「Mother(原題)」のあらすじ

幼い頃に受けた心の傷を抱え、周囲に心を閉ざして生きてきたスジン(イ・ボヨ ン)。勤めていた鳥類研究所が閉鎖され、小学校の非常勤教師として働くことに。 そこで母親(コ・ソンヒ)とその恋人から虐待を受けている8歳の少女ヘナ(ホ・ユ ル)と出会う。ヘナが虐待を受けていることを知ったスジンはこれまで感じたこと のない母性が自分の中に生まれていることに気づく。そしてスジンはへナを守る ため、偽の母娘となって2人で逃亡することを決心する。

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話江原道のとある大学の鳥類学研究室で渡り鳥の研究をしていたカン・スジンは、研究室の閉鎖に伴いアイスランドの鳥類学研究所に移る予定だった。出発までの数週間、近くの小学校で教師をすることになり、そこでキム・ヘナという女子児童に出会う。キム・ヘナは母子家庭育ちで、体に殴られたようなアザがあった。ある晩、ヘナが夜遅く1人で街を歩き回っているのを見かけたスジンは、母親と連絡が取れるまで自分の家で預かることにした。そしてヘナを家に送っていったスジンは、家の前でヘナの母親が同居している男を見かけゾッとする。自分の昔の体験と重なったのだ。ある晩、ヘナの忘れ物を届けに家を訪ねると…。
第2話母親から捨てられたヘナを見て、ヘナを助ける方法は母親と引き離すしかないとスジンは考えた。そしてヘナが海で溺れて死んだと見せかけて、2人でアイスランドへ行くという計画を立てる。ヘナ失踪事件の担当刑事のチャングンは、ヘナの母親ジャヨンと同居男のソラクがヘナを虐待していたという情報から、これが単なる失踪事件ではないことに気付き、必ずヘナを捜すと決心していた。同じころスジンの育ての親、女優のヨンシンもスジンを捜していた。彼女はがんが再発し10年も連絡を取っていなかったスジンに会いたいと願っていたのだ。雪の中、世間の目から身を隠すようにしてヘナと移動するスジンは、高速バスで不思議な女性と出会い、その晩、宿を提供してもらうが…。

1

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ