「六龍が飛ぶ(原題)」のあらすじ

 貴族が権力を独占する高麗末期。イ・バンウォンは武将の父イ・ソンゲ(チョン・ホジン)を“真の男” として尊敬していた。ところがある日、政敵であるイ・インギョム(チェ・ジョンウォン)に服従する姿を目撃してしまい、失望。民を守るために人々を鼓舞するチョン・ドジョン(キム・ミョンミン)に憧れを抱くようになる。
6 年後。世の理不尽に嘆くバンウォン(ユ・アイン)は、ドジョンが新たな国家の建設を計画していることを知り、彼の残した暗号から父の統治する辺境の地・咸ハム州ジュへ向かう。そこには、貧しさから苦難の道を歩むプニ(シン・セギョン)、武士として名を馳せようと村を出てきたムヒュル(ユン・ギュンサン)の姿もあった。ソンゲは中央の政治から身を引いていたが、ドジョンはそんなソンゲに「新しい国をつくりましょう」と告げる。

番組紹介へ

各話あらすじ

各話あらすじはありません。

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ