「ずっと恋したい」のあらすじ

血縁と養子縁組、貧乏と豊かな生活、年上年下カップルの偏見を破る、爽やかで溌剌とした6人の男女のラブストーリーと、彼らをめぐる大人たちの温かいストーリーを描くホームドラマ

【テヤン♥ユリ】
病院長の娘であり、放送局の教養プロデューサーであるチェ・ユリ(イム・セミ)は、何不自由なく育ったが、過酷な仕事に飛び込んだ熱血キャラ。チェ・ユリは偶然出会ったソ・ハジュンを自分からデートに誘うほど、堂々としていて積極的な人物だ。イム・セミはチェ・ユリ役を通じて、初対面の時から惹かれていたソ・ハジュンと、ぶつかり合いながらも結局は恋に落ちるハツラツとしたロマンスを描く。

【ジェミン♥セッビョル】
若くして母になったキム・セッピョル(ナム・ボラ)は、様々なバイトをしながら5歳の娘スア(ハン・ソジン)を育てる。25歳のシングルマザーであるキム・セッピョルは、いつも微笑みを忘れずに暮らしてきた。そんな彼女とは正反対の人生を生きてきたアパレル会社の常務チェ・ジェミン(イ・ギュハン)と忘れられない出会いを果たし、全く違う二人が恋愛模様を描く。

【ウジュ♥ミレ】
5歳年下のウジュ(ユン・ジョンフン)と結婚するために妊娠したと嘘をついて騒ぎを起こすミレ(キム・イェウォン)のハツラツとしたラブストーリーを描く。妹セッピョルの娘スアを自分の娘として育つと決心するため結婚までに逆境と闘う。

番組紹介へ

各話あらすじ

※あらすじ LIST※
第1話



整形外科医のテヤンは、院長の息子ユビンに代わり、サッカーのチャン・ギス選手の手術を担当する。

その手術を取材しに行ったユビンの双子の姉ユリは、初対面のテヤンに以前にも会ったことがあるような気がする。


マルスクの家の近所に、高校時代の同級生スッキが引っ越してくる。


昔スッキの家の家政婦をしていたマルスクの母は、掃除を手伝うと言って彼女の家に行き、小遣いをもらう。


スッキの息子ジェミンはアパレル会社の常務で、釜山出張の際に立ち寄った食堂で犬から逃げているところをセッピョルに助けられる。



第2話



マルスクは、母親が今でもスッキをお嬢様扱いするのが気に入らない。

母親を自分の家に帰らせようとして妹に迎えに来るよう電話するが、妹は家を差し押さえられて釜山にいることを知る。


釜山で友達の家に住んでいるセッピョルは、友達の恋人が来ると娘を連れてサウナに泊まる。


そして、サウナでマルスクの妹ジンスクに見つかる。


妹から連絡をもらったマルスクは夫と一緒に釜山へ向かい、未婚のセッピョルに娘がいることを知る。


テヤンの弟ウジュは、年齢をごまかしていた年上の彼女ミレと別れようとする。




第3話



セッピョルと娘のスアは、迎えに来た両親と一緒にソウルへ帰る。

チャン選手が病院から抜け出す。


テヤンは、行き先に心当たりがあると言うユリを追いかけて練習場へ行く。


そこで練習に打ち込むチャン選手の姿を撮影しようとするユリと、病院へ連れ戻そうとするテヤンで意見が対立する。


ミレは、別れようとするウジュを引き止めたい一心で、妊娠したと嘘をつく。


マルスクの母ジョムスンは、住み込みの家政婦として働こうとスッキの家に行くが、雇ってもらえない。


スッキからその話を聞いたマルスクは、母親ともめて落ち込み、さらに母の家が競売にかけられたことを知ってショックを受ける。




第4話



ユビンたちが家族で外食をしているところに、いとこのジェミンが通りかかる。

スッキはジェミンからその話を聞くと、姑に告げ口をする。


自分だけのけ者にされたと思った姑は、ユビンの母ヨンランにつらく当たる。


マルスクは、スアは自分が育てるから、子供を置いて出ていけとセッピョルに言う。


しかし、セッピョルは子供を捨てることはできないと言い、自分の店を持つために働いてお金を貯めることにする。


マルスクは、スアを長男のテヤンの籍に入れさせたいと姑に相談するが、テヤンを一番大事にしている姑に猛反対される。


セッピョルは、東大門市場の店員になるために面接を受けに行くが、社長にすっぽかされる。


そして、偶然その場に居合わせたジェミンと再会する。




第5話



ジュースを噴き出してセッピョルの服を汚してしまったジェミンは、セッピョルが自分で作ったというその服のデザインが気に入り、新しい服と引き換えにそれをもらう。

ユリは、撮影に協力してくれたお礼に、テヤンを食事に誘う。


そこで彼が自分の母親と同じくエビアレルギーであることを知り、彼の目が自分の母にそっくりだと言う。


ヨンランは、姑に言われたとおりに子供も作らず、実の子ではないユリとユビンを育ててきたのに、姑に冷たくされてつらい思いをする。


ミレは、ペンションに行きたいとウジュを誘う。


するとウジュは、ペンションに行くふりをして、妊娠検査をするため産婦人科に向かう。


尿検査をしなくてはいけなくなったミレは、トイレで会った妊婦の尿をもらう。


セッピョルは、家政婦募集の求人を見て、経験があるから是非やりたいと申し出る。




第6話



セッピョルは、夜は東大門で働き、昼は家政婦のアルバイトをすることに。

そして、スッキの家に家政婦の面接を受けに行き、採用される。


マルスクはテヤンにスアを戸籍に入れてくれるよう頼み、承諾を得る。


それを聞いた姑は、テヤンの戸籍を汚すなと断固反対する。


ユリは、食事をしてから一向に連絡をしてこないテヤンに会いに行く。


しかし期待に反し、興味があるとは言ったがそれほどではないと言われる。


セッピョルの服を基にサンプルを作らせたジェミンは、そのデザインがブランド物のコピーだと聞かされ、セッピョルを呼び出す。


会社に出向いたセッピョルは、一方的に責めるジェミンの態度に腹を立てる。




第7話



ジェミンに今シーズンのデザインのコピーだと言われたセッピョルは、コピーでない証拠に1年前にその服を作った時に撮った写真を見せる。


スッキは、細かいところまで気配りが行き届くセッピョルのことを気に入る。


ウジュはミレと結婚してスアを育てようと考え、父親に話す。


一方、ミレは母親に妊娠がバレるが、母親は男なら誰でもいいから結婚しろと大喜びする。


ユリとユビンは、祖母から見合いを勧められて嫌がる。


ユビンが家族全員のいる席で、ユリはテヤンのことが好きだと話し、祖母にも知られてしまう。


プールでテヤンに会ったユリは、彼目当てで入会したと誤解される。




第8話



ユリの祖母は、テヤンの人事記録を調べる。

セッピョルは、スアの戸籍のことで母と祖母が言い争ったことを聞く。


そして、娘の将来を心配するマルスクに、スアを置いて家を出ろと言われる。


ジェミンは、中国のバイヤーに自社製品のプレゼンをする。


社長である父から中国側の要求に従えと言われるが、そうすると製品がコピーされかねないと頭を悩まし、コピー問題をめぐってもめたセッピョルのことを思い出す。


スッキに気に入られたセッピョルは、家政婦の仕事を毎日することになる。


ジェミンの部屋を掃除している時に、着替えに戻ったジェミンと鉢合わせるが、お互いに顔を見ずに終わる。


ユリは病院に押しかけ、テヤンと食事に行くことに。


僕が好きかと聞かれて答えに困っていると、“僕はあなたが好きだ”と言われて驚く。




第9話



人事記録でテヤンの実家について調べたユリの祖母は、財産が狙われることを心配し、付き合い始める前にユリと別れさせようとする。

ユリはテヤンから、今の両親が本当の親ではないようだが、真実を聞けずに悩んでいることを打ち明けられる。


そして愛情が欠乏したせいで自己防御して、誰かを愛したり責任を持ったりできなくなったという彼に、愛の感情が芽生えるようになるまで待つと言う。


マルスクは夫から、ウジュが恋人と結婚し、スアを自分の戸籍に入れて育てると言っていることを聞き、余計なことをするなとウジュを怒る。


テヤンはセッピョルを呼び出し、スアの戸籍のことを相談する。


セッピョルは、正直に言うと戸籍だけは世話になりたいけれど、結婚前の兄に面倒はかけられないと言う。


ジェミンの家に家族写真がないことに気づいたセッピョルは、3年前に次男が交通事故で亡くなって家中の写真が捨てられたことを知る。




1 2 3 4 5 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ