」として強烈な登場をした。10年前の聡明だった少年ホ・ジュンとは違う、正反対のキャラクターに、視聴者は新鮮な衝撃を受けた反面、新しく再解釈したキム・ジュヒョクのホ・ジュンに期待感を隠せなかった。だが一方では、庶子出身の鬱憤を嵐のように胸に抱いて苦しむ姿と、子供時代に仲の良かったミヒョンの死に傷ついた人物として描きだし、複合的なキャラクターを完成した。特にこの日、医員の家に、重病の父を伴ってきたダヒと初めて出会ったホ・ジュンは、子供時代のミヒョンを思い出して、彼女を助けることにする。ダヒとの関係を通して、もう一度新しい人物としての変化を予告した。キム・ジュヒョクが見せてくれた新しいホ・ジュンは、14年間数回に亘って再解釈されたホ・ジュンとは確実に違い、今後描かれる『亀巖ホ・ジュン』のストーリーに期待が高まった。
(MBC公式HPより)

■ 人物相関図


崇高な人間愛と不滅の業績で長く崇められている、「東医宝鑑」の著者、ホ・ジュン(許浚)のドラマティックな人生と、東洋医学の世界をドラマ化する。ホ・ジュンの一代記は、1975年にイ・ウンソン脚本の連続ドラマである、『執念』143回を始めに、翌年にはイ・スンジェ主演の『執念』が映画化された。その後、テレビでは1991年に14部作の『東医宝鑑』、1999年に特別企画64部作の『許浚』が放送されて、爆発的な反響を起こした。 特にドラマ『許浚』は、63%という驚異的な視聴率を記録した、MBCドラマの大きな財産だ。2013年、新しく誕生する『2013亀巖ホ・ジュン』は1999年放送のリメイク作品だ。しかし、王と王族中心の宮中史劇一辺倒から脱却して、封建時代の下流層に属する人物を中心に、彼らの哀歓と束縛を深く掘り下げて描写する。1人の人間の人間勝利過程と、彼の不滅の業績を追跡するヒューマンドラマと銘打つならば、新ドラマ『2013亀巖ホ・ジュン』は、原作にもなかったホ・ジュンの幼年時代を描き、イェジンとユ・ドジ、ダヒなどの主要人物を現代感覚に合うように脚色し、壬辰倭乱(文禄慶長の役)が起きた激動の時代背景から新しい人物を発掘して、前作との差別化を図る。 『2013亀巖ホ・ジュン』は朝鮮時代の身分の壁を越えた人間勝利のドラマだ。「東医宝鑑」は400年という時を超えて、「ユネスコ世界記録遺産」に登録されている。死んだホ・ジュンが、21世紀にも人類の難病を治療しているのだ。それで、ドラマの主な流れを人間ドラマと情報ドラマの2本の柱に分けた。人間ドラマ面では、ホ・ジュンの劇的な人生と波乱万丈の人生遍歴を描き、情報ドラマの側面からは、皆の関心事である健康問題を漢方治療の過程を通して紹介し、「ドラマ的な面白さと感動」と、「情報欲求の充足」という放送の2つの目標を達成する。

出演 : キム・ジュヒョク、パク・ジニほか
提供元 : MBC 2013 All Rights Reserved. 作品提供:ポニーキャニオン
話数 : 全135話
韓国放送日 : 2013年03月18日
KNTV初放送 : 2013年12月27日

あらすじ

郡の長官の子に生まれながら、低い身分の妾の子であるがゆえに蔑まれるホ・ジュン。学識の高さと度胸では一目置かれるものの、密貿易を行いながら、博打に喧嘩に明け暮れる自堕落な日々を送っていた。しかし、そんな日常がダヒとの出会いで一変、二人は恋に落ちる。反逆者として追われるダヒと彼女の父に加担した罪で、ホ・ジュンは故郷を追放される。辿り着いた山陰の地で、貧しい人々に医術を施すユ・ウィテを知り、ホ・ジュンは初めて人生を懸けるに値する目標を得る。医院では将来ライバルとなるドジや、医女イェジンとの出会いの中、仲間からいじめられる辛い下働きの日々が続く。そんなある日、ホ・ジュンはダヒと再会を果たす。ダヒを妻に迎え、一層医術の道に打ち込むホ・ジュンに、また新たな困難が訪れるのだった・・・。

詳細を見る

登場人物

ホ・ジュン役:キム・ジュヒョク
妾腹の子という頸木を背負わされたまま生きていく、義州龍川県監(*)の庶子。官婢だった母親が美しかった頃は、父親から学問と武芸の手ほどきを受けた記憶もある。しかし、若い妓女たちを側に侍らせて余生を送った父親は、それ以上ホ・ジュンには目もくれなかった。官婢の身分から救い出してやると言っても、父の側を離れない母親の未練がましい情が哀れなばかりだ。ある日、流刑地から逃げきた大逆罪人の娘のダヒに思いを寄せる。義州を離れた2人が定着した、慶尚道の山陰の地で夫婦の縁を結ぶ。そこで、名医のユ・ウィテに出会い、薬草採りとして新しい人生を始める。

この頃、医院で知り合ったイェジンの影響で、明の貴重な医学書を耽読しながら、本格的に医術を学び始める。ユ・ウィテの推薦で、右議政のソン大監夫人の中風を完治させるなど、日進月歩の勢いで医術を修得したホ・ジュン。だが、そのせいでユ・ウィテの息子であるユ・ドジから妬みを買い疎んじられて、医院から追い出されるという試練を経験したりもする。内医院の医官になった後も、たゆまず努力を積み重ねて、身分の壁を打ち破って、正1品の侍医になる。

(*)県監: 朝鮮王朝時代における県の長官。

イェジン役:パク・ジニ
早くに両親と死別し、父親の友人だったユ・ウィテに助けられて成長する。賢明で優雅で温情があり、医員になれる人材だが、兄妹のように育ったユ・ドジから女性として愛されるのが負担で医院を去る。季節が変わるたびに、ハンセン病患者の村と医院を往復しながら患者を看護し、ユ・ウィテとドジを手伝う平穏な日々を送る。

薬草採りなどをしながらも、医術を身につけようとするホ・ジュンに、自分の知識を分け与えてやり、医書を紹介してやりながら、医学への情熱が冷めないように配慮してやる。徐々に、ホ・ジュンを男として見つめるようになるが、彼には千里の道を物ともせず、山陰まで追いかけてきたダヒという女性がいることを知り、彼らの愛さえも見守ってやろうと努力する。

内医院の医女になってからは、宮中で様々な侮辱を受け苦難を体験するが、壬辰倭乱を経て、侍医になったホ・ジュンとともに、医官と医女たちが全民衆のために医術を施すべきことを、王と王室と大臣たちに認識させることに尽力する。

ダヒ役:パク・ウンビン
陰謀によって大逆罪人にさせられた父親の持病を案じながら、流刑地まで同道して看病する度胸がある。死の瀬戸際の父の病を治そうと男装までして、義州の密貿易商を訪ねていく。近隣の密貿易を掌握しているやくざ者のホ・ジュンに出会ったのもこの日だ。辛うじて生きている自分への、ホ・ジュンの過ぎた配慮がありがたくも申し訳なくもあって、龍川から一緒に逃げようという誘いを断るが、それが愛情であることに気づく。

医院で水汲みをしたり、薬草採りの仕事をするホ・ジュンの妻になりたいと言って、ホ・ジュンの母親のソン氏から許しをもらう。両班という殻を脱ぎ捨てて、夫に仕えて生きようと決心する。医術に邁進するホ・ジュンに代わって生計を立てようと、医院の手伝いに呼ばれて行って、両班の家の物を盗んだと誤解されたが、鞭で打たれても自分の選んだ人生を後悔しない。

ホ・ジュンが内医院の医官になった後、班常(*)の法に背いて、結婚したことがばれて危機に直面するが、賢明に苦難を乗り越える。

(*)班常:両班と常民(=平民)

ユ・ドジ役:ナムグン・ミン
父のユ・ウィテから医術を伝授され、医員になる準備を怠らない。小さな冠を被る中人(*)の身分から抜け出るために、内医院の医官になる事が人生の目標だ。国王の寵愛を受ける侍医になろうという訳だ。だが、まずは心医になれと教えを説く父親の心情を理解できずに、誤解ばかりが深まる。その上、科挙の試験で立派な答案を書いても、父と侍医のヤン・イェスの悪縁のせいで落ちてしまい、深い恨みがしこりになって残る。

挫折するたびに、ドジはイェジンを恋しく思うが、イェジンの気持ちは薬草採り風情のホ・ジュンに傾いているのを知って、絶望する。ドジは医院で雑用をこなすホ・ジュンを競争者だと考えたことはない。だが、ユ・ウィテがホ・ジュンの資質を認めて偏愛すると、徐々に不満が大きくなる。その後、内医院の医官に合格したホ・ジュンを敵のように思い、ヤン・イェスと組んでホ・ジュンに過酷な試練を与える。侍医になりたい欲望だけのため医術を施すドジと、心医になろうと努力するホ・ジュンの熾烈な競争が内医院で始まる。

(*)中人:両班と常人(平民)の中間の身分(医官、訳官など官庁の実務に従事)

ユ・ウィテ役:ペク・ユンシク
慶尚道の山陰地方最高の名医と知られた医員。名声だけでなく、病人を憐れむ心医として褒め称えられる。だが、彼も一時は卓越した鍼術の腕に自信満々で血気にはやって、内医院の侍医のヤン・イェスに赤恥をかかせた恥ずべき逸話もある。その上、ヤン・イェスとの悪縁のせいで、医科試験を受けた息子のドジが試験に落ちると、自戒の念がより深くなる。だがドジは医官という名前ばかりにこだわり、徐々に親子の間が離反していく。イェジンがドジの欲望を抑えてくれることを願うが、嫁として迎えることができない。

そして、ホ・ジュンとの運命的な出会い。医院の薬草採りたちと殴り合いを起こしたホ・ジュンが、人体の経穴を知り尽くしていることを看破して、医院で下働きしろと言って、彼を受け入れる。ホ・ジュンが医術に開眼できるように、厳しいながらもしっかりと教える。自分が胃癌で余命が短いことを自覚した後、ホ・ジュンに自分の遺体が温かいうちに解剖して、不治の病で死んでいく人々を救えと、遺言を残して息を引き取る。

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ