願いを言ってみて日本初

キ・テヨン(『スキャンダル』)が主人公を支える好青年役を熱演 夫の無実を信じるヒロインの奮闘を描く長編ホームドラマ最新作!​

キ・テヨン(『スキャンダル』)が主人公を支える好青年役を熱演 夫の無実を信じるヒロインの奮闘を描く長編ホームドラマ最新作!​

放送日
放送は終了しました

各話あらすじ

視聴方法

不慮の事故で植物状態になり、会社の金を横領した濡れ衣まで着せられた夫の無実を
晴らそうと奮闘する妻と、そんな彼女を愛してしまったひとりの男性の切ない愛を描く。
<日本初>※日本語字幕

■ 出演:キ・テヨン(『スキャンダル』)、オ・ジウン(『ドラマの帝王』)、ユ・ホリン(『オ・ジャリョンが行く』)、ヨン・ジュンソク(『サメ~愛の黙示録~』)、パク・ジェジョン(『約束のない恋』) ほか

■ 企画:キム・ギョンヒ(『生保Gメン’08~ライフ特別捜査チーム~』)、(『ヒーロー』)、(『グロリア』)、(『マイ・ラブリー・ブラザーズ』)など演出

■ 制作:キム・ヒョンジョン

■ 脚本:パク・オニ(『お母さんの全盛時代』)、(『ハノイの花嫁』)、(『塩人形』)、(『ママはシンデレラ』)、(『欲望の仮面』)など執筆

■ 演出:チェ・ウォンソク(『オ・ジャリョンが行く』)、(『ミス・リプリー』)など演出

■ 演出:イ・ジェジン(『ドラマフェスティバル-眠れる森の魔女』)、(『深夜病院~傷だらけの復讐~』)、(『黄金の虹』)、(『オ・ジャリョンが行く』)など演出

■ 報道資料
1.血より濃いストーリーに注目
今までもよく耳にした苦難と逆転の物語だが、今回は少し特別だ。血の繋がらない母と娘の関係が様々な色調で描かれる。結婚式当日、思わぬ事故で寝たきりになった夫の濡れ衣を晴らすため孤軍奮闘するヒロインのサクセスストーリー。意地悪なライバルと口答えばかりする義妹、そして足長おじさんが登場する。産みの母より育ての母の愛情物語でもある。また、納得がいく悪い母とその義理の娘との対決も興味深い。
制作発表会でシン・ヘラン役のチャ・ファヨンは、「悪役ともとれるが、過酷な人生を生き抜くために形成された性格」だと語った。またユ・ホリンも「愛よりも自分の野望にフォーカスを合わせた人物」だと言った。もちろん、ヒロインと足長おじさんとのラブラインもある。
刺激的というより愛情関係に重きを置いているというドラマの意図について、制作陣と俳優たちの考えは確固としている。「不倫という刺激的な素材が露わではないか」という質問に対して、演出者は、「放送を見れば不倫ではないと感じるはず。ドラマの本質が葛藤と内的な緊張感の間で成立するが、不倫だとみなすのはありきたりな判断だ」と憂慮を一蹴した。さらに、キ・テヨンは、「ハン・ソウォンが憐れだ。僕なりの足長おじさん像を表現する」と自信をのぞかせた。最後に、今までずっと悪役を演じてきたヨン・ジュンソクが、ダメ息子のソン・ソッキョン役を熱演する。

2.夫の汚名を晴らす妻の孤軍奮闘
昨年の週末ドラマ『スキャンダル』に出演したキ・テヨンは、映画『漢江ブルース』、バラエティ、CMなど多方面に活躍中。彼は経営支援本部長カン・ジニを演じ、ヒロインのハン・ソウォンを応援する。『スキャンダル』に匹敵する熱演を期待される彼は、「過去の心の傷を胸に秘める男が1人の女性に出会って、その傷を癒していく。愛する女性を守ることしかできない足長おじさんキャラに大きな魅力を感じた」と語った。彼の相手役のオ・ジウンは2006年の『不良家族』を皮切りに、映画とドラマで幅広く活躍中。彼女の所属事務所代表は、「彼女がヒロインに抜擢されたことは非常に喜ばしく光栄だ。7ヵ月間という長い撮影を乗り切るため、健康と体力管理に神経を使っている。さらにキャラクター分析と演技の勉強に集中している」と語った。

3.劇中人物の名前の由来
キ・テヨンが演じるカン・ジニは『アラジン』の妖精ジーニーから借名した。さらにイ・ジョンスも、チャン・ギョヌという名前は『猟奇的な彼女』でチャ・テヒョンが扮した「ギョヌ」から取って付けられたと明かした。キ・テヨンは、「カン・ジニはハン・ソウォンを助ける、情熱的で明るいキャラクターだ。1人の女性だけを守るのには自信がある。楽しく撮影できそうだ」と所感を述べた。また、イ・ジョンスはイム・ジウンの年下の恋人チャン・ギョヌに扮する。これについて彼は、「イム・ジウンと猟奇的なカップルとしてロマンスを展開する。ドラマの重苦しい雰囲気を和らげて爽やかにする、サンドイッチのケチャップのような役割だ。久しぶりのMBC出演だが、故郷に帰ってきたようで懐かしい」と語った。

4.オ・ジウンの感情演技好評
キャラクターに没入して、哀切な感情シーンを完璧に消化している。明朗快活な姿や涙を誘う感情演技まで幅広い演技を披露して、視聴者から好評を得ている。所属事務所によると、「多くの感情シーンや未経験の部分を演じる時はいつもプレッシャーを感じる。しかし、監督やスタッフが、アットホームな雰囲気のなかで撮影できるように配慮してくれるのがありがたい」と語った。

5.パク・ジェジョンの強直演技が好評
連続ドラマの視聴率稼ぎで名高いパク・ジェジョンは、グループ内の不正に立ち向かうチャン・ヒョヌに扮する。チェ・ウォンソクPDとの縁から、今回の出演が決定した。今まで出演した連続ドラマでは常に高視聴率を獲得してきた立役者という評価を受けてきた。また最近、時代物を演じて特有の感情演技を披露し、全世代に幅広いファンを持つ家族型俳優として、温和で善良なイメージを定着させてきた。視聴率9%台の順調なスタートを切ったこのドラマで、どのような方法で視聴率を堅持していくか期待が集まっている。

6.ヨン・ジュンソク、バイク運転練習に専心
若葉ライダーのヨン・ジュンソクが、ソウル中心街をバイクで疾走した。彼は今回のドラマのため、自動車とバイクの運転免許を同時に取得した。撮影スケジュールと大学の合間を縫って、早朝と夜に練習を重ねて2ヶ月で免許を取った。小さい頃から自動車とバイクに興味があって、免許が取れる年齢になるのをずっと待っていた彼。免許取得の最も大きな理由として、「代役を使わず、直接自分で演じるのは俳優として当然だ。この機会を利用して免許を取りたかった」と語った。撮影終了後、上気した顔つきで、「免許を取って撮影に臨めてよかった。初めは慣れなくて少し怖かったが、やっとバイクの楽しさが分かった」と述べた。

7.イ・ミシェルが歌うOST、特有の音色に注目
各種オンラインミュージックサイトを通じて公開された、「私に来るなら」は美しいピアノの旋律と弦楽器の編曲が引き立つ作品。今までの彼女のパワフルなボーカルとは違う、清雅で悲しい感性と抑えた声が印象的。特に有名作曲家のチャン・ヨンスと4番打者が共同作詞作曲を担当して完成度を高めた。OST制作社側は、「特有の声音で大衆を魅了したイ・ミシェルが、初めて聞かせてくれる唱法が新鮮だ。ドラマの展開と絶妙にミックスする、音楽と彼女に応援をお願いしたい」と語った。

8. バブル・シスターズのバラード曲
豊かなソウルボイスで独自の音楽世界を構築してきた彼女たちが、「捨てなければならない愛」を歌う。恋人を失う痛みと恋しさを繊細な歌詞で、哀切さがにじみ出るバラード。OSTで優れた力量を発揮している、ホットな作曲家チームの赤い靴下が作詞作曲した。

9.同時間帯1位の好スタート
ニールセンコリアによると、初回放送が全国基準視聴率8.6%を記録して1位に。放送では、オ・ジウンが泣きながらプラカードを持って単独デモをするシーンが、視聴者に強い印象を残した。

■ 人物相関図
29039-02

新しい車、新しい携帯電話、新しい服、いつからか私たちは流行に遅れまいと、まだ使える電気製品を買い替え、立派な服とバッグがあるのに、季節が変わるたびにショッピングに夢中になる。だが、何でも新しければそれでよいのだろうか。語頭に付いた「新(new)」という文字は否定的なイメージを伴う場合の方が多い気がする。その中でも最悪は「新しい母」すなわち継母ではないだろうか。増え続ける離婚と同じくらい再婚も増加し、それに伴って自分が産んだのではない子供を養育しなければならない、「新しい母」も当然増える。腹を痛めた子を育てるのさえ修養だという言葉があるが、まして義理の子供を自分の子のように育てるのはどんなに大変なことか。実の娘と義理の娘を一緒に育てながら、失敗と反省と苦悩を繰り返す、天使でも悪魔でもない1人の平凡な母親。彼女が不幸に陥った義理の娘と共に紡いでいく、感動的な逆境克服記を通じて、血より濃い歳月の力で結ばれた、特別な母娘愛を描いてみようと思う。

提供元 : ©2014 MBC
話数 : 全122話
韓国放送日 : 2014年06月23日
KNTV初放送 : 2014年12月03日

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ