「運命のように君を愛してる」のあらすじ

各話あらすじ

第11話



目覚めた時ゴンは、ミヨンと出会ってからの3ヶ月間の記憶を失っていた。


無理に思い出させるのは良くないと周囲が事実をひた隠す中、ゴンはミヨンに関する悪意あるネット記事を見つけてしまう。記事について否定しないミヨンに冷たい言葉を浴びせるゴンだったが、身の回りにあふれた思い出の品に触れるうちに、忘れていた3ヶ月間の記憶が断片的によみがえっていく。



第12話



自らが発病したかもしれないと知り、ゴンは記憶が戻っていることを隠したままミヨンに別れを告げる。


ミヨンはそれを受け入れるが、別れ際にミヨンが交通事故に遭い、ケットンを失ってしまう。


全てを忘れて2人で新しく始めたいと申し出るミヨンだったが、ゴンは再びミヨンを忘れてしまう恐ろしさから、冷たく突き放してしまう。


深い悲しみの中、ミヨンは異国での新たなスタートを決心する。



第13話



留学中から新進気鋭の画家として注目されていたミヨンの姿を、ゴンは遠くから見守り続けていた。


そして韓国での初個展が決定し、ミヨンは3年ぶりの帰国を果たす。


その個展をこっそり見に行くゴンだったが、ある作品に目を奪われその場で購入を決める。


一方、その絵を売るつもりがなかったミヨンは、購入をキャンセルしてもらおうと購入者に連絡を取ろうとする。



第14話



“ヨンジャ”という偽名で子供の絵を購入したゴンは、ミヨンとメッセージの交換を始める。


ファン1号として彼女を励ますヨンジャの言葉にミヨンは勇気付けられていく。


そんな中、チャンイン化学の新たなコラボレーション企画の候補にミヨンの名が挙がり、ゴンとミヨンは再び顔を合わせるようになる。


一方、探し続けていた妹が見つかったと連絡を受けたダニエルは、ミヨンを連れ再会の場所へと向かうが・・・。



第15話



ダニエルの心からのプロポーズに即答できないミヨン。


その場に居合わせたゴンは、ミヨンには過去にとらわれずに前を向いて生きてほしいと願う。


そんな中、コラボレーションを引き受けることになったミヨンは樹木園に下調べに出かけたが、そこでゴンと鉢合わせをする。


突然の大雨でソウルに戻れなくなった2人は、園の小屋で一晩を明かすことになり…。



第16話



コラボレーションに必要な資料を閲覧するためチャンイン化学へ通うことになったミヨン。


そんな彼女を放っておけないゴンは何かと世話を焼こうとするが、ミヨンはそっけない態度を取るばかり。


しかし彼女も、忘れたはずのゴンの存在に心が乱されるのを感じていた。


そしてコラボレーション企画も無事終了し、ミヨンに対する思いもすべて断ち切る決心をしたゴンは、購入した絵を返そうとアトリエへ向かう。



第17話



絵を購入した“ヨンジャ”が自分だとミヨンにばれてしまったゴンは、自分の思いを悟られまいとミヨンを突き放す。


しかし再会したセラから3年前の真実を明かされたミヨンは、当時ゴンの態度が急変したことに疑問を持ち始める。


そしてフランスへ発つ日の朝、ゴンが録音した遺言を聞き心が揺れるミヨン。


一方ゴンは社長の職を降りる決心をし、会見を開こうとしていた。



第18話



3年前ゴンが自分を突き放した理由のすべてを知ったミヨンは、ゴンが会見中の会場に乗り込んでいく。


お互いの気持ちを確認し、共に生きていく決心をした2人。


だがゴンの病気を知ったミヨンの母は、ミヨンにつらいと分かっている道を歩ませたくないと強く反対をする。


一方、ヤケ酒をして酔ったダニエルを部屋まで送ったセラは、そこに飾られたある写真を発見し戸惑うが…。



第19話



新居で新しい生活を始めたミヨンとゴンは、ささやかでも幸せな生活を送りながら、いまだ2人の結婚を反対しているミヨンの母を説得するため手を尽くしていた。


そんな中、ゴンは父親が残した手記を通して、当時の真実と父親の本当の思いを知っていく。


一方セラはダニエルを訪れ、写真の少女は自分かもしれないと告げる。


そしてミヨンとゴンの結婚式の当日、2人が消えたと大騒ぎになるが…。



第20話【完結】



無事結婚式を終えたゴンとミヨンは新婚旅行の済州島に訪れていたが、そこになぜかタク室長とヨンの姿があった。


彼らは、ひ孫の誕生を望むゴンの祖母から特別な任務を受けていたのだった。


一方、長い間探し続けていた妹がセラだということを知ったダニエルは、もう二度と妹を失わないと誓う。


そして数年後、子供にも恵まれ幸せな家庭を築くゴンとミヨンの姿があった。



« 1 2

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ