「カネの花(原題)」のあらすじ

孤児院で育ったピルジュ(チャン・ヒョク)が刑期を終えて出所する。実はピルジュは御曹司のブチョン(チャン・スンジョ)の代わりに服役していたのだった。頭脳明晰なピルジュに信頼をおくブチョンの母マルラン(イ・ミスク)は財閥一家で生き残るため、ピルジュを側近として引き入れる。服役中に父を亡くしたピルジュはマルラン一家への復讐を胸に誓いながら財閥一家に入りその機会を伺う。そんな折、一族から見くびられているブチョンの立場を強固なものにしようと、大統領候補の娘であるモヒョン(パク・セヨン)との結婚話が進む。だがモヒョンは幼い頃ピルジュの命を救った人物だった。モヒョンへの想いと復讐の間でピルジュの心は揺れ始める。

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話国内屈指の大企業・チョンアグループの戦略企画室で、弁護士を務めるカン・ピルジュ。ピルジュは、背任容疑で逮捕されるが、チョンアグループ名誉会長のチャン・グクファンの孫であるチャン・ブチョンの犯した罪を、自ら被ってのことだった。肩書きとは裏腹に、問題処理や裏の仕事を任されるピルジュは、チャン名誉会長の「犬」だという悪評さえもある。そんなピルジュは密かに、大統領候補であるナ議員の娘ナ・モヒョンの調査を続けていた。
第2話ピルジュの計画どおり、ブチョンは、モヒョンに接近するために、助けた鳥の治療を見守る。従弟のチャン・ヨチョンに勝つため、モヒョンとの結婚に乗り気のブチョンだったが、軽率な発言が多く、ピルジュに殴られてしまう。一方、ピルジュの弟分であるヨングは、昔の写真を見て、ピルジュとモヒョンの間に何かあるのではないかと勘繰る。そんな中、チャン名誉会長は、ブチョンをミャンマーの木材工場へ送り、修業をさせると言いだす。
第3話ピルジュとブチョンは、偶然を装ってモヒョンと会い、お互いの名を入れ替えて挨拶する。モヒョンからブチョンの帽子を返してもらい、3人は食事に行くが、ブチョンから出る言葉は、ピルジュの受け売りばかり。そんな中、ヨングからの電話で、ピルジュは先に店を出る。ヨングは、チョンアのオ社長の依頼で、ピルジュの行動を見張っている男を捕まえていた。そして、帰宅したブチョンは、モヒョンとの間にあったことをピルジュに報告する。
第4話職員室で仕事をするモヒョンのもとへ、一通の封筒が投げ込まれる。中には、ピルジュとブチョンの正体を暴く資料が入っていた。モヒョンは、未だブチョンだと名乗るピルジュに、真実を知ったことを伝え、突き放す。一方、ブチョンは、ヨチョンの専務昇進で衝撃を受けた上に、モヒョンが自分の正体を知ったと聞かされ、動揺する。そんな中、ピルジュは、一人でモヒョンに会いに行く。しかし、その場面を憤る目で見つめるブチョンがいた。
第5話ブチョンの元恋人であるユン・ソウォンは、妊娠で体調を崩し、モヒョンの目の前で倒れる。モヒョンとともに、ソウォンを病院へ送り届けたブチョンは、複雑な思いを抱え、モヒョンの母と会う。そんなブチョンにモヒョンの母は、一生娘だけを愛することができるかと問う。一方、ピルジュはソウォンに、ブチョンの前から消えなければ、おなかの子を産めなくすると告げ、大金を渡す。そんな中、ブチョンとモヒョンの交際に関する記事が出る。
第6話借名取引でチョンアの株を買い集めていたピルジュは、チャン名誉会長の逆鱗に触れ、解雇を余儀なくされる。一方、ピルジュを告発したヨチョンは、逆襲を恐れ、使い込んだ裏金をごまかそうと画策する。チョンアを去ったピルジュは、鳥の写真を撮りに行き、その先でモヒョンと会う。ピルジュに蜂蜜湯を渡したモヒョンは、子どもの頃に出会った男の子との思い出を話す。そんな中、モヒョンに、ブチョンからの電話がかかってくる。
第7話ブチョンの母であるチョン・マルランは、DNA鑑定の結果、行方を捜しているチャン・ウンチョンとピルジュを別の人物だと思い込む。そして、ピルジュはマルランから、ウンチョン、つまり自分自身の捜索を依頼される。一方、ピルジュと密会したナ議員の前に、チョンアのチャン・ソンマン会長が現れ、ブチョンとモヒョンを破談にしようと持ちかける。そんな中、モヒョンは、待ち伏せしていたソウォンに会い、親身になって身の上話を聞く。
第8話自分とブチョンのDNA鑑定の結果を見たピルジュは、血縁の新たな事実を知る。そんな中、マルランはピルジュを呼び出し、モヒョンへの思いを断ち切るように説く。一方、チャン名誉会長に認められつつあるブチョンは、新事業を提案するが、ヨチョンから邪魔をされてしまう。その頃ソンマンは、マルランとピルジュが行ったDNA鑑定結果を入手。ブチョンの血筋を疑い始めたソンマンは、従兄弟同士であるブチョンとヨチョンの鑑定を指示する。
第9話時は5年が過ぎ、アメリカから帰国するブチョンとモヒョンを迎えに行ったピルジュは、空港でソウォンを見かけ後を追うが、見失ってしまう。帰国早々、チャン名誉会長やマルランは、未だ子供を授かれないモヒョンに、後継ぎを産むように急かす。そんな中ブチョンは、ソウォンからの電話を受け、ソウォンが産んだ息子ユン・ハジョンに会いに行く。一方モヒョンは、外出中に気分が悪くなり、偶然通りかかったピルジュに助けられる。
第10話モヒョンの病室で、鉢合わせしたブチョンとソウォン。ハジョンを見て状況を察したマルランは、ソウォンを呼び出して婚外子に容赦はしないと警告する。しかしブチョンは、ハジョンにチャン姓を与えようと、ピルジュに助けを求める。一方ピルジュは、マルランに仕えるオ運転手を見張り、亡くなった弟のギョンチョンが埋められている場所を知る。その場所が掘り起こされているのを見たオ運転手は、マルランにウンチョンが現れたと報告する。

1 2 3 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ