「サム、マイウェイ~恋の一発逆転!~」のあらすじ

高校時代、テコンドー選手として名を馳せたドンマン(パク・ソジュン)は、ある事件をきっかけに引退。現在は、スポーツとは無縁の平凡な生活を送っている。一方、幼なじみのエラ(キム・ジウォン)はアナウンサーの夢を諦め、デパートの案内係として、しがない毎日を送っていた。ふたりは向かい合わせに住み、会えばケンカをしたり、慰め合ったり……。ある日、師匠のチャンホ(キム・ソンス)に格闘技観戦に連れて行かれたドンマン。そこには因縁のライバルだったタクス(キム・ゴヌ)がスター選手として活躍していた。悔しさが拭えきれないドンマンは、格闘技選手として人生をやり直すことを決意する。

番組紹介へ

各話あらすじ

第11話ついに恋人同士になったドンマンとエラ。2人は海辺で幸せな時間を過ごしてソウルに戻るが、翌朝なんとドンマンのアパートの上階にヘランが引っ越してくる。ヘランは2人が付き合い始めたと知ってもまったく動じず、エラに挑戦的な態度をとる。そんな中、格闘技大会の計量日を迎えたドンマン。タクスの策略により、彼は同じジムの仲間だったドゥホと対戦することになってしまうが…。一方、エラはリングアナウンサーの仕事に興味を抱いて…。
第12話一つのベッドで抱き合って眠ったドンマンとエラは、翌朝ソリに叩き起こされる。ジュマンが無断外泊したばかりかまだ連絡も取れないと聞き、エラは激怒。ためらうソリを連れてイェジンのマンションへ向かう。一方、ドンマンはチャンホに呼び出され、タクスが記者会見で卑怯な嘘をついてドンマンに勝負を挑んだことを知る。ドンマンはトレーニングを積んでタクスと対戦することを決意。父親にも格闘技選手になったことを打ち明けるが…。
第13話タクスとの対戦に向けてトレーニングを積むドンマン。エラは試合出場に猛反対するが、10年間ずっと苦しんでいたドンマンはこれ以上逃げずに戦いたいと話す。そんな中、ジュマンとソリの母親が偶然アパートを訪れ、ジュマンはソリと別れたことを母親たちに明かす。出社後、ジュマンはイェジンを飲みに誘うが…。一方、娘から大家のボクヒを紹介されたソリの母は仰天し、ドンマンの母に電話をかける。その後、ボクヒの家に意外な来客が訪れて…。
第14話テレビ局とリングアナウンサーの最終面接日が重なり、エラは悩んだ末にテレビ局のアナウンサー試験を選ぶ。面接当日、ドンマンから「心が弾むほうを選べ」と言われたエラは再び悩み始めて…。ソリはイェジンに呼び出されて警戒するが、ジュマンについて意外な話を聞かされる。一方、ジュマンは会社の飲み会でソリと親しげに話すインターンを見て不機嫌になるが…。そんな中、いよいよドンマンとタクスが宿命の対決を果たす日がやってくる。
第15話試合後に聴力を失い、精密検査を受けたドンマン。エラは一時的なものだという医師の言葉を聞いてホッとするが、別の深刻な問題を宣告されて不安を抱く。自宅に戻ったドンマンはひたすらベッドの上で過ごし、エラは看病を続ける。そんな中、エラは格闘技番組のMCを務めることに。選手へのインタビューで競技中のケガの怖さを知ったエラは、ドンマンに究極の選択を迫る。一方、ギョングはドンマンに無許可でドキュメンタリ番組を放送するが…。
第16話(最終話)別れたエラへの未練を捨てられないドンマン。一方、エラも何かと理由をつけてドンマンを気遣う。そんなある日、エラはボクヒの家で見覚えのあるものを発見して…。一方、ソリは会社を辞め、本格的に梅酒の通販を開始。課長候補となったジュマンはソリの父親の誕生日に彼女の実家を訪問するが…。ドンマンはついにタクスとの再決戦の日を迎え、リングアナウンサーを務めるエラ、そして仲間や家族に見守られながらすべてをかけた戦いに挑む…。

« 1 2

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ