「チャクペ~相棒~」のあらすじ

各話あらすじ

第11話

左捕庁に別動隊が組織され、クィドンの先輩 コン捕校が牌将に、クィドンが左将になる。


公物横領に関わっていた倉監が服毒自殺を図り、クィドンは言動の怪しい内需司の庫直を捕まえて審問するが、従事官の命令で放免することに。


チョンドゥンは、再会したチャン親分からトガプに商売を教えてやってくれと頼まれるが、
悪徳店主を賢く対処するドンニョを見て、改めて彼女の商才に感服するばかり。

ドンニョを褒めるとタリがすねてしまい、タリの祖父からは身分の違うドンニョを好きになるなと諭される。

チョンドゥンとクィドンはドンニョを間に置き、相棒という名の下で微妙な三角関係になっていた。



一方、マクスンは、チョンドゥンとクィドンをすり替えたことを後悔していた。

長い間、彼女に尽くしてきたセドルは腹が立ち、能天気なチョ先達を殴りつける。


第12話

クィドンは、捕将に従事官の免職を訴えて、怒りを買ってしまう。

チョンドゥンは、死んだとばかり思っていたカン砲手と再会する。

我来賊になっていたカン砲手は、高麗人参と鹿角の密売をチョンドゥンに頼む。

ある日、クィドンはクムオクのうなじの赤いホクロを目にし、自分のホクロは成長と共に消えたと知らされる。

ホクロについて尋ねられたマクスンは、知らぬフリを通す。



一方、我来賊になったトガプは隠れ家から高麗人参と鹿角を持ち出し、
それを市場に売ってしまったトガプの両親がワン頭領の一味から狙われることに…。


第13話

クィドンは反省のために左捕庁から休暇を命じられ、射場で弓の賭けをしてミン家の若様を負かす。

ミン家の若様は、母がクムオクの婿にと考えている相手だった。

チョンドゥンのうなじの赤いホクロを確かめたクィドンは、
マクスンに、チョンドゥンあるいは自分がマクスンの息子ではないかと問い詰める。

チョンドゥンを好きなクムオクに対しても、チョンドゥンは婿になれない"と冷たく言い放つ。

一方、クィドンはカン砲手に今回限りで会わないと伝え、カン砲手もクィドンの気持ちを受け入れて、
2人は密売を実行に移す。


"
第14話

かつてマクスンとセドルを追っていたチュンボが現れる。

マクスンに、産んだ子の父であるイ参奉が危篤状態で、息子を連れて戻れば遺産が手に入ると…。

マクスンは自分が産んだクィドンではなく、チョンドゥンを連れていくことにする。

父と母について知らされたチョンドゥンは、父と会って両班の身分を得るようタリから諭される。

ドンニョは、仕事をほされ酒浸りのクィドンを介抱し、自分への気持ちを確かめようとする。

クィドンは、乳母がチョンドゥンの生母と知り、母を奪ったことをチョンドゥンに謝罪するのだが…。


第15話



左捕庁に復帰したクィドンは、我来賊の捜査を外され、新人捕卒の訓練を任される。


追っていた庫直が水死体となって発見されるが、
あらゆる犯罪が我来賊の仕業にされていることに納得がいかない。

チョンドゥンは、病床のイ参奉と対面するが血のつながりを感じられず、参奉邸をあとにする。

しかし、マクスンが遺産を得ようとしている理由をセドルから聞かされ、
再び屋敷に戻って参奉の臨終を見取る。

一方、クィドンはマクスンから過去を打ち明けられ、自分の実の両親が誰かを知る。

捕盗庁では懸賞金をかけて我来賊の検挙に乗り出す。



第16話

我来賊はワン頭領の屋敷に侵入して金品を奪い、同時に夜道を行くワン頭領一味を襲う。

これによりワン頭領は重傷を負い、チャン親分の息子トガプが命を落とした。

この一件で、民は我来賊を支持し始めるが、トガプの死を知ったチョンドゥンは、カン砲手に憤りを覚える。

一方、クィドンに思いが届かず苦しむドンニョ・・・。

チャン親分はトガプが残した短銃を見つけ、ワン頭領への復讐を決心するが・・・。


第17話

チャン親分は単身ワン頭領の巣窟に乗り込み、頭領を殺そうとするも失敗に終わる。

チョンドゥンは無実の民を巻き込み死に追いやるなとカン砲手に詰め寄る。

一方、クィドンはカン砲手が生き残り、我来賊の頭領になっているとsいう情報を聞き、タリに確かめに来るがタリはとぼける。

マクスンはセドルを結婚させようと若くて美人な下女を買う。

しかしセドルは結婚する意思がないと言う。

ある日、ドンニョは偶然にも父を殺した県監を見かける。

父が夢に出てきたのは仇を討てという意味だとドンニョは解釈するのだが・・・。


第18話

ドンニョは我来賊をかたって元県監の家に押し入るが、父の仇討ちを果たせずに終わる。

クィドンからカン砲手を見たか尋ねられたタリは、祖父にカン砲手の死体を見た"と言うよう促す。

セドルの嫁 テンニョンは部屋に監禁されながらもセドルを待ち続ける。

マクスンとチョンドゥンはイ参奉の一族から遺産を5万両ずつ受け取る。

カン砲手は、捕盗庁に身元が割れ始めたため、我来賊の隠れ家を移すことに。

ある日、チョンドゥンはコン捕校によって無実の罪で投獄されてしまう。

そして、うなじのホクロをきっかけに疑いを持ち始めたキム大監は、乳母を訪ねて……。


"
第19話

キム大監は、チョンドゥンが自分の息子で、クィドンが乳母の息子であることに気づき、
乳母を問い詰める。

夜道で襲われたクィドンは、その刺客たちがワン頭領一味であることを看破する。

一方、我来賊の頭領 カン砲手の手がかりをつかむため、捕盗庁の捕卒たちがタリの家を張り込む。

タリと祖父が確証もなく連行される。

そんな中、ワン頭領の部下であるジンドゥクが、ミンドゥン派と手を組むために接触を試みるが…。


第20話

キム大監はクィドンとチョンドゥンが入れ替わっていた事実を知るが、今さら息子を取り替えることはしないとクィドンに伝える。

また、大監はドンニョに、クィドンとの婚姻をあきらめるよう伝える。

一方、タリが我来賊だと知ったチョンドゥンは、カン砲手に会ってタリを辞めさせるよう迫るが、タリが選んだ道だと断られる。

捕盗庁が我来賊の捕獲に躍起になる中、ついに薬草売りのボンサムが我来賊だと通報され追われる身になる。

タリは、ボンサムから預かったミンドゥンからの密書をカン砲手に渡す。

我来賊が銀塊の奪取を実行する中、コン捕校によりカン砲手が撃たれてしまう。


« 1 2 3 4 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ