「愛の温度(原題)」のあらすじ

料理番組に出演するスターシェフのジョンソン(ヤン・セジョン)。番組の収録中に突然、脚本家のヒョンス(ソ・ヒョンジン)が現れ、監督と喧嘩になる。そんなヒョンスをジョンソンは庇うが、彼の姿を見て驚くヒョンス。実は彼はヒョンスの初恋相手だった……。遡ること5年前、29歳のヒョンスは安月給で苦しい生活を送りながらも、脚本家デビューできる日を夢見ていた。ある日ランニング同好会で初めて出会った年下の青年ジョンソンと走っている途中、雨に降られてしまう。雨宿りすることになったヒョンスとジョンソンだが、ヒョンスはタメ口で話すジョンソンの態度が気に入らない。そんな時、ジョンソンは突然「付き合いませんか」と告白する。ジョンソンの強気な態度にプライドが傷ついたヒョンスは彼の告白を断る。
 数日後、脚本公募に落ちたヒョンスはドラマに投資している実業家のジョンウ(キム・ジェウク)からアシスタントとしてスカウトされるが誘いを断る。気丈に振る舞いながらも内心落ち込むヒョンスをジョンソンは公園に連れ出す。ジョンソンの笑顔を見て次第に自分の心が揺れ動くのに気づくヒョンスだが……。

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話1人で焼酎を飲んでいた放送作家のヒョンスは、ドラマの撮影現場で自分の脚本どおりに撮ってくれない監督に大声でかみついて大暴れする。撮影が中断し、現場に緊張した空気が流れる中、突如ジョンソンが手を上げてやってくる。ヒョンスは目の前に近づいてくるジョンソンを見ると硬直してしまう。5年前、29歳の時に出会い思い続けてきた彼がそこにいた。5年前のこと、同じ脚本家志望でお金持ちのホンアはジョンソンの店からヒョンスに電話をかけている。ホンアは料理を運んできたジョンソンにヒョンスを紹介したがるが、ジョンソンは忙しさを理由に断る。お店の別のテーブルには事業家でVIP顧客のジョンウが食事をしていた。ドラマへの投資を考えているジョンウは待ち合わせに遅れてきた後輩の紹介でヒョンスに会うことになるのだが……。
第2話再びヒョンスに会ったジョンソンは、公募に落選してやけ酒を飲み酔っ払ったヒョンスを慰める。汝矣島公園にヒョンスを連れて行ったジョンソンは、そこで公募に受かった時のためにダンスの練習をしようと言いヒョンスを笑わせる。そしてヒョンスを家まで送るジョンソン。そんなジョンソンにヒョンスはお礼を言う。翌朝、早くから妹のヒョニに嫌味を言われながら朝食を用意するヒョンス。しかしゴミ捨て場でのヒョニの振る舞いにぶち切れて、ついに公衆の面前で髪をひきむしりながら大げんかをする。髪を振り乱し興奮するヒョンスにさりげなく挨拶して立ち去るジョンソン。一方、ジョンソンはお店のVIPであるジョンウから高価な贈り物をもらい戸惑う。すぐにジョンウを追いかけて返そうとするのだが……。
第3話ジョンソンに誘われ平日仕事を休んで筏橋に行ったヒョンス。途中、トラブルに見舞われながらも何とかソウルに帰ってきた2人。ヒョンスが家に入るのを見届けて帰っていくジョンソン。家の中では元カレの結婚の知らせを聞き、やけ酒を飲みながら泣いているヒョニをジュナが慰めている。翌日ジョンソンの家に訪ねたヒョンスは、部屋の中から出てきたヨンミに呼び止められる。2人は外でお茶を飲むが、ヨンミはヒョンスの年齢を聞くなり短い縁だったと言い残してさっさと帰ってしまう。あっけに取られるヒョンス。気分を害して帰ってきたヒョンスにジョンウから電話がかかってくる。しかしヒョンスはジョンウに腹を立てて電話を切ってしまう。一方、ジョンソンはスーシェフの嫌がらせに嫌気がさし、店を飛び出し、お店にやってきたヨンミはジョンソンを呼び出そうとする。
第4話アラン・パッサールから待望の連絡がきたことを知ったヒョンスは思わず泣いてしまう。電話でその様子を知ったジョンソンはヒョンスの家の前まで行く。2人で川辺に座るとジョンソンはヒョンスに待っていてほしいと話す。しかしヒョンスの答えはジョンソンの想像とは違っていた。ヨンミと2人で空港に向かうジョンソン。そしてジョンソンは最後にヒョンスに電話をかける。ジョンウと食事していたヒョンスはわざと電話を取らず、ジョンソンはそのままフランスへと旅立ってしまう。翌日からヒョンスはジョンウに指示されるままシナリオ作成の準備に取りかかる。ヒョンスの新しい職場を訪ねたホンアは、ヒョンスにジョンウを捕まえろと話す。仕事を終える頃、ジョンソンに電話をかけるとつながらず不思議に思ったヒョンスはジョンソンの家を訪ねるが、そこにはすでに別の人が住んでいた。
第5話公募の発表があったと聞いたホンアはすぐにヒョンスに電話をかけるが、ヒョンスから入選したことを聞かされる。ヒョンスを慰めるつもりで電話をかけたはずなのに、ヒョンスの入選にむしろショックを受けたホンアはすぐにウォンジュンを呼び出して気晴らししようとするものの、自分に言いなりのウォンジュンに八つ当たりしてしまう。ヒョンスは以前ホンアに誘われたレストランにホンアを呼び出して食事をする。そして偶然店に入ってきたジョンウとユCPはヒョンスと軽く言葉を交わして別のテーブルに向かう。ヒョンスがジョンウの事務所に所属し、さらにジョンウにプロポーズまでされたことを知るホンアは、すべてが順調なヒョンスに羨ましくてたまらないと話す。自分はシンデレラではないと受け流すヒョンスだが……。
第6話ヒョンスが書いたシナリオどおりに番組を作らないミン監督は、結局、ユCPから説得されてヒョンスと話し合う。ユCPから次の放送で視聴率が取れなければ2人ともクビだと宣言されたため、ミン監督はシナリオどおりに作ると吐き捨てるようにしてその場を去る。1人で自宅に向かうヒョンスはジョンソンに電話をかけてみるが、携帯を残して外出していたジョンソンは電話を取らずヒョンスはガッカリする。着信記録の電話番号だけでヒョンスからだと分かったジョンソンは、すぐに電話をかける。ヒョンスの頼みで翌朝一緒にジョギングする2人。走りながらヒョンスは自分の悩みをジョンソンに打ち明ける。ジョンソンはヒョンスの悩みに耳を傾けつつさっさと走っていってしまう。
第7話ジョンソンがマスコミに取り上げられると、母親のヨンミと父親のへギョンはそれぞれの都合で息子に会いにくる。父親に至ってはジョンソンの店で家族の食事会をしたいと言い出す。そんな状況を黙って受け止めるジョンソン。テレビ局でジョンウからヒョンスの状況を聞かされたジョンソンは、すぐにヒョンスに電話をかけて家に向かう。一方、公募に入選してジョンソンを待っているホンアは、急に来られなくなったというジョンソンに腹を立てて店を出てしまう。ヒョンスの家に到着したジョンソンは、落ち込んで泣いているヒョンスを抱きかかえてソファに下ろすと、冷蔵庫を開けて残りもので食事を作り出す。ジョンソンの手料理に感動して写真を撮るヒョンス。ところが何も知らないホンアはヒョンスの家に向かい……。
第8話担当していたドラマの脚本をゴーストライターが書いていることを知ったヒョンス。周りは名前を傷つけないためにも耐えろと説得するが考えた末にヒョンスはドラマの担当を降板するとCPに話しに行く。ヒョンスの気持ちを確かめたジョンウは分かったとだけ言いヒョンスを家に送る。一方、テレビ出演が功を奏してグッドスープは1週間先まで予約がいっぱいの状態。スタッフとビールで乾杯した後、ジョンソンはヒョンスからの電話に気づきかけ直すが、ジョンウと一緒にいたヒョンスは電話に出ない。ジョンソンはそのままヒョンスの家に向かう。玄関先でヒョンスと少し話すとすぐに帰ってしまう。ギョンと退室の準備をしていたヒョンスは、ギョンと一緒に麗水旅行に行く計画を立てるのだが……。
第9話ドンドン橋でヒョンスとジョンソンが肩を寄せ合って座っているのを見てしまったジョンウは、ショックを受けてその場を立ち去る。これまでヒョンスとジョンソンから聞いていた話がパズルのように合い、ようやく事態が飲み込めるようになる。一方、お互いの気持ちを確かめ合ったヒョンスとジョンソンはラブラブの日々を過ごす。ヒョンスが大好きな辛いスープと、クマの形のキャラメルを差し入れするジョンソンに、ギョンは感動して歓声を上げる。ヒョンスを呼び出したジョンウは、ヒョンスが以前書いた脚本をドラマ化したいと提案する。ヒョンスはジョンウの厚意をありがたく受け止めるが、自分が使っていた仕事場をホンアが使い、「反則刑事」の脚本家になったことを聞いて複雑な心境になる。
第10話ヒョンスにプロポーズすると決めたジョンウ。だがグッドスープから出てきた2人が手をつないで歩いて行く後ろ姿を見て複雑な気持ちになる。取材を口実にグッドスープに足しげく通うヒョンスは自転車で通うことに決める。だがあまりの下手さにギョンは怖くて乗れないと不満を漏らす。ヒョンスとギョンはグッドスープのスタッフを順番にインタビューしていく。ちょうどその時、ヒョンスを呼び出したジョンウは、ヒョンスのシナリオを読んだ韓流スターがヒョンスに会いたがっていると話しヒョンスを感動させる。ヒョンスに会った帰り、ジョンソンに会いに行ったジョンウは、恋人を紹介したいというジョンソンに、週末自分がプロポーズする時に恋人を同席させるようにと話す。

1 2 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ