「剣と花」のあらすじ

各話あらすじ

第11話



王女とクムファ団は、ヨン・ジョンモと組んで淵蓋蘇文を討とうとしたが失敗に終わる。


淵蓋蘇文は自ら大莫離支(テマクリジ)という新たな官職に就き、軍・人事・国政すべての権力を握って王を無力化させた。


数年間、武術の鍛錬を積んだ王女は、大莫離支直属の情報機関である趙義府(チョイブ)に男のふりをして志願する。



第12話



男装した王女は、狙いどおり趙義府に採用された。


だが国王ジャンは、王女だと見抜く。


趙義府の総官ヨン・ナムセンは、異母兄である副総官ヨンチュンに「淵蓋蘇文の長男」の座を奪われ、対抗意識を燃やすのだった。



第13話



趙義府の副総官ヨンチュンは、新人のソ・ムヨンを王女ではないかと疑うが証拠をつかめずにいた。


王女は淵蓋蘇文を討つため、国王ジャンと手を組む。


新たな大対盧の座を巡り、淵派の大臣やヨン・ナムセンらがしのぎを削るなか、自己アピールの一環として淵蓋蘇文の功徳碑を建てようとしたヤン・ジヌクが、除幕式で死体となって見つかった。



第14話



クムファ団は趙義府の地下牢に火を放ち、収監されていたソサボン団長を脱獄させた。


廃王の残党の本拠地情報を得たナムセンは、部下を引き連れて乗り込むが、わなにかかったことを知る。


王女は現場に来たヨンチュンを斬ろうとするが躊躇し、逆に彼をかばって矢を受けてしまった。



第15話



クムファ団のわなにかかったナムセンは、責任を問われ趙義府の副総官に降格となる。


代わりにヨンチュンが総官となった。


ソ・ムヨンが女性と知ったナムセンは、彼女を使ってヨンチュンの弱みを握ろうとする。


ヨンチュンは、王女と判明したムヨンを説得して逃がそうとするが、彼女は復讐をやめようとしない。



第16話



王女を救出するため、クムファ団はヨンチュンの母親を拉致した。


人質交換要求を受けたヨンチュンは、1人で王女を連れて出る。


だがクムファ団は約束を破り、ヨンチュンを捕らえたのだった。


失望した王女は、ヨンチュン母子の救出に向かう。


他方、淵蓋蘇文はナムセンから、ソヒ王女が趙義府に潜入していたことを知らされた。



第17話



王女は、ヨンチュンが3年前に自分の逃亡を助けていたことを知り衝撃を受ける。


ヨンチュンは、クムファ団との内通の疑惑を払しょくするため、モソルとの縁談を受け入れた。


反乱計画を変更した王女は、国王ジャンの協力のもと、自ら淵蓋蘇文を斬る機会を得た。


だが、とどめを刺す前にヨンチュンが現れ、妨害される。



第18話



淵蓋蘇文の暗殺に失敗した王女は趙義府に追われるが、ヨンチュンの助けにより逃亡に成功する。


だが結局は、ヨンチュンの母親をかばって捕らわれの身となった。


母親はナムセンに殺されてしまう。


クムファ団との関係を疑われたヨンチュンは、疑念を晴らすため王女を拷問しなければならなくなる。



第19話



淵蓋蘇文は王女に死刑を言い渡すが、「ヨンチュンを悲しませたくない」と本心をほのめかす。


チャン教官らの手助けにより、王女は牢から脱出した。


父に見放されたナムセンは、国王ジャンや大臣らを抱き込んで謀反の準備を始める。


王女に淵蓋蘇文を殺させて即位させ、自らその夫になるという企てだった。



第20話【完結】



ナムセンは閲兵式の場で反乱を起こす。


だが王女は淵蓋蘇文を刺さず、血で血を洗う復讐劇の終わりを告げて自害しようとした。


それを、瞬時に阻止したヨンチュン。国王の裏切りを知り、激怒したナムセンは王女を刺そうとする。


身を挺して彼女を守ったヨンチュンは致命傷を負ってしまった。


それを見た王女は、わざとナムセンに刺され、ヨンチュンに寄り添うようにして息絶えたのだった。



« 1 2

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ