「超人ファミリー」のあらすじ

酒造会社の万年課長チョンイル(パク・ヒョックォン)は会社でも家庭でも相手にされない日々。新しいプロジェクトの遂行で昇進を確信していたが、同期に昇進を持っていかれる。悔しさのあまり、有給休暇まで使って会社を休むが、家計簿の赤字にイラ立っている妻のラヨン(パク・ソニョン)を見てまた憂鬱になる。その頃チョンイルの中2の娘イキ(キム・ジミン)は片思いの相手が親友に気があることを知り落ち込む。腹の虫が悪い妻と娘に対しオヤジギャグで慰めようとするチョンイルは逆に怒りを買ってしまう。

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話ドレミ酒造に勤める、貧乏な万年課長のナ・チョンイル(パク・ヒョックォン)。またしても昇進を見送られ、勤務14年目にして初めて会社を休み、悔しい気持ちを吐露するが、妻のラヨンはまともに取り合わない。チョンイルは、会社を休んだことで、同僚たちが自分のありがたみを痛感するだろうと期待するが、欠勤したことも気づかれないほど存在感がなかったと知り、さらに落ち込む。妻のメン・ラヨン(パク・ソニョン)は、母親からアクセサリーを譲り受けるが、他の姉妹たちと違って、自分だけがイミテーションだったことに傷つく。娘のナ・イキ(キム・ジミン)は生意気盛りの中学生。どんなに頑張っても成績やルックスが並で中間程度だということに悩むのだが…。
第2話妻のラヨンは、華やかな生活を自慢する知人たちのSNSを見て落ち込む。近場でもいいからと家族旅行を提案するが、新製品発売で仕事が忙しいチョンイルは、急場しのぎにラヨンの料理を褒め、料理を自慢することを勧める。ところがラヨンは大の味覚音痴!真に受けたラヨンは料理作りと写真のアップに夢中になるが、料理を教える実家の母親も、食べるチョンイルや娘のジミンは大変な目に…。一方、ジミンは片思いの相手コン・ユンと、親友のペ・ミンソが急接近したことに気が気でない。そんな時、ミンソとユンの無料通信アプリのステイタスメッセージを見てショックを受けるのだが…。
第3話思春期の娘ジミンは、重症の中2病。会話は、世代間の断絶を呼ぶと言われる新造語を乱発。チョンイルは、一人娘とのコミュニケーションを図ろうと、おやじギャグで歓心を買おうとするが、娘の冷たい反応に意気消沈する。ところが、妻のラヨンはジミンの発する造語を理解し、会話が弾むではないか!焦ったチョンイルは造語の習得に乗り出し、夫にライバル心を持ったラヨンも受験勉強さながらの造語の暗記に取りかかるのだが…。
第4話娘のジミンは、クラスメートのコン・ユンに片思い中。ある日、親友のミンソ、そしてユンと3人で塾をサボってカラオケに行こうとしたところ、母親のラヨンに声を掛けられ、驚いて逃げ去る。チョンイルとジミンのお古を着ていたラヨンは、ジミンが、自分のみすぼらしさを恥じて逃げ出したのだと誤解し傷つく。ジミンは、バンドをやってるコン・ユンに歌を褒められ、一緒にバンドをやらないかと誘われる。そして成り行きから、また塾をサボってカラオケに行くことになるが、ユンと2人でいたところ、チョンイルに声を掛けられ逃げ出す。傷ついたチョンイルは、親のありがたみを分からせようと、ラヨンにある計略を持ちかけるのだが…。
第5話ラヨンの誕生日の朝。チョンイルはワカメづくしのテーブルに驚くが、娘のイキにラヨンの誕生日だと耳打ちされて、やっと気づく。そして不機嫌なラヨンに、あっと驚くような誕生プレゼントを用意してると出任せを言ってしまう。期待で胸を膨らますラヨンに、困り果てるチョンイル。イキや会社の仲間たちにあっと驚くプレゼントの案をもらおうとするが、無責任な回答や珍回答ばかり。そんな時、チョンイルの携帯に弟から電話が入るのだが…。
第6話会社で年に1度のハラスメント教育が行われる日、新入社員のグィナムは戸惑い気味。だが、講習が始まってみると、講師はいい加減で形式的。憤慨したアン代理の提案で、別の講師を招き、もう一度ハラスメント講習が始まる。一とおり説明が終わって、セクハラ行為を告白する時間が設けられるが、告白の先頭バッターにチョンイルが選ばれる。講師は、何気なく行ってきたチョンイルの行動や発言に対して、セクハラだと非難するのだが…。
第7話新学年度が近づき、テレビでは、親泣かせの高価な賞品の売り上げが増加していると放送される。ナ家の娘イキも高価なロードバイクを欲しがり、チョンイルは苦悩する。会社で、ロードバイクがいかにお金のかかる賞品かを聞いたチョンイルは、娘のために、とんでもない買い物をしてしまうのだが…。
第8話イキが英語塾をやめたいと言いだし、母親のラヨンと衝突が絶えない。そのたびに、どちらの味方に付くかで悩まされるチョンイル。そんな折、勤務先のドレミ酒造で、専務主催のボウリング大会と、副社長主催の釣り大会が行われることになり、社員たちはどちらに参加するかで頭が痛い。専務と副社長はドレミ酒造の二大権力。権力に関心のないチョンイルだが、部下のパク代理の助言に、あれこれ思い悩む。
第9話お隣の息子ボラムが法科大学院を目指してると知ったラヨン。娘のイキに将来の夢を聞くが、夢がない上に、塾すらサボる始末。あきれたラヨンは、イキに夢を持つよう説くが、はたと自分の夢を忘れてることに気づく。そんなある日、ラヨンはひょんなことから、高校時代の同級生で、今は女優になったミン・ジヨンと再会する。そして彼女と話すうちに、少女の頃の夢を思い出すのだったが…。
第10話イキのデート場面を目撃し、ショックを受けるチョンイル。テレビのニュースは、アンケートの結果、中学生の6割以上が男女交際の経験があると報じる。打ちひしがれたチョンイルがチェ部長に助言を求めると、孫子の兵法にある“彼を知り己を知れば、百戦あやうからず”という文句を教えられる。チョンイルは、イキのボーイフレンドであるコン・ユンを家に招待し、あの手この手で2人を邪魔しようとするのだが…。

1 2 3 4 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ