「ワンダフル・ラブ〜愛の改造計画〜」のあらすじ

若い頃に夫を亡くし、女手ひとつで3人の子どもたちを育ててきたボッキ(ペ・ジョンオク)。子供たちのために死に物狂いで働き、その甲斐あって今ではビルのオーナーになるまでのセレブに。一方の子どもたちはボッキのお金を使って贅沢三昧の日々。長女のヨンチェ(チョン・ユミ)は買い物中毒、長男のヨンス(キム・ジソク)はお人好しで騙されてばかり。そして末っ子のヨンジュン(パク・ボゴム)は大学をサボってクラブで遊び歩く毎日。ナンパ王子で女性トラブルも絶えないが、ボッキにとっては愛嬌満点の可愛い末っ子だ。そんなある日、ボッキは若年性認知症の初期と診断されてしまう。トラブルばかりの子供たちを独り立ちさせるため、自己破産を装ったボッキは3人をしつけ直すことに!

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話貸金業で成功した母ボッキのクレジットカードを使い、毎日デパートで豪遊しているヨンチェ。いつものようにショッピングを楽しんだヨンチェは、自分と同じスポーツカーに乗っていたフンナムと最悪の出会いを果たす。その後、ヨンチェは親友のダジョンとファッションショーを訪れ、会場でフンナムを見かけてギョッとする。一方、ダジョンは夫ジャンホの秘書ナンヒが自分と同じネックレスをつけていることに気づき、不審に思うが…。
第2話自社ビルの竣工式の日、ボッキはヨンチェからの電話に気を取られ、駐車場で車にはねられてしまう。三姉弟は病院に駆けつけるが、母の容態よりも金の心配ばかりして秘書のドンスを呆れさせる。一方、フンナムは激怒した中国人投資家ウェインの心を再びつかむため、秘密兵器を準備してホテルへ。ところが、ウェインはすでに韓国を去っていた。ジャンホとナンヒは、ファッションショーが台無しになった責任をフンナムに負わせようとする。
第3話ボッキは医師のユンジェから初期のアルツハイマー病であることを告知され、ショックで涙を流す。子どもたちには言わないでほしいとドンスを口止めして帰宅したボッキは、リビングに集まった見知らぬ人々を見て仰天。三姉弟がそれぞれトラブルを起こしたことを知って激怒する。そんな中、ヨンチェはフンナムの会社に押し掛け、ファッションショーの損害賠償責任はナンヒにもあるはずだと訴える。一方、ジャンホはフンナムに辞表を出せと迫るが…。
第4話病気が進行する前に三姉弟をしつけ直そうと決意したボッキは、貸金業者のファン会長の家を訪れる。大富豪だったファン会長はドラ息子に財産を食い潰され、貧しい生活を強いられていた。ボッキはファン会長のアドバイスに従い、財産相続に関する重大発表をすると予告して三姉弟をセブ島へ連れていく。一方、フンナムは両親が遺したナラファッションで兄ギナムと共に働くことを決め、バカンス中のウェインを追ってセブ島に向かう。
第5話シャシャは謎の中年女性と自分を「パパ」と呼ぶハピルの登場に頭を悩ませる。一方、スジンは母ウノクに「結婚したい人がいる」と打ち明け、一度フンナムと会ってほしいと話す。ウノクはフンナムの家が裕福ではないことを知ると、頭ごなしに結婚に反対するが…。一方、フンナムはセブ島でウェインと食事をするチャンスをつかむが、サンプルのドレスが入ったカバンを紛失。ヨンチェは自分がドレスを作ると言い、徹夜で作業をする。
第6話ヨンチェと弟たちの協力で、フンナムは無事にファッションショーを成功させる。ウェインはヨンチェがアレンジした新しいデザインを気に入り、注文書を送ると約束。フンナムはヨンチェに感謝の言葉を告げ、セブ島を離れる。そんな中、ボッキはついにプロジェクトを開始し、三姉弟の前で一芝居打つ。一方、フンナムは自分との結婚を急ごうとするスジンに困惑。ジャンホは母のウノクがフンナムに会うことになったことを知って焦るが…。

1

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ