限りない愛

子どもは宝… でも悩みの種! 仲良し三兄弟とその家族に巻き起こる騒動をあたたかく綴った感動作。

子どもは宝… でも悩みの種! 仲良し三兄弟とその家族に巻き起こる騒動をあたたかく綴った感動作。

放送日
放送は終了しました

各話あらすじ

視聴方法

子どもは宝… でも悩みの種!
仲良し三兄弟とその家族に巻き起こる騒動を『千日の約束』『美しき人生』の
脚本家キム・スヒョンがあたたかく綴った感動作。

<日本初>※日本語字幕


■ 出演
イ・スンジェ(『あなたを愛してます』)、キム・ヘスク(『あなたなしでは生きられない』)、ハ・ソクジン(『スタンバイ』)、オム・ジウォン(『サイン』) ほか

■ 演出
チョン・ウリョン
1986年、ドラマ『梨花に月白し』でデビューし、『風呂場の男たち』『拝啓、ご両親様』
『美しき人生』などのヒット作を世に送り出した名演出家。

<代表作>
『千日の約束』『美しき人生』『母さんに角が生えた』『私の男の女』
『拝啓、ご両親様』など多数。

■ 脚本
キム・スヒョン
1968年、MBCラジオドラマ『あの雪原に鹿が』でデビューしてから、数多くの作品を執筆して、韓国放送界で最も影響力のある作家と目されている。

<代表作>
『千日の約束』『美しき人生』『母さんに角が生えた』『私の男の女』『愛と野望』
『拝啓、ご両親様』など多数。

■ 人物相関図


『拝啓、ご両親様』、『母さんに角が生えた』、『美しき人生』に続く、キム・スヒョン流家族ドラマの誕生! このドラマは、子供たちのために一生を犠牲にして生きる普遍的な親たちを題材に取り上げ、やがては親になっていく子供たちがその愛情を学んでいく、暖かくて胸がジンとなる家族物語。 人は愛を知らない。自分勝手に愛して 愛していると豪語する。おまえを愛するために 私が死なねばならないのが 愛だとは知らない。 これはチョン・ホスン詩人の「愛して死んでしまえ」の一節だ。愛するがゆえに自分が死ななければならないのが愛だとしたら、愛のためにいつでも潔く(いさぎよく)犠牲になる覚悟ができているのが愛だとしたら、この現実で愛を交感しうる関係が、いったい私たちにはどれほどあるだろうか。愛していると言って、愛を担保にその見返りを期待しているのではないか。あるいは相手に犠牲を強要していないだろうか。さらにはまたその愛を軽(かろ)んじたり、おごり高ぶってはいないだろうか。愛という単語の意味は手あかにまみれて変質してしまっているし、愛しているはずの相手の痛みより自分の痛みを優先しがちだ。 愛にさえ冷笑的な今の時代に、美しい愛とは何かと問いかける。愛という名にふさわしい美しい人と美しい愛。私たちはこの美しい愛をどれほど享受し、どれほど与えながら生きていくのだろうか。 80歳を超えた老夫婦と3人の息子夫婦と孫に至る3世代が同じ時代に共存しながら、ぶつかり合い寄り添い合って暮らしている。親と子、恋人と夫婦が共に過ごす時間より、スマホと過ごす時間の方が長い今、親の子を思う慈愛という大きな愛が、次の世代にどのように継承されていくのか、このドラマで描きたい。与えた愛は返してもらえなくても、他の人の愛で慰められて、ほのぼのしている自分自身に気づくはずだ。貰う分だけ貰っておきながら、与えた分だけ報いてもらおうとする愛の上には、惜しみなく愛そうと、静かに犠牲になっている愛があるという事実にも気づくだろう。

出演 : キム・ヘスク、ハ・ソクジン、イ・スンジェ、オム・ジウォンほか
提供元 : JTBC Co, CURTAINCALL PRODUCTION,Ltd/SAMHWA NETWORKS all rights reserved.
話数 : 全40話
韓国放送日 : 2012年10月27日

登場人物

オ・スミ役(18)/ソン・ナウン

ジュンギが働くカフェに飛び込んできたアルバイト。

寡婦の母親が再婚してから、母方の祖母に育てられた。中学卒業後にソウルに上京し、アルバイトしながら夜間高校に通う。家賃20万元の高試院で暮らしている。

アン・ヒジェ役(60)/ユ・ドングン

母親似の鷹揚(おうよう)な性格の長男。

高校の教師だったが、高血圧と糖尿病を患い、故郷である地方都市に越してきて4年になる。退職後はインターネットであらゆる新聞を読み、趣味で絵を描く優雅な日々を送っている。病気を心配した女房の徹底した健康管理と食事療法に我慢がならないこともある。

イ・ジエ役(59)/キム・ヘスク

ヒジェの妻。

子育ての傍ら(かたわら)食堂を手伝いながら、半専業主婦として暮らしてきた。子供より夫優先の彼女だったが、夫が病気になってからは特に健康管理に神経を使っている。長男の嫁としては少し頼りないが、正しいと思ったことには直言を吐く。

アン・ソンギ役(33)/ハ・ソクジン

アン・ヒジェの長男。

両顎手術専門の歯科医師。医者の肩書と押し出しの良さに、近づいてくる女性は多いが、下手に付き合って弱みを握られたくないと極度に警戒している。

アン・ソヨン役(36)/オム・ジウォン

アン・ヒジェの娘で、地方裁判所判事。

難関を突破して判事になる程スマートで理知的な女性だが、別れた恋人の子供を妊娠していて、出産を決意して妊娠6ヶ月で辞職する

アン・ジュンギ役(25)/イ・ドヨン

アン・ヒジェの次男。

二浪してから入隊し、除隊後にバリスタになろうと決意し、養成校に通いながらカフェでアルバイト中。

アン・ヒミョン役(58)/ソン・スンファン

次男。

中堅企業の常務を最近になって退職し、田舎に引っ越してくる。退職後妻とは何の共通点もないことに気づき、何かにつけてはぶつかり合う。気が小さいので、些細なことに傷つきやすく、ついには食事も別々にする羽目になる。妻より整理や掃除が得意。妻に内緒で貯めた小遣いで買った株で損したことと、妻に隠れて物を買うのは秘密だ。

チ・ユジョン役(55)/イム・イェジン

ヒミョンの妻。

節約精神旺盛なけちで、金を稼ぐより使わずに貯める主義。世界で一番重要なものは金で、その次が息子と心得ている。経済権を巡って夫といがみ合っており、小心者で感傷的な夫が煩わしい。

シン・ヨンジャ役(74)/チョン・ヤンジャ

セロムの母親。

こだわりのないさっぱりした性格。柔道は三段でギター教室に通う粋なお婆ちゃん。還暦まで韓国料理店を経営していたので経済力はかなりある方だが、娘の家で家事を手伝っている。花柳界時代につき合った男との間にセロムが生まれた。セロムの実父が重病だという噂を聞いて、娘に相続を受けさせようとする。

イ・ヨンヒョン役(35)/オ・ユナ

ソンギと同じ病院の麻酔科医で、ソンギの1年先輩。

アメリカから帰国して間もない。裕福な家庭の一人娘で、オープンで大胆な性格。

アン・デギ役(31)/チョン・ジュン

ヒミョンの息子で外資系銀行員。

仲の悪い両親から、「息子は自分の味方」と信頼されている。母親のしつこい執着に困惑することもあるが、できるだけ穏便に対処している。母親の反対を押し切って、幼なじみのヒョジュと結婚する。

カン・ヒョジュ役(31)/キム・ミンギョン

デギの妻で、卸売薬局の薬剤師。

しっかり者で、変り者の姑と適度に合わせて暮している。母親の病死後、父が再婚したが継母とうまくいかずに、大学入学と同時に独り立ちした。

アン・ヒギュ役(50)/ユン・ダフン

三男。

スポーツ用品代理店と父親の給油所を兼業。除隊してからずっと父親と一緒に働いてきた。陽気で楽天的な性格だが、腹を立てると統制不可能になる。妻をこよなく愛し、大切にしている。

シン・セロム役(49)/キョン・ミリ

ヒギュの妻。

明るく社交性があるが、口の軽いトラブルメーカー。水商売出身の母親から生まれた私生児という傷を持つ。大学中退後に、平凡な人生に憧れてヒギュと結婚し、人工授精を数回試みたが今もって子供には恵まれていない。子供に苦労する義姉たちを見ると、子供のないのがむしろ幸せだと考えて、やさしい夫と仲睦まじく暮らしている。

アン・ホシク役(83)/イ・スンジェ

40年間、在来市場でヘジャンクク屋を営みながら3人の息子を育て上げ、65歳で故郷に帰ってから、ガソリンスタンドをしながら悠々自適に暮らしている。80歳を超えた今もかくしゃくとしたものだ。勤勉節約につとめ、自分が使う金は自分で稼ぐという哲学を持っていて、ずっと名を明かさずに寄付も続けてきた。周囲の人々には口やかましいが、自分自身は毎日が楽しく幸せだ。

チェ・グムシル役/ソ・ウリム

小言幸兵衛の夫とは裏腹に、口数少ない。人と争うのが嫌いなので、大概は柳に風と受け流すが、時には夫を懲(こ)らしめることもある。嫁たちの短所も知ってはいるが、敢えて顔には出さない。

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ