剣と花

高句麗時代の許されざる恋と権力闘争を描く最新作
オム・テウン主演 韓国版『ロミオ&ジュリエット』

高句麗時代の許されざる恋と権力闘争を描く最新作
オム・テウン主演 韓国版『ロミオ&ジュリエット』

放送日
放送は終了しました

各話あらすじ

視聴方法

高句麗時代の許されざる恋と権力闘争を描く最新作
オム・テウン主演 韓国版『ロミオ&ジュリエット』
<日本初>※日本語字幕


■ 出演
オム・テウン(『赤道の男』)、キム・オクビン(『銭の戦争』)、チェ・ミンス(『ハッピーエンディング』)、オン・ジュワン(『恋せよ シングルママ』)、イ・ジョンシン(『いとしのソヨン』)、ノ・ミヌ(『フルハウス TAKE2』)、パク・スジン(『花より男子~Boys Over Flowers』) ほか

■ 演出
キム・ヨンス
2008 伝説の故郷『鬼書』
2010 ドラマスペシャル『怖い奴と鬼と私』
2010 ドラマスペシャル『アリ洞のラストカウボーイ』
2011 ドラマスペシャル8部作『ホワイトクリスマス』
2012 『赤道の男』
2013 『剣と花』

■ 脚本
クォン・ミンス
2001 KBS脚本公募優秀賞当選『悲しいハワイ』
2003 『ボディガード』‐KBS週末ドラマ(演出:チョン・ギサン)
2005 『愛は奇跡が必要』‐SBS水木ドラマ(演出:コ・フンシク)
2007 『花咲く春には』‐KBS月火ドラマ(演出:チン・ヒョンウク)
2010 『母さんもきれいだ』‐KBS朝の連続ドラマ(演出:オム・ギベク)
2013 『剣と花』
2004 モントリオール映画祭招請作『始発を待ちながら』(韓国ドラマ初招請作)

■ 報道資料
1.キム・ヨンチョルVSチェ・ミンス、最強カリスマ激突!
俳優キム・ヨンチョルとチェ・ミンスが、KBS特別企画ドラマの『剣と花』で、それぞれ栄留王と淵蓋蘇文に扮して正面対決する。高句麗を守ろうとする情熱が並々ならなかった両雄。しかし不幸にも国家を運営する価値と哲学が違い、何よりも唐に対する対外政策の対立により葛藤が尽きなかった。そして、王専門俳優と呼ばれるキム・ヨンチョルと、カリスマの代名詞のチェ・ミンスがキャスティングされた。2人のキャスティングに史劇マニアたちは興奮を隠せずにいる。史劇関連ブログなどによると、マニアたちの間で、「両俳優のキャスティングによって、歴代最高の史劇となるだろう」とすでに大きな関心を呼んでいる。
存在感だけでも強力な男のオーラを吐き出す両俳優は、各自の役割を表現するため、容姿にも変化を持たせている。キム・ヨンチョルは勇猛で鋭敏な栄留王になるため減量し、チェ・ミンスは威風堂々とした首長の淵蓋蘇文のため、体重を増やして髭を生やした。
現場でもすでにカリスマとして、周囲を平定した。ドラマでは天下の政敵として登場するが、実際には親しい先後輩としてお互いに激励しあい、競い合っている。台本のリーディングにおいて、キム・ヨンチョルがチェ・ミンスの髭に興味を示すや、チェ・ミンスは、「先輩が私よりお若く見えます」と答えるなど、冗談を言い合ったりもした。

2.イ・ジョンシンVSパク・スジン、感覚的な武士に扮して魅力対決
イ・ジョンシンは、高句麗の淵蓋蘇文に対抗する栄留王の秘密組織であるクムファ団の武士のシウに扮し、パク・スジンは淵蓋蘇文のチョイ部武士のモソルを演じる。各組織のエース級の2人。武芸の実力はもちろんのこと、男と女としての魅力もずば抜けている。
イ・ジョンシンが演じるシウは孤児で、市場でクムファ団の団長のソ・サボンに見いだされ、剣術と武芸を学びながら育った、活気あふれる青年武士だ。口さがなく、武芸だけでなく芸術的な審美眼を持ち、楽器演奏に優れた魅力的キャラクターだ。栄留王の娘のムヨンに片思いしているが、敵の息子のヨンチュンと愛し合っている彼女を見て、深い絶望に沈む。
パク・スジンが演じるモソルは、淵蓋蘇文の政治的同伴者ト・スの娘で、出世欲が強く敏捷な武術実力と美貌のキャラクター。聡明なので組織のブレイン役も担当する予定だ。モソルも淵蓋蘇文の庶子のヨンチュンに片思いしている。
すべてを兼備した若い剣客だが、恋にばかりは孤独な彼ら。両俳優は磨き上げた武芸を披露して、最も魅力的な若い剣客に変身する予定だ。放送界では有名な練習の虫でもある彼らは武術の練習に突入中。イ・ジョンシンはCNBLUEのメンバーとして、忙しいスケジュールを消化しながらも、乗馬と武術を学び、パク・スジンは4月初旬から乗馬と武術練習に専念するなど、努力を重ねている。これに制作陣側も2人の活躍に期待感を表明した。
『いとしのソヨン』でウジェの弟のカン・ソンジェ役を演じて、人気を得たイ・ジョンシン。最近キム・ジウン監督の短編映画『恋のじゃんけん』でユン・ゲサンと共演して、熱演したパク・スジン。このドラマでもカリスマの若き剣客として、視聴者の視線を集めることだろう。

3.オム・テウン、屋根の上でのアクションに挑戦!
瓦屋根の上に剣と矢を携えた男が立っている。全身にワイヤーをつけて、決然とした表情をしたこの男がオム・テウンだ。制作陣が公言したように、メロだけでなくアクションもドラマに花を添えている。彼のワイヤーアクションのビハインドカットも公表された。莞島で行われたドラマの撮影現場。先に集まったスタッフは事前準備に余念がない。武芸に秀でたヨンチュンのキャラクターを初めて紹介するシーンなので、より華麗に格好よく撮るために徹底したリハーサルが続いた。うだるような暑さのなかで、よりよいシーンを演じるのに奮闘するオム・テウンは、「よい作品に仕上げるため、制作陣の緻密な準備の元で、撮影が行われている。疲れも忘れて、屋根の上を飛び回った。よいシーンが撮れたと思う」と語った。関係者は、「ワイヤーに体を縛りつけて、動作や姿勢をとるのは至難の技だ。俳優の苦労は想像を絶するが、驚くほど頑張ってくれたので、望みのシーンが撮れた」と俳優の熱意に感嘆した。

4.オン・ジュワン、最後の高句麗王、チャンに完璧変身
栄留王の甥のチャン役を演じるオン・ジュワンのスチール写真が公開された。史劇初挑戦の彼は、今までの大人しくて繊細に見えるイメージを一変させて、鋭い目線にカリスマと男性美を強調した武士としてカメラの前に立った。叔父と従妹のムヨンを裏切って、淵蓋蘇文と結託してクーデターを起こし、高句麗最後の王である宝蔵王になる。野望のため親族に刃を向けて葛藤する中心人物として、千変万化するキャラクターを演じる彼の覚悟が、写真の中の眼差しから見てとれる。彼の演じるチャンは感情と態度の変化が確実で、スポットライトを浴びられる要素を多分に持っている。史劇に初挑戦の彼も、このドラマを通して、男性美と演技力を存分に発揮して、視聴者にアピールする覚悟だ。

(KBS公式HPより)

■ 人物相関図
人物相関図

剣は憎悪を、花は愛を象徴するとしたら、結局は愛が憎悪を包含するストーリーだ。剣と花は敵同士の先代の食い違った運命の中にあっても、互いに慕い合う恋人たちを通して、「それでも、愛はもう一度許すもの」ということを語る。 642年の高句麗、淵蓋蘇文は栄留王の首をとる政変を起こした。彼はなぜ、栄留王を殺して、その屍をぬかるみに放り捨てるという極端な行動をとったのだろうか。栄留王と淵蓋蘇文、彼らはお互いを殺さなければならない敵同士ではあったが、双方とも情熱的に高句麗を愛した。しかし残念ながら、彼らの国家運営の価値観と哲学は違っていた。『剣と花』は淵蓋蘇文のクーデターという史実と、栄留王の娘ムヨンと淵蓋蘇文の庶子ヨンチュンという架空の人物を通して、風前の灯の高句麗末期に、歴史の流れを変えようとした男女主人公の愛と復讐と挑戦を描く悲劇的な叙事詩だ。加えて、高句麗滅亡当時の状況を通じて、今までの史劇が見せてきた過度な英雄覇権主義の歴史を越えて、東北アジア圏の一員である我々がどう生きていくべきかについてのヒントを提示するつもりだ。

出演 : オム・テウン、オン・ジュワン、ノ・ミヌ、パク・スジンほか
提供元 : Licensed by KBS Media Ltd. (C) The Blade and Petal SPC. All rights reserved
話数 : 全20話
韓国放送日 : 2013年07月03日
KNTV初放送 : 2013年12月28日

登場人物

ヨン・ナムセン(淵男生)役:ノ・ミヌ
淵蓋蘇文の嫡子で、今はチョイ部総管。父の権力をバックに、破竹の勢いだ。名門淵氏一族の後裔として何不自由なく育ち、正々堂々として自信満々だ。

王女(ムヨン)役:キム・オクビン
栄留王の娘。素直で明るく、男勝りで能動的。だから父王は王位継承候補の弟より王女を大切にし、信頼する。変装して市場に出入りしていて、父の政敵である淵蓋蘇文の息子と出会い、恋に落ちる。

ヨンチュン役:オム・テウン
高句麗最高の権力者、淵蓋蘇文の庶子。父親に会おうと平壌城にやって来たが、息子と認めてもらえない。誰にも無視されない地位を獲得するため、王宮の武士試験に志願し、王女の護衛武士になる。

栄留王(ヨンリュ王)役:キム・ヨンチョル
高句麗第27代王。隋の110万の大軍を退けた武勲の王。勇猛に関しては誰にも引けを取らないが、戦争が残した傷痕を誰よりよく理解しているため、唐との和親政策を展開する。必要とあれば、政敵との連帯や密約も巧みに成し遂げるらつ腕家だ。

淵蓋蘇文(ヨン・ゲソムン)役:チェ・ミンス
2代続いて莫離支(マクリジ:高句麗の最高官職)を務める名門の淵氏一族の首長で、高句麗末期に台頭してきた新貴族勢力の中枢。莫大な財力と軍事力と本人の強烈なカリスマで、貴族会議を掌握している。唐に対する先制攻撃を主張して、栄留王側と鋭く対立する。

蔵(ジャン)役:オン・ジュワン
栄留王の弟である太陽王の息子で、子供時代から共に成長した王女の従兄。武芸にも知略にも優れていて、他の誰よりも王子としての資質を備えた将帥だが、王位には遠い。

シウ役:イ・ジョンシン
王室を守る秘密組織のクムファ団の最年少要員。芸術的審美眼があり、楽器を上手に奏で、扇、傘など手元にある物を武器として自在に使いこなし、水中に長時間潜っていられる。かわいらしい押しの強さを持つ彼は、王女に対する恋慕の情を隠さない。

モソル役:パク・スジン
淵蓋蘇文派の政治家トスの娘で趙義夫最高の武士。非凡な頭脳と武術の実力を持つ人材。

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ