「むやみに切なく」のあらすじ

各話あらすじ

≪第1話≫最高の韓流スター シン・ジュンヨン(キム・ウビン)は、ドラマのラストシーンを撮影中、銃に撃たれて死ぬのが気に食わないと言いがかりをつけて、現場を立ち去る。
一方、ドキュメンタリー番組のプロデューサー ノ・ウル(ペ・スジ)は、企業から金を受け取って不正を見逃すが、それが原因で会社を解雇される。
そんな時、シン・ジュンヨンのドキュメンタリーがお流れになったと嘆く、あるプロダクションの撮影スタッフの話を聞いたウルは、ジュンヨンを説得してドキュメンタリーを撮ることができたら、自分を採用してくれと頼み込むのだったが…。
≪第2話≫高校生だったジュンヨンは、女子に嫌がらせをする金持ちの男子生徒を止めたせいで停学処分を食らうが、その男子生徒らをぶちのめして警察の厄介になる。
警官の言葉に奮起したジュンヨンは、検事を目指して猛勉強を開始するが…。
一方、ジュンヨンと同じ高校に通っていたウルは、親友ナリの失恋をきっかけにジュンヨンと知り合うが、そんなある日、ウルは、その後の彼女の人生を変えてしまう、父親の交通事故を目撃するのだった。
≪第3話≫倒れたノ・ウルは病院で目を覚ます。
シン・ジュンヨンは、つらい気持ちを紛らわすために、ドラマで共演した女優の誕生パーティーに出かけるが、ウルとの様々な出来事を思い出す。
ジュンヨンのマネージャー クギョンは、ウルを家まで送っていき、借金取りの乱暴な取り立てを目撃する。
ジュンヨンは、母親ヨンオクに会いに行くが、ヨンオクはクギョンを呼び、冷たく追い払う。
クギョンは、ジュンヨンに、ウルの苦境を話して聞かせ、漢江のほうへ向かったから身を投げたかもしれないと言う。
ウルが心配になったジュンヨンは漢江に車を走らせるのだが…。
≪第4話≫漢江にかかる橋の上から、トップスターカップルのデート現場を目撃したウルは、写真を撮ろうと橋の欄干から身を乗り出す。
その姿を見て、ウルが身を投げようとしたのだと誤解したジュンヨンは、ウルにドキュメンタリーを撮ると言う。翌日、ウルはジュンヨンの家を訪ねるが、ジュンヨンはドキュメンタリーを撮らないと言い出す。
ジテ(イム・ジュファン)は、愛してもいないジョンウンにプロポーズをし、ウルを思って苦しむ。
ジュンヨンは突然 激痛に襲われ、残された時間が長くないことを思い知らされるのだが…。
≪第5話≫ジュンヨンは、ドキュメンタリーの撮影中に、自分の余命を3ヶ月だと仮定して濃密な恋愛をしないかと、進行役のウルに提案する。
ウルはトップスターとの恋愛なら大歓迎、SNSで発表しても構わないかと切り返し、やり込めるが、進行役を降ろされてしまう。
行きつけの店でやけ酒をあおるウルを慰めるジテ。
ウルは、そんなジテに、酔った勢いでプロポーズして断られてしまう。
ジュンヨンは、ウルにドキュメンタリーの進行を続けさせ、コンサート会場でウルにプロポーズするのだが…。
≪第6話≫大勢のファンと取材陣に取り込まれながらも、コンサート会場を抜け出したジュンヨンとウルは、海辺の町にたどり着く。
焼酎をがぶ飲みしたウルは、ジテに電話をかけ、付き合ってほしいと泣きながらくだを巻く。
父親とウルの悪縁を知るジテは、ウルの気持ちを受け入れられないことに涙し、嫉妬したジュンヨンは、携帯を取り上げ、海に投げ捨ててしまう。
翌日、ソウルに戻ってきたウルは、前日の夜の出来事を少しずつ思い出す。
そして、姿を消したジュンヨンを捜しに、巨済島に戻るのだが…。
≪第7話≫ジュンヨンは、酔いつぶれたウルを見ながら、手放せなくなりそうだから、1人で島へ行くと言い、姿を消す。
ジュンヨンを捜しに島に戻ったウルは、ジュンヨンのそっけない態度を見て、 自分の酒癖の悪さが原因だと思う。
一方ジョンウンは、ジテの行動を疑い、ウルについて調べ始めるが、そんなジョンウンに、 ジテはウルを愛してると告げるのだが…。
≪第8話≫ジュンヨンは、ウルに心からの告白をし、キスをする。
ウルは、ジュンヨンに心を奪われるなと言ったジクの忠告を思い出して苦しむ。
ユナのインタビューでジュンヨンとのスキャンダルが既成事実化され、インタビューを見ていたナリは、ウルに、ジュンヨンがウルを利用したのかと聞く。
ウルの家で鉢合わせになったジュンヨンとジテは神経戦を繰り広げる。
ジュンヨンは、ウルをヨンオクのユッケジャン店に連れて行き、ウルを自分の好きな人だと紹介するのだが…。
≪第9話≫ジュンヨンがユナとのスキャンダルを認めた状態で、ウルはドキュメンタリーの撮影を続ける。
ジテは、気持ちに踏ん切りをつけようと、ジョンウンのキッチンスタジオを訪ね、激しいキスを交わす。
ジテの母親のウンスは、ジュンヨンの登場に危機感を覚え始める。
一方 ウルは、ジュンヨンが撮影中に大けがをしたという知らせを受け、ジュンヨンが担ぎ込まれたという病院に急ぐのだが…。
≪第10話≫イベント会場にヨンオクが来ないと知ったジュンヨンは、電話でヨンオクに今までの怒りをぶつけ、賞を辞退して会場を後にする。
ウルは、イベント会場に来たヒョンジュンの姿を見ながら、父親が生きていた頃の幸せな記憶を思い出す。
そしてヒョンジュンに向かって車を発進させる。
一方 ジョンウンは、父親との会話の中で、自分が起こしたひき逃げ事故の被害者が死亡したことを知るのだが…。

1 2 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ