「ブラック~恋する死神~」のあらすじ

死期が近い人の“死の影”を見ることができるハラム(Ara)はある日刑事のムガン(ソン・スンホン)と出会う。偶然ハラムの能力を知ったムガンは力を合わせて人の死を防ごうとするが、人質事件に巻き込まれ撃たれてしまう。だが、死んだと思われたムガンの体に死神のブラック(ソン・スンホン/2役)が乗り移ったことから2人の運命が動き出す。

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話 死が見える目ハン・ムガンは、死体を見るのも間々ならず、現場で足を引っ張ってばかりいる若手刑事。ある時、ムガンはバーガーショップでサングラスをかけた店員カン・ハラムに出会う。ムガンは、ハラムが客として来ていた元恋人を強引に引き止める姿を不可解に見ていると、元恋人は店の前で交通事故に遭い死亡する。その後もテロリストに疑われ警察に連行されたハラム。人の死が見えると訴えても誰も信じない中、ムガンだけはその言葉が気になっていた。
第2話 よみがえる男銃弾に倒れ、死亡宣告を受けたムガンが生き返った。一方で、自分の能力によってムガンの運命を変えてしまったことに心を痛めるハラム。さらには、初恋相手であるジュン兄ちゃんがムガンだと知り、喜びと申し訳なさに複雑な思いを抱くも、ムガンは過去の記憶を一切無くしていた。さえない刑事の影はなく、横柄な態度で周囲の者に悪態をつき、先輩刑事にも無礼な態度をとるムガン。さらには瞬間移動ができる、特殊能力まで備わっていた。
第3話 死神ムガンの体にはエリート死神No.444が宿っていた。死を迎えた人間の体に入り込み人間界に潜伏する死神スドンを捜すため、No.444はムガンの体に入ったのだった。明らかに別人の言動に周囲は戸惑うも、鋭い観察眼で殺人事件を読み解いていくムガン。そんな中、スドンを捜すためスドンの妹が通う高校で張り込んでいたムガンはハラムと鉢合わせる。すると、のぞき込む教室の中に背後ではなく、体内から死の影を漂わす学生がいた。
第4話 計画的犯行ハラムの死の影が見える能力を利用して、ムガンはスドンを捕まえることを目論む。生前のムガン同様に、死神No.444もハラムの能力で人命を救おうと前向きに伝えてみるが、ムガンを危険な目に遭わせたことや、態度を二転三転させるムガンに、ハラムは混乱していた。その頃、人質事件でムガンを誤射した隊員が自殺を図る。入院先の病院で面会したムガンは、隊員から誤射ではなく、計画的な犯行が実行されていたことを聞かされる。
第5話 救いたい命立ち寄った商店で無銭飲食をしていた少年ゴニョンに死の影を見たハラム。少年を助けようとムガンに協力を求めるが、少年の影がスドンではないと分かるとムガンは非協力的だった。それでもハラムはゴニョンを救いたい思いから、1人で少年宅の付近で張り込みをしていると、そこに小学校の担任がゴニョンを迎えにやってくる。一見、心優しい熱血漢の教師に思えたハラムだったが、過去にこの担任には児童性的虐待などの逮捕歴があった。
第6話 残像死神No.444は、夢の中でムガンの過去を見るようになる。死神No.007から、ムガンの脳に残っている記憶だと聞かされ、さらには死神の能力が弱まっている可能性を指摘される。そんなムガンは、スドンの妹の会話から、レオからのいじめによってスドンが自殺したことを知る。そこでスドンの人間界への潜伏がレオへの復讐と気付いたムガンは、ハラムと共にレオの周辺を張り込むことに。レオの大ファンのハラムは心を弾ませる。
第7話 無念の死ハラムはロイヤルグループ会長の末息子マンスに、病床に伏す父に死の影があるかと尋ねられる。確かに影を感じ取るハラムだったが、病死ではなく何者かに殺される様子を透視する。ハラムとマンスは、加害者が身につけていた腕時計を手がかりに、殺人を未然に防ごうと動き出す。偶然にも同じ加害者に殺される男とすれ違っていたハラム。ムガンにも協力を得て調査を進めると、20年前に起きた商業施設の崩壊事故との関連性が浮かび上がる。
第8話 暴行疑惑20年前に死亡していたはずの崩壊事故の責任者ウ・ビョンシクの生存が判明し、韓国中が騒然とするも、真の黒幕によって殺害される。復讐を目論んだ遺族の無念の死に直面したムガンは、死神にない人間の感情に揺さぶられる。一方、ハラムは警察で見かけた母と娘に死の影を見る。そして顔中あざだらけの母から、マンスに暴行を受けたと告げられる。ハラムは怒り心頭でマンスに詰め寄ると、当時泥酔していたマンスには身に覚えがなかった。
第9話 カプセルの行方マンスは周囲の証言から、暴行事件の犯人であると認めざるを得ない状況に追い込まれる。しかし、マンスの首元の傷が、被害者のティファニーが犯人の首元に残した爪痕とは反対側だと分かり、再びマンスはハラムと共に真犯人を捜し始める。そして、ハラムはティファニーとの会話から、マンスの甥であるオ・サンミンに疑念を抱く。一方、ムガンは自宅に保管していたはずの、ハラムの死を予見する死神のカプセルを紛失してしまう。
第9話 カプセルの行方マンスは周囲の証言から、暴行事件の犯人であると認めざるを得ない状況に追い込まれる。しかし、マンスの首元の傷が、被害者のティファニーが犯人の首元に残した爪痕とは反対側だと分かり、再びマンスはハラムと共に真犯人を捜し始める。そして、ハラムはティファニーとの会話から、マンスの甥であるオ・サンミンに疑念を抱く。一方、ムガンは自宅に保管していたはずの、ハラムの死を予見する死神のカプセルを紛失してしまう。

1 2 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

KNTVカスタマー 03-6809-5301

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ