リメンバー~記憶の彼方へ~

記憶を失くしても、愛は決して忘れない ユ・スンホ&パク・ミニョン豪華共演で贈る法廷サスペンス

記憶を失くしても、愛は決して忘れない ユ・スンホ&パク・ミニョン豪華共演で贈る法廷サスペンス

放送日
放送は終了しました

各話あらすじ

視聴方法

記憶を失くしても、愛は決して忘れない
ユ・スンホ&パク・ミニョン豪華共演で贈る法廷サスペンス

<日本初>※日本語字幕

■脚本:ユン・ ヒョンホ(映画『弁護人』)
■演出:イ・チャンミン(『美女の誕生』)



chart_remenber
重度のアルツハイマーのため息子の顔さえ忘れてしまった無実の死刑囚。最愛の父を救うため弁護士になった息子は、生まれもった“過剰記憶症候群”という特殊能力を武器に、たったひとりで巨大な悪に立ち向かっていく……。兵役を終えたユ・スンホが、『会いたい』以来、2年半ぶりに地上波ドラマに復帰した話題の法廷サスペンス。韓国観客動員数歴代8位を記録した大ヒット映画『弁護人』(13)の脚本家ユン・ヒョンホが、初めてテレビドラマの脚本を執筆したことでも注目を浴びた。
見どころはなんといっても、頼もしく成長したユ・スンホの渾身の演技。中盤の号泣シーンではもらい泣きする視聴者が続出、瞬間視聴率が跳ね上がるというエピソードを残している。そんなスンホをとことん苦しめる財閥御曹司役には最近、悪役づいているナムグン・ミン。その振り切れたサイコ演技はトラウマレベルの恐ろしさ、と話題になった。人気急上昇の個性派パク・ソンウン、名優チョン・グァンリョルらが脇を固めるなか、一服の清涼剤ともいえるパク・ミニョンが、大人の階段を登り始めたユ・スンホ相手に繰り広げる年の差ロマンスの行方も気になるところ。劇中では5歳差、実年齢では7歳差のふたりが、姉弟のように、恋人のように支え合っていく。スリリングな法廷劇と奥深い人間ドラマが織りなす珠玉のサスペンスが誕生した。

出演 : パク・ミニョン、ユ・スンホ、ナムグン・ミン、パク・ソンウン、チョン・ヘソンほか
提供元 : ©SBS/HD放送
話数 : 全20話
韓国放送日 : 2015年12月09日
KNTV初放送 : 2016年04月01日

あらすじ

幼くして母と兄を事故で亡くしたジヌ(ユ・スンホ)は、父ジェヒョク(チョン・グァンリョル)とふたり、貧しくも仲睦まじく暮らしていた。ある日、ジェヒョクは顔見知りの女子大生の遺体を発見する。ところが、アルツハイマーを患っていたことから警察にあいまいな証言をしてしまい、被疑者として逮捕されてしまった。真犯人は、傍若無人なイルホグループの御曹司ギュマン(ナム・グンミン)。かねてからギュマンの素行の悪さを知っており、また、弱き立場のジヌにかつての自分の姿を重ねた弁護士のトンホ(パウ・ソンウン)は、ジェヒョクの弁護人を買って出る。しかし、ギュマンの父イルホ(ハン・ジニ)の差し金より、トンホは窮地に追い込まれ、ジヌを裏切ってしまった……。死刑判決を下された父を救うため、4年後、ジヌは最年少の弁護士となり、闘いに挑んでいく。

詳細を見る

登場人物

ソ・ジヌ役_ユ・スンホ
天才弁護士。殺人の罪で投獄された父の冤罪を晴らすため、自ら国内最年少の弁護士になる。明晰な頭脳、優しい心、見たものすべてを完璧に記憶する特殊能力を兼ね備えている。

イ・イナ役_パク・ミニョン
新人検事。正義感が強くおせっかいな性格。法学部の学生だったときジヌの父の事件を知り、冤罪を確信して検事になる。5歳年下のジヌの孤独なたたかいを見守りつつ、惹かれていく。

ナム・ギュマン役_ナムグン・ミン
保険会社イルホ生命の常務で財閥御曹司。放蕩三昧の日々を送り、感情を制御できないサイコパス。自分に逆らった女子大生を惨殺したあげく、その罪をジェヒョクになすりつける。

パク・トンホ役_パク・ソンウン
ヤクザのソク・チュイルに育てられた悪徳弁護士。見栄っ張りで単純。ジヌの父親の弁護を一度は引き受けるが裏切ってしまい、自分に深い縁のあるジヌを助けたいという思いに葛藤する。

ソ・ジェヒョク役_チョン・グァンリョル
ジヌの父で死刑囚。4年前、女子大生惨殺事件の第一発見者として警察に通報するが、アルツハイマーが災いし、自分が殺人犯だと思い込んでしまう。息子想いの善良な性格。

ナム・ヨギョン役_チョン・ヘソン
ギュマンの妹で財閥一族の末娘。弁護士に勝つことに快感を覚える冷酷非情な美貌の検事。自分と正反対のイナを敵視している。

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ