ソドンヨ

甘く切ない恋をドラマティックに描いたドラマ

甘く切ない恋をドラマティックに描いたドラマ

放送日
放送は終了しました

視聴方法

豪華絢爛の三国時代と甦る百済王朝、時代に翻弄される百済国王「武王」の
甘く切ない恋をドラマティックに描いた『ソドンヨ』

*「チャングムの誓い」の制作陣が作る最高の時代物!!
*原題:薯童謠(ソドンヨ)

薯童謠(ソドンヨ)とは韓国内で初めて作られたといわれている四句体の郷歌のこと。

郷歌とは三国時代、百済の薯童王子(百済武王の幼名)が、新羅第26代眞平王の時代に書いたといわれる民謡形式の歌。
このドラマは韓国では一般的によく知られている薯童王子と善花姫の説話をベースにして、百済武王の成長過程と、熾烈に繰り広げられた百済の王位継承争い、そして国境を越えた愛、百済と新羅両国の宮廷裏面史を描いた壮大なスケールの物語だ。
なかでも韓国ドラマ史上初となる百済王国の再現は、もっとも注目すべき点だろう。
新羅や高句麗とは違い三国のうち遺跡や史料が少なく、学問的な研究も不充分な百済王国。しかし大部分の史料が消失したにもかかわらず、その偉業は日本と中国等の史料に多く残されている。ドラマでは百済がどのような技術と文化を享受したのか、なぜ文化と技術を重視したのか、そして当時の先端技術と文化をどのように維持したのかを、登場人物をとおして生き生きと再現する。またこのドラマは権力争いの勝者としての王ではなく、最高経営者としての王のサクセスストーリーを映しだす。


SBS創社 15周年記念、54部作の大河ドラマ『薯童謠』は、これまで朝鮮時代を中心に描かれた時代劇から視点を大きく移し、それより1400年前、三国時代の百済にまでさかのぼり、西紀 578年百済 27代国王威徳王の時代から、西紀 610年百済 30代国王武王までの 10年間の物語を描いた作品である。
幼い頃賎民として生きるしかなかった武王(薯童)の波乱万丈な人生、新羅善花姫との燃えるような恋、そして自分の身分を知り王位につくまでの複雑な過程が、MBC『大長今(チャングムの誓い)』のキム・ヨンヒョン作家とイ・ビョンフンPDの手で再現される。
もう一つ見逃してはならないのが、百済時代の豪華な文化と技術を再現しながら、百済の博士制度にスポットライトを当てるところ。なかでも「七支刀」の発明から製作までを伝える部分は大変興味深い。そして忘れてはならないのが、両者が一番力を注ごうとしている、薯童と善花姫のラブストーリー。『大長今』でいまひとつ生かされなかった恋の部分を、こちらでは完ぺきに描いてみせるという両者の意気込みには目を見張るものがある。「賎民の子と、敵国の姫」という出会いからしてドラマティックな設定なだけに、ロミオとジュリエットよりもさらに切ないラブストーリーになるだろうと期待されている。

出演 : チョ・ヒョンジェ、イ・ボヨンほか
提供元 : SBS
話数 : 全55話
韓国放送日 : 2005年09月05日
KNTV初放送 : 2006年03月29日

登場人物

■(報良法士役)
もとは新羅の眞骨出身の貴族。

普光寺の和尚として眞平王の信頼が厚く、善花姫の教育と指導を任される。

善花姫の薯童への気持ちまで見守ってくれるよき理解者。

■キム・ファラン(摩耶夫人役)
眞平王の夫人。優しくて温かい性格。

脈々と受け継がれてきた貴族の娘で、三女の善花姫を溺愛する。

その自由奔放な性格のために、善花姫は何度も窮地に陥るが、その都度救いの手をさしのべる。

娘の善花姫が愛する薯童を可愛がる。

■チェ・ドンジュン(眞平王役)
新羅26代国王。銅輪太子の息子。

3人の娘には恵まれたが、息子に恵まれなかった。カリスマ性はあるがずる賢い。

息子がいないことを思い悩むが、むしろそれが功を奏し、貴族を統制しながら最終的には三女の善花姫を百済武王と結婚させる。そして王位は婿ではなく、二女に継承させてしまうなど、表と裏が違う人物。しかし、婿であり敵国の国王である薯童を裏切り、高句麗と同盟を結んでしまう。

■シン・グク(古 模役)
空峠の実力のある医術士で口が重く気難しい人。

脈度水とは同期で医博士になる。

私的な席では脈度水と普通に話すが、公的な席では冷たくあしらう。

根は温かい人で虐げられている薯童をいつもかばう。

■イ・スンア(優 壽役)
伽揶の出身。

9歳の時、貴族の奴隷だったが木羅須に才能を見いだされ、恩人だと思っている。

がさつで地味だがさっぱりした性格で、工芸や衣類よりは、武器や建築などに興味がある。銀 進とは犬猿の仲。

■イ・スク(鞠 首役)
集団殺戮で夫を亡くし、飯炊きでもするといって木羅須にをついて来た女。あらゆる雑事を引き受けてしている。

カッとなりやすくすぐに問題を起こす薯童を憎み、彼をたびたびいじめる。

のちに料理と衣類の技術を学んで頭角を現し脈度水を越える。

■ク・ヘソン(銀 進役)
麻奈 毛津の娘。衣類、装飾品、化粧品製造、化粧器具、工芸品等に興味がある。

年の割にませていていつも化粧をしている。

薯童が好き、きれいなことが好きで、武器にまでデザインをする。

凡 路に冷たい態度を取りながらも、彼が自分に興味をなくすのがイヤでたまに利用する。

優 壽に常に小言を言うがここぞという状況では負ける。

■ペク・ボンギ(凡路役)
脈度水の息子。

薯童が入宮する前から技術を学んでいた少年。

陶器、瓦等、父親から焼き物の技術を学ぶ。あまり仕事が上手ではないが、土と石については博識だ。頭がよく才能があり能力を認められるが、人が良すぎて周りにからかわれている。

薯童のことが好きで、彼の言うことなら何でも聞き、最後まで彼と行動を共にする。

■イム・ヒョンシク(脈度水役)
幼い薯童が宮に入り技術を学ぶ時、一番怖くて厳しい人のように振舞っていたが、すぐぼろを出す。薯童の品性と才能にいち早く気付き、一番の応援者になる。木羅須が宮を出る時二人の息子を連れて一緒に出るが、薯童の王の象徴のことで長男の凡生が新羅の兵士につかまって殺される。 自分は仕事のできはよくなくても、他人の珍品、名品は鬼のように選り分ける目を持った人間。

■イ・イルファ(燕嘉謀役)
百済宮廷の踊り子。

ある日突然威徳王の女となったため身分が変わるが、政治的な思惑により翌日捨てられる。

姙娠した体を隠すが耐えることができずに木羅須の助けで宮を密かに抜けて益山の池で薯童を生む。 薯童と慎ましやかに生活をするが、薯童が道をはずし悪童と呼ばれるようになると、木羅須に預け宮で技術を学ばせる。薯童が新羅に逃げた時、彼に五色夜明珠を渡し、10余年間隠して来た秘密を話す。 益山で木羅須と薯童の仲間をかばおうとして殺される。

■ソン・ジュニョン(ペク ム34才役)
阿佐太子の側近で彼について倭国に行き帰国する。

彼を王位につかせようと試みるが、太子の死後孝順に殺される。

■ナ・ジェウン(阿宅桀取役)
木羅須と親しい関係だったが刀剣の件で孝順側につく。

のちに木羅須と対立する。

■パク・テホ(夫餘 桂役)
威徳王の弟、28代恵王。 優柔不断で臆病、息子の宣に振り回される。

始めは兄である威徳王を補佐して百済王国を導いたが、息子宣の野心に賛同して威徳王の代わりに百済28代王位にのし上がる。

だがその後1年で急病で亡くなる。

■メン・サンフン(王 仇役)
王のためなら命をも惜しまない一番の側近。

威徳王が 薯童の母(燕嘉謀)と提議の前日ひと晩を過ごしたことが政治問題に発展したため、その日のことを伏せて燕嘉謀を宮から追い出す。

後日入宮した 薯童が王位につけるようサポートする人物。

■イ・ヒド(黑齒平役)
氷のように冷たくて冷静沈着な人物。

夫餘 宣に忠誠を誓う。

頭脳明晰で判断力も的確、孝順が一番信頼しており、大事なことは必ず彼と一緒に処理する。

のちに上左平になるが孝順と一緒に殺される。

■イ・ビョンシク(陳 呂役)
百済の貴族勢力である陳氏家門の実権者。

阿佐太子の義父で、夫餘 宣の母方の親戚である解氏勢力と朝廷の権力を握るために、熾烈な権力の争いを繰り広げる。

阿佐太子が無念の死を遂げると、一歩退き再起を狙う。

薯童の亡命勢力と力を合わせて、解氏勢力を粛正するために心血を注ぐ。

■ハン・インス(解島周役)
百済の名門貴族である解氏家の頭首。 孝順の義父。夫餘 宣と共に阿佐太子の追従勢力である陳氏勢力を追放し、百済朝廷の実権を掌握する。 夫餘 宣と威徳王を追いつめ阿佐太子を殺害して、結局朝廷で実権を掌握する。夫餘 宣が王位についた後、解氏家門を牽制し、高句麗との国境紛争のどさくさで自分たちを追放しようともくろんだため彼を暗殺してしまう。

■ホ・ヨンラン(ウヨン姫)
王の甥である夫餘 宣 (孝順)の腹違いの妹。

薯童は彼女のせいで危機に落ち込んだり、危機から助けられたりする。

恵王が即位するとウヨンは姫の身分になったため、薯童が王になった後、貴族たちによって薯童の王妃に推戴される。

■チョン・ジェゴン( 阿佐太子役)
威徳王の長男。

李王朝の太宗、孝寧大君のような人物。王位を継ぐが芸術や技術に関心が高く、文化や技術を日本に伝え続ける。彼が描いた聖徳太子の肖像画が今も日本に残っている。

物静かで感受性が豊かで政治にあまり興味がない。

いとこである夫餘 宣の刺客に暗殺される。

■チョン・ウク(威徳王役)
百済27代国王。百済中興を成した父聖王が管山城戦闘で戦死すると、跡を継いで王位に君臨する。だが性格は優柔不断。父が自分のため戦死したという罪悪感が消えない。提議行事の時、燕嘉謀とひと晩を過ごして薯童を妊娠させたが、政治的な立場のためにその事実を隠す。のちに思い直し彼女に百済王子の証である五色夜明珠を授ける。甥である 夫餘 宣の悪巧みを知り、彼を失脚させようと試みるが反対に暗殺される。

■イ・チャンフン(木羅須役)
5官等である率で、冶金術と露盤分野では当代最高の実力を持ち、経学にも造詣が深い。 薯童の母、燕嘉謀を愛して結婚まで約束した仲だったが、彼女がある日突然威徳王の女になったせいで哀しみに打ちひしがれる。しかし結局すべてをあきらめて彼女を助ける。薯童の父親代わりとなり、新羅に百済工房を建てて新しい技術を発明する。 表向きは冷たいが情が厚く、百済人としてのプライドが強い。

■チョン・ソンギョン(毛 津/モジン役)
姓は麻奈、衣類匠人。

泰鶴寺 にいた医博士の夫、島首(ドス)が完山州の戦闘で戦死すると、木羅須の助けにより泰鶴寺で働くようになる。

娘のウンジンを連れて木羅須と一緒に新羅を脱出した後、空峠で女サガムとして生活する。原則を重んじ規則を忠実に守って生きる人。

薯童にもっとも厳しくことごとく干渉するのは、薯童の行動が危なっかしいからでもあるが、薯童が燕嘉謀の息子だということが大きい。

若い頃彼女も木羅須を慕ったが、燕嘉謀との仲を知り島首と結婚する。

■キム・ヨンホ(衛士佐平/プヨソン役)
威徳(ウイドク)王の弟プヨゲの長男で威徳王の甥





幼い頃から従兄弟である阿佐太子に競争心を抱く。


文化芸術を愛する阿佐太子が日本に滞在する間、政治力を発揮し威徳(ウイドク)王への信任を裏切り政権を建てるなど人を欺き陥れる策謀ばかりを企む。


ずば抜けた判断力と外交力で高句麗との談判を成功させるなど、功名を成そうとする野心家でありボス的存在。


阿佐太子や王子など皆殺し、反逆に気づいた王が自身を暗殺しようとすると挙句には叔父である威徳王を暗殺する。


父の後を継いで百済29代目の王に即位するが内部の葛藤で近隣から暗殺される。

■リュ・ジン(沙?己樓/サテクキル役)
本名はキム・ドハム、新羅の王族。慎重で無口な性格で野心に溢れている。

花郎徒の風月主の時から善花姫に惹かれているものの、眞骨という身分がジャマしてなかなか近づけない。

宮に跡取りがいないと知ると、善花姫と結婚し、眞平王の後継者の地位を狙いはじめる。善花姫との結婚を条件に百済の技術を獲得すると眞平王と直談判した沙宅己樓は、百済の技術工房に忍び込む。恐ろしい執念と頭脳で、 5年越しで工房の後継者として認められるが善花姫の登場で計算が狂ってしまう。薯童と善花姫との関係、そして薯童が百済の王子という事実を知ると動揺し戸惑うが、薯童を王位につかせるために協力する。そんなとき新羅の眞平王に密旨を命ぜられ葛藤する。

■イ・ボヨン(善花/ソンファ役)
新羅眞平王の三女。その美しさは三国遺事史を通して広く知られている。

幼い頃薯童と運命的に出会い、生涯苦楽を共にする。賢く強いがいたずらっ気が多く、薯童を困らせるものの、自分の失敗で彼が追われることを悲しむ。善花は薯童に君子の道と経学を教える。王の象徴である五色夜光珠の秘密を知ってから、全面的に薯童を支え、薯童が王位につくのに決定的な役目を果たす。しかし敵国の王子を助けたということがバレ、反逆者に烙印を押されて新羅を永遠に追放されそうになる善花姫。善花姫は薯童を救う過程で、新羅王室の事情により女王の道を選ぶべきか葛藤するが、結局夢をあきらめて、幼い頃から育んできた薯童との愛を選ぶ。百済武王の王妃となり両国は同盟を結ぶに至るが、結局百済と実家である新羅との戦争を目の当たりにすることになる。

チョ・ヒョンジェ(薯童/ソドン役)
本名は璋(ジャン)、百済30代国王武王。

数奇な運命のいたずらで王子であるにもかかわらず、南池でいもを売りながら平民として暮らしていたジャン。明るく意志が強い子で、創造力もあり正義感が強いにもかかわらず、「悪童」の異名のため、母親が木羅須に技術を学ばせる。亡命生活をする間、美しい善花姫との出会いで気持ちが穏やかになり、博士になることを夢見るようになる。あらゆる試練を乗り越えた末に新しい技術を開発し、その後再び宮に戻ることになるが、自分が王子であることを知り思い悩む。その後は徐々に抱擁力があり愼重な性格に変わっていく。なぜ自分が国王にならなければならないかを冷静に判断した後、善花姫と沙?己樓(サテクキル)の協力により王位につく。強く温かくカリスマ性がある人物に成長し、卓越なリーダーシップを発揮しながら、脆弱な百済王国を強大国へと変貌させる。

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ