「輝くロマンス」のあらすじ

各話あらすじ

※あらすじ LIST※
第1話



ハジュンは大学を早期卒業しリゾート事業部の本部長に就任し初出勤する。

ハジュンは部下とリゾートを視察中に、ビンナがストーカー行為をしていると勘違いし、助けようとする。

ビンナに会いに家族旅行中のホテルにまで押し掛けたテシクは、プールに落ちてずぶ濡れになった体を洗うためにシャワーを借りるが、髪を乾かしている間にビンナの両親と妹が部屋に戻り鉢合わせする。

ビンナの父は激怒したが、シャワーを借りただけだというテシクの話を信じ、その上ビンナとの交際も許可する。

テシクの母親はテシクの医師免許取得を記念して水仙花会の仲間に食事をごちそうするために青雲閣を訪れる。

一方、ハジュンの母親 テリはハジュンの初出勤が心配で、自分で車を運転してリゾートに向かう。



第2話



ビンナはハジュンにお礼を言うが、ハジュンはやっていることと言っていることが違うとビンナを非難し2人は口論になる。

ビンナは両親と妹とリゾートで過ごし仲むつまじく過ごし、テシクに引かれたきっかけやユンナが留学することについて話す。

ビンナの母は、ビンナが料理を食べただけで材料を当てることができるのは誰にでもできることではないと娘を誇りに思う。

マルスクは見合い業者を通じてチェリの家が桁違いの金持ちであるとの話を聞き、テシクとチェリが結婚してほしいと思う。

ビンナの父は会社からの電話を受け、急きょ1人で帰ることになる。

一方、車に乗ってリゾートに向かっていたテリは、交通事故を起こして怖くなり慌ててその場を離れ逃げる。



第3話



ビンナの父がテリの車にひき逃げされ、事故で救急搬送される。

知らせを受けたビンナたちは病院に向かおうとするが、真夜中でタクシーを待たなければならないため、ハジュンがビンナの家族を病院まで送る。

手術室に運ばれる父を見送り無事を祈るが、事故に遭ってから搬送されるまでに時間が経ちすぎていたせいで、手術のかいもむなしく父は死亡する。

ハジュンの父は明け方になっても帰らないテリを心配してハジュンに電話をするが、テリの手がかりがつかめない。

テリは家には帰らずウエディングショップに隠れているが、事故を起こして逃げた恐怖で震えが止らない。

テリは事故の証拠隠滅を図るために運転手に電話をかけ、車を整備に出し、きれいに洗車するよう依頼する。



第4話



チェリは留学する前に父との関係を改善したいと考え、突然、父が勤める大学を訪れ待ち伏せしてデートに誘う。

テリは退院して家に帰るがやつれて力を落とし、ひき逃げ事故が発覚するのではないかと不安な日々を過ごす。

ユンナは警察を訪れて父が遭った交通事故の詳細を聞く。

事故後に雨が降って現場の状態が保存されておらず、人通りの少ない道だったために目撃者が現れるのは期待できない状況だが、父をひき逃げた犯人を必ず捕まえてほしいと頼む。

ユンナは父を殺しただけでなく自分の夢まで壊した犯人を絶対に許さないと誓う。

マルスクはテシクを誘い出し青雲閣に向かう。

ユン女史に会ってさりげなく姻戚関係を結ぼうと提案し、テシクを紹介する。



第5話



青雲閣の孫娘が気に入ったテシクの母はユン女史に電話をかけ、ユン女史の孫娘がうちの息子について何か話してなかったかと聞くが、チェリはテシクに他に女性がいるのに母親に無理に連れてこられたようだと話したことを伝える。

するとテシクの母は、慌てて否定し、婚期を逃す前にいい相手を探すのが孫のためだと、再び自分の息子をアピールする。

父との関係を改善したいと考えているチェリは、父のネクタイを直そうとするが、差し出した手をはねのけられて深く傷つく。

ハジュンは小学校の時の写真の仲の幼いビンナを見て懐かしんでいるうち、ふとリゾートでのことを思い出し、あの時ぶつかったのはビンナであると確信する。

ハジュンはビンナと通った小学校を訪れる。



第6話



キム運転手はテリに交通事故を起こしたことはないかと聞くが、テリは余計なことを言うなと言い返す。

ビンナ一家は破産し、家財の差し押さえと家の明け渡しを迫られる。

ユンナのチェロだけは持っていかないでくれと頼み込むが聞き入れてもらえず、3人は涙に暮れる。

家を追われた一家にテシクは誠心誠意尽くし、新しい住まいを探す。

ハジュンはビンナの携帯番号と住所を手に入れビンナの家を訪れるが、すでに家を追われた後で会うことができない。不動産店に出向き、もし連絡があれば自分のところに連絡するように伝えてほしいと店主に名刺を渡す。

テシクの母はテシクに電話をかけ、ビンナと結婚したければしろと言う。

喜んだテシクはビンナを連れて母のところに挨拶に行く。



第7話



テシクが病院に急用で呼ばれて席を外したとたんにテシクの母の態度が急変する。

テシクの母はビンナに、絶対にテシクとは結婚できないと告げる。

テリはキム運転手に、病気の母親や刑務所に入っている間の家族の生活も手厚く面倒を見る代わりにひき逃げの罪をかぶってほしいと頼み込み、キム運転手は自首する。

ビンナ一家はひき逃げ犯が自首したと連絡を受け、警察に向かう。

ビンナの母はキム運転手を見て号泣し失神する。

ハジュンの父は秘書からキム運転手が自首したと連絡を受け、ハジュンの父とギジュンがキム運転手を非難するとテリが懸命にかばう。

チェリが英国に留学するため、祖母、父、キム執事が空港で見送る。

ビンナは家計を助けるために休学し、アルバイト先を決める。



第8話



テシクは母がビンナを気に入ったと言いつつも、裏ではビンナにひどい仕打ちをしたことを知り、激怒する。

ひき逃げ犯の弁護士がビンナの家を訪ね示談を提案する。

心情的には示談に応じたくないが、今後の生活のことや、家の保証金をテシクに借りていることなどを考えると、示談せざるをえないとの結論を出す。

ハジュンはようやくビンナを見つけ出すが、タッチの差で逃してしまう。

テシクはビンナに永遠の愛を誓うが、ビンナは借りていた家の保証金を返し、もう会うのはやめようと別れを切り出す。

テシクの母は、睡眠薬を飲んで自殺未遂を図ったテシクを見て気持ちを改め、ビンナとの結婚を許す。

7年後、ビンナは紛れもない主婦の姿となり家事をしている。



第9話



ユンナは母親と2人きりで母親の誕生日を祝う。

ビンナの母親とテシクの母親は同じ誕生日なので、結婚以来、ビンナは母親の誕生日を祝いに行くことができない。

その頃、ビンナは姑とテシク、ヨンドゥとペンションで姑の誕生日を祝っている。

テシクは不倫相手とのメールのやり取りで忙しく、いつまでトイレからいつまでも出てこない。

ビンナは母親に電話をかけて誕生日を祝う。

チェリが留学から帰り、祖母と父は空港に迎えに行く。

ハジュンは父親に、自分が会長の息子であることを隠してホテルで一から働きたいと言いだす。

ビンナはデパートの食品売り場のイベントで当てた韓牛の詰め合わせセットを姑からの贈り物であるかのようにして自分の母親に贈る。



1 2 3 4 5 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ